チャイルドカット考

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 わたしの修行時代には、小学生以下の子供の顔を剃るときは「ひたいを丸く剃れ」と教わった。子供はひたいに産毛がいっぱい生えているものだが、そこに半円形の「剃り込み」を入れるわけだ。それが中学生に上がった途端、「中学やから、ひたいを角に剃れ」といきなり四角い剃り込みに変わるのである(^^;

 さらに女性のひたいを剃るときは”富士額”と決まっていて、富士山の形に剃ることになっている。うーん、これってどうなんだろう?とずっと思っていて、JimmyJazzではお客様の側から要望がない限りは、小学生、中学生のひたいにバッチリ剃りを入れることはしていない。剃るには剃るがあくまで自然に見える範囲に留めている。

 近頃海外のバーバーなんかで、大人と同じヘアスタイルに刈ってポマードで撫でつけ、ひたいをカッキーン!と角に剃り込んだ子供の画像を得意げに紹介している。ひたいを丸〜く剃るのも抵抗あるが、あれもちょっとどうかと思うのだ。大人のミニチュアみたいでかわいいと思うのだろうか?子供には子供らしい髪型のほうがいいのではないか。
 第一、あんな風に自分でセットできないじゃないか。子供が成長し、自分で髪型をいじるようになってから(色気づいてから)そういうカットの仕方をすればいいのだ。子供は汗をかいて走り回るし、ナチュラルに動いて前髪が目に入ったり邪魔にならないスタイルのほうが、品があってよろしいのでは?というのがJimmyJazzの見解だ。

 どちらに座るか

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

JimmyJazzの店内へ入って、「しばらくお待ち下さい」と言われたとする。その場合、選択肢はカウンターのスツールに腰掛けるか、エンジンを改造したローテーブルの前の椅子に座るかの二つである。最初にどちらに座るかで、どういう性格かがわかる。カウンターに行くのはちょっと気取り屋タイプ。いやいや何も悪いことではない。大いに気取ってもらうために用意したカウンターなのだから。ローテーブルのほうに座るのは恥ずかしがり屋で、いきなりカウンターに行くのは遠慮してしまう、気遣いのできるナイスガイである。Masterはどっちかというと、カウンターに行きたいけど遠慮してローテーブルに行ってしまうタイプかなあw

 ヴァン・ゲルダーのこと

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

2016年8月25日、名録音技師のルディ・ヴァン・ゲルダーが亡くなった。ジャズ録音の大家で、ブルーノート、プレスティッジ、インパルス、ヴァーヴ、CTIなど、名門レーベルに数々の名録音を残した。暗闇にスポットライトを当てたように彫りの深い陰影が特徴的な録音手法は、"ヴァンゲルダー・サウンド"と呼ばれジャズファンに親しまれた。

ステレオ録音を始めたばかりの頃のヴァンゲルダースタジオには、モニタースピーカーが1本きりしか無く、メイン楽器が左チャンネル、ドラムが右チャンネルといった定位の振り分けは、おそらく勘でやってたのではないかと故・中山康樹氏に聞いた。少なくとも、実際にスタジオ内で演奏した配置を正確に再現しようとしてチャンネルを割り振ったのではなさそうである。

また、事前に奏者から譜面なりスケッチなりを入手しておいて、ソロのタイミングに合わせてフェーダーを上げたり下げたり、積極的に演奏の内容にあわせていたことが窺える。晩年まで録音を続けており、元気だなあ頑張るなあと思っていたが、ついにレジェンドが逝った。わたしもヴァンゲルダーの音がなければ、オーディオマニアになってなかっただろう。

 マイ電源

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 Yahoo!ニュースで紹介された出水電器の「マイ電柱」は、一般の人にも衝撃的だったようで、JimmyJazzは電柱立てないんですかとお客様に言われたほど(^^;
 またこのまま電源コンセントの話に突入しようかと思ったけど、もう100回くらい書いてるような気もするし、もっと知りたい人は”初心者のためのオーディオ・セッティング術(その1「置く」)””初心者のためのオーディオ・セッティング術(その2「繋ぐ」)”を見てください。

 まあ、わたしは「マイ電柱」までやる気はないけど、電源にもそれなりに気を使っているということ。わざわざスマホ充電専用コンセントまで用意して、ノイズの混入を防いでいるのだ。わかるか?この気持ち。(わかるかっちゅーの!)

 二又かけておいて許されると思うなッ!

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 オーディオマニアに対する一般的な世間の認識は、「違いのわかる男のネスカフェゴールドブレンド」ではなく、「大して変わりもしない音に大金をかけて、あーでもないこーでもないと細かいこと言うのが好きな人たち」といったところだろう。当たってる!(^^;
 Masterだって、もったいぶって「音が悪い!」とか言ってるだけで、本当はほとんど変わらないんでしょ?当たってる!!( ̄▽ ̄;

 でも、そのほんのちょっとが大事なのだ。仕事は「こんなもんでええやろ」と思ったらおしまいである。当店で培ってきた音を悪くしないためのノウハウは、「なんで昨日はいい音だったのに今日はダメなんだろう」といった素朴な疑問から出発している。何百万もするスピーカー買うだけがオーディオではない。一見オーディオと何も関係のないようなことが、知らないうちに音を悪くしているのだ。最初に気づいたのが電源の採り方だった。

 オーディオの世界では常識なのだが、最近はオーディオのことを全く知らない人も見に来てるようだから改めて説明すると、オーディオ機器つまりアンプとかCDプレーヤーとかレコードプレーヤーとかの電源プラグをタコ足配線にしてはいけない。
 パソコンやルーター、モデム、プリンター、留守番電話なども、オーディオ機器と混ぜて電源を採るのはできるだけ避けて、別のコンセントに差し込むようにする。
 肝心のオーディオ機器は、なるべく壁コンセントに直接差し込むようにして、どうしても足りないならテーブルタップを繋いで分配する。絶対に使ってはいけないのが二又、三又のプラグで、著しく音質が劣化する。もし使っていたら即撤去して壁コン直接に変えるだけで、信じられないほど音がクリアーになるはずだ。お試しあれ。

 音の掟

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 ありゃ、またちょっと音が悪くなってるな?お盆が済んだので提灯を外して、「BARBER」のタイポグラフィーを窓辺に置いたのだが、これがいけなかったのかなぁ?タイポグラフィーを移動したり、いまさら提灯をまたつけるのも面倒だから、チェーンライトごと取り外してみたり、原因究明に一汗かいた(^^;
 結局提灯でもタイポライターでもなく、シャンプーボトルの横に置いた飼育中の苔テラリウムが原因だったようだ。「シャンプーは7本以上並べるべからず」の掟に引っかかったようだ。ジャズの聴ける理容室を標榜していると、音の管理のためにこんなことまでしないといけないのである。あーめんどくさっ!

 ストレンジャー・イン・パラダイス

朝日放送の人気バラエティ番組「探偵ナイトスクープ」の名物コンテンツのひとつに"パラダイス"がある。個性的で大掛かりなアトラクションのある個人経営のテーマパークやらお店やらを訪問し、そのダメさ加減、漂うペーソスを笑うのだが、その商売が大繁盛していれば、商法やビジネスモデルとしてちゃんとしたものであるからパラダイスになりえない。お客がほとんど来ないで、ニーズが無いにもかかわらずやってる姿がパラダイスなのである。
テレビを観ながら笑いつつも、他人事ではない、JimmyJazzもパラダイスになりうる要素をかなり持っていて、明日にでも桂小枝が取材に来たっておかしくない(小枝探偵は引退したが)。パラダイスかそうでないかを分けるものは、人々の役に立っているかどうかで、いくら自分がすごいこと、すばらしいことをやってると言い張ってみても、お客が集まらないんじゃ始まらない。断じてパラダイスにしてはなるまいと思うなら、いい仕事を研究し、歯を食いしばって持ちこたえなくてはいけない。床屋も、ジャズ喫茶も。

 なぜ?どうして?と驚きたい

 百合喫茶のマスターが、「あの店行ったら気に入るぞ」といくつかジャズの店を紹介してくれたのだが、その理由が「高級な機械使ってる」ということ。きっとわたしもそういうのでジャズを聴きたいと思ってると、そんな風に勘違いされたのだろう。そう言われてみて気づいたが、わたしはあまりそういう珍しいスピーカーとか高級な装置を聴きたいと思わない性質で、どちらかといえば、「こんなしょうもない機械で、どうしてこんなに良い音が鳴るんだろう!?」と驚きたいのである(^^;

 これまでの経験からしても、オーディオ雑誌に出てくるような高級機材を持ってる人は、やや雑誌の記事に傾倒しすぎることが多く、だいたい教科書通りの音が出ている。それを突き抜けて、評論家や個性派オーディオショップもなんのその、頑固に自分のポリシーを貫いてる人の装置の音はやはり素晴らしい。おそらく音決めの基準を、外部でなく自分の感性に求めてるからそうなるのだろう。やっぱりこうでなくては!

 トゥーツ・シールマンス逝去

 2016年8月22日トゥーツ・シールマンスが亡くなった。94歳だったそうだ。ジャズハーモニカの名人としては知らぬ人がないほどだったが、実はハーモニカだけでなく、口笛、ギター、唄まで唄える。十八番の「ブルース・エット」では、ギターと口笛(すごい高音!)のユニゾンで観客を沸かせた。キャリアは相当長く、ジョージ・シアリング・クインテットのギターとしても活躍した。この頃リッケンバッカーを愛用しており、ギターを肩から提げたままハーモニカを吹くというスタイルに憧れたジョン・レノンが、ビートルズの「ラヴ・ミー・ドゥ」でシールマンスをまんま真似たのだとか。
 クインシー・ジョーンズがシールマンスを大々的にフューチュアした、『アイ・ネヴァー・トールド・ユー』の「ホワッツ・ゴーイング・オン」は抜群にカッコよかったな。ご冥福をお祈りします。

 知る人ぞ知るジャズ喫茶YURI

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

どこかいいジャズの店を知りませんかと訊かれて、咄嗟に"百合喫茶"のことが頭に浮かんだ。地元西淀川区の佃3丁目にある"百合喫茶"のマスターはわたしと同年代で、25年くらい前によく行ったものだった。その後ぱったり行き来が途絶え、ネットにも一切情報が出ないのですっかり忘れてしまっていたのが、つい先日、"百合喫茶"でジャズの聴ける理容室が近所にあると聞いて散髪にいらした方があった。今でもこだわりを持ってジャズをかけているという噂を聞き、懐かしくなって今日訪ねてみた。「お、ジミージャズ⁉︎」すっかり白髪が増えたマスターだったが、相変わらずの頑固一徹ぶりで、このスタイルで四半世紀ずっと営業を続けていたのだ。まるで宣伝もせず、ネットもスマホも無縁で、せっせとディスクユニオンに通ってレコードを漁っていたらしい。わたしが知らないレコードを出して、これいいぞ、これもいいぞと話が止まらない。キリがないのでまた来るよと辞してきた。知る人ぞ知るジャズ喫茶YURI、こんな店がJimmyJazzのすぐ近所にあるんです(^^;

 設定室温25℃

「Masterはいいよなぁ、こんなクーラー効いたところで、好きなジャズ聴きながら仕事できるなんて」とは、暑くなるとよく言われるセリフ。しかし、クーラーを効かせると店内の空気が乾燥してきてカミソリやハサミなど刃物の切れ味が落ちてくるから、(ブチ切れるほどではないが)必ずしもわたしの機嫌は良くない。これが25℃設定で、もう1℃下げて24℃にすると、オーディオの音が悪くなるからわたしも機嫌もちょいワルになる(^^;

 職人という人種は、いい仕事ができたら機嫌が良くて、出来が悪いと不機嫌になるという単純な精神構造。儲けが多いか少ないかも大事だが、いい仕事ができるだけで割とハッピーな人生を送れるものなのだ。そのためにも、ハサミとカミソリが切れるかどうか、いい音でジャズが鳴るかどうかも重要なのだ。せめてもう少し涼しくならないものか…。

 気になるアイツ

自分のことは置いといて、他人のことはやけに気になる。もっとこうすればいいのにとか、アイツはあそこがなってないとか。もっとも、端から話にならないような出来の悪いのは気にならないくせに、いいセン行ってるようなのに限って気になって、訊かれもしないのにこうしたらどうだとか、ああしたほうがいいんじゃないかとか、余計なお世話がしたくてたまらない。そんなに熱心に言うくらいなら、自分自信をより良く磨き、高める方向にエネルギーを使えばいいのだ。それで成果をじゃんじゃんあげていれば、なんにも言わなくたって向こうから聞きに来る。と、わかっていてもやけに気になる。いいセン行ってるのにもったいないなあ、ここを直せばもっと良くなるのにって。余計なお世話なんじゃ!(^^;

 読者は誰だ

 JimmyJazzのブログは、一体誰が見ているのだろう?アクセス解析してみたら、検索でジャズファンが見に来ると、一通り見たら気が済んでもう来なくなる。友達に教えることもしないし、そもそも教える友達がいない。ジャズファンってそういう人種なのである(^^;
 じゃあオーディオマニアか?といっても、アンプやらスピーカーやらを次々に買い換えるようなこともしないし、出しているシャンプーの本数で音質が良くなったり悪くなったりするといった、およそマニアが喜びそうにないことばかり書いてあるので一般的なオーディオファンは寄り付かない。寄り付くのはインフラノイズのキャンペーンやってる時だけだ。

 本当は読者として、当店の顧客を念頭に置いて、顧客サービスの一環としてやってるつもりなのだが、実際には顧客はほとんどブログを読まず、予約ページに直行しているのが現状なのである。
 んっ?ひょっとして同業者が読んでいるのかな?と思い、今年から所々にブラフを仕掛けておいたら、先日は思わぬ人が釣れてびっくりした。
 本当は同業者にこっそり見られるのは恥ずかしくて嫌なのだが、この先いつまでこの仕事が続けられるかわからないし、もういいや!と割り切って、情報公開に踏み切った。ごく一部を除き、手の内をほとんど全部公開している。我ながらフルモンティーな心持ちでなのである( ̄▽ ̄;

 テラワロス

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 連休中、ヴィレッジ・ヴァンガードに行ってみたら、テラリウムが流行っているらしかったので、当店でもやってみようかなと思い、いつもわたしがご飯のお供にしてる味付け海苔の空容器に砂とそこらへんに生えてる雑草をぶち込んでテラリウムもどきを作成してみた(^^;
 まだ根も生えてないから不自然な感じは拭えない、というか、どう見ても海苔の容器&雑草である。もうちょっと研究してカッコいいやつを作るので待ってておくれ〜( ̄▽ ̄;

 長い道のり

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した動画 -

連休三日目、三日もジャズを聴かないと禁断症状が‼︎というわけでもないが、久しぶりにジャズ喫茶に行ってみたくなった。インスタグラムで探してたら、今年2月に南森町にオープンした「Long Walk」というアナログ盤オンリーのカフェを発見。にわか雨に遭いながら、ママチャリを漕いでちょっくら行ってみた。小洒落たカフェの内装に、意外にも音量大きめでジャズがかかっている。当店より大きいかも。ハンサムなマスターに話を訊くと、ジャズ好きビジネスマンよりもカフェ好き女子のお客が多いという。もちろん店内は禁煙。テクニクスのプレーヤー、ダイヤトーンのアンプとスピーカー。これしかないのでどんなに忙しくてもレコードをかけかえる。エライなー。店が繁盛してもこの姿勢を貫いてほしいものだ。

 連休二日目はみんなで映画

連休二日目は、みんなで映画でも観に行くか!と、評判の「シン・ゴジラ」を提案したが、娘らの猛反対にあい却下。「ファインディング・ドリー」がいいだの「ペット」にしようだのと揉めるので、間を採って「ジャングル・ブック」を観ることに。劇中、巨大なオランウータンがミュージカルふうに歌い出す場面が出てくるが、ジャングルなのになぜかジャズ調なのだ。映画の後はフードコートで食事してショッピング。帰宅して今からしゃぶしゃぶ食べ放題に行く予定。連休すると太るなぁ〜w

 墓参りと不良アピール

連休1日目は、朝からJimmyJazz近くの墓地へ墓参りしたあと、箕面の明治の森霊園へ家内の父の墓の参拝。帰りに同行した娘の買い物に付き合っていたら、つられて短パンと腕時計を衝動買いしてしまった。こういうちょっとだけユルい感じも休暇らしくていいじゃないか。

ところで、読者の皆さんは野球帽のツバに金色の丸いステッカーを貼ったまま被っている人を見かけたことがあるだろうか?あれは商品管理用のステッカーで、ふつうは購入したら剥がして被るものなのだが、あえて剥がさないままにするのが流行っている。LAやNYあたりの不良が、「店からかっぱらってきたんだぜ」とアピールするためステッカーを剥がさないのが流行ったそうな。ズボンをずり下げてパンツ覗かせる「腰パン」も、元は囚人が凶器になりうるベルトを没収されていたため、「オレはムショ帰りだぜ」というアピールなんだそうだ。そういえば昔の大阪のヤンキーのにいちゃんは、女物のサンダルを履いて「カノジョが居る」のをアピールしてたなー(^^;

 明日8/15〜17まで3連休

明日8/15〜17まで3連休いただきます。よろしくお願いします。と、営業案内を出すのは店舗ホームページのもっとも基本的な役割。いつが休みで、何時から何時までが営業時間で、電話番号を紛失したときにも、番号をホームページに載せておく。ネットで予約できたらもっといい。これらは主に当店の顧客に向けてのサービスだが、新規客との距離を縮めるためにブログがある。スタッフのプロフィールとして、好きな映画、好きな食べ物を書くかわりに、そういった情報をグーンと引き伸ばしたものを読んでいただいて、親しみを感じていただこうという作戦だ。ビバップの「ブルーン・ブギー」を引き伸ばしてハードバップが生まれた、みたいな(^^;

 Masterの仕事してる姿を初公開

 いつもMasterはオーディオいじってるかパソコンしてるかで、全然仕事してないんじゃないかと思われるかもしれない。毎日ダラダラとブログ更新してるし、よっぽどヒマなんだろうと。考えてみたら、新聞や雑誌の取材のとき以外でわたしが散髪の仕事をしている姿を見せたことがない。YouTubeで動画も公開してるが、音を聞き比べるオーディオの動画ばかりだし(^^;

 わたしが写真を撮ってるのだから自分が写らないのは当然といえば当然だ。よーし、それでは働くMasterの勇姿をお目にかけようではないか!セルフタイマーを駆使しての隠し撮り!!(おいこら)JimmyJazzならではのこのアングル。どうだい?忙しそうにしてるだろう、って、こんなことやってること自体ヒマといえばヒマなんだがw

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 ホームページも老舗の貫禄?

2000年からホームページを始めたから丸16年になる。パソコンに入っていたホームページ作成ソフトをごちゃごちゃいじってたら、なんとなくホームページらしきものができた。それをプロバイダーの無料スペースわずか3MBにアップロードしてみたのが始まりだ。毎日カウンターが20ほど回るが、そのうち15くらいは自分の訪問回数だった。ホームページでリアル店舗に客を集めようなんて、まったく考えもしなかった。それでも毎日更新してたら見に来る人が増えてきた。そのなかでも勇気あるひとりがとうとうJimmyJazzに散髪にいらした。Aquiraxさんである。まだ当時はネットはネット、あくまでヴァーチャル空間のやりとりで、リアルで会ってるなんて気持ち悪いと言われたものだった。その後、ホームページを読んで面白いと思った人がパラパラ来るようになった。あの頃は容量が限られてたから画像なんてほとんど載せず、わたしの文章だけを熟読した読者ばかりなので、初めて会ったような気がしない人ばかりでやり易かったなあ。

 一流企業の面接官が選ぶBARBER

 JimmyJazzも28年もやってるから、最初の頃から散髪にいらしてる方は、ペーペーの新人だったのがいつの間にか偉くなっていることがある。その方を仮にKさんとするが、Kさんが瞑目して散髪をしながら、「やっぱりあいつは残そう」とか、人事の重要な判断をしてると打ち明けられた。そんな大事なことを当店で決めてもいいのだろうか(^^;

 Kさんは、忙しいスケジュールの合間を縫って、電車やバス、時にはタクシーを使ってこまめに散髪にいらっしゃる。新入社員の面接を任される事もあるというから、やはり今どきの若者は茶髪にロン毛だったりするんですかと訊ねたら、「茶髪とかロン毛で(面接に)来たら、お前ら遊びに来とんのか!?と言うて即ハネますね」というではないか。やはり何億もの金額が動くビジネスの場では、それだけの真剣さが要求される、ということらしい。もちろん面接官を務めるKさん自身、髪がボサボサでは話にならないから、入社希望者に礼を尽くす意味でもきちんと散髪されるのだ。

 また、大事な商談の前には伸びてなくても必ず来店して調髪を欠かさない。そして「おかげさまで、この前の商談うまいこといきました。ありがとうございました」と言ってくださるのだ。散髪の出来栄え如何で商談が成功するとも思えないが、一種の願掛けかジンクスのように考えてらっしゃるのだろうか。
 そのKさんが四半世紀も支持してくださってるということは、「一流企業の社員にふさわしい髪形として、当店の提案するトラディショナルなビジネススタイルが選ばれてる」と言っていいのかな?

 ポパイ9月号は「ジャズと落語。」特集

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 常連さんが今月のポパイ(雑誌)はジャズ特集ですよと教えてくれたので買ってみたらかなり濃い内容でビックリ!これは読むのがたいへんだわ!(^^;
 わたしでさえ、全部読むのに難儀しそうなびっしりの活字である。ジャズ用語に暗いシティボーイズのポパイ読者がこんなの真面目に読むんだろうか?
 岩手のジャズ喫茶「ベイシー」もバッチリ載ってるし、あれっ、このトランペッターの黒田卓也って、昔K谷さんの娘さんと一緒にJimmyJazzで演奏してくれた人じゃなかったっけ?

 ポパイを買うのなんて何十年ぶりかと思うが、知らん間になんだか随分大人向けの雑誌になっているなあ。あっ、今は隔週誌じゃなくて月刊なのか。高校生の頃、隅々まで読んで勉強したなあ。もう袋とじの「彼女を喜ばせるテクニック」はないのか?おっと、あれはホットドッグプレスの方だったか( ̄▽ ̄;

 そんなバーバー、あったらすごい

 商売が繁盛するの楽しいことだし、事業がどんどん拡大していくのは見ていてもワクワクさせられる。JimmyJazzも人手を増やして2号店、3号店、やがてはチェーン展開!なーんてのもいいけれど、もう一方で、たった一人のお客様にズシーンと魂に響くような体験をしてもらいたいという、ひじょうに欲張りな考えもある。多くの人々を幸せにすることはできないけれど、ほんの一握りのお客様に、最高に良い音でジャズを聴きながら、まるで異次元空間にいるかのようなすごい体験で、魂に衝撃を感じてもらいたい。そんなことが可能なのかどうなのか、わたしにもわからないけれど、「おっ、これはすごいかも」という手応えを感じたことは過去に何度かある。「何度も」じゃなくて「何度か」なのが心許ない。でも、それは確実にJimmyJazzでしか体験できないことだし、深く刻まれた感動は、かつてわたしがジャズ喫茶で体験した感動のように、いずれ別にかたちで誰かに受け継がれていく。そんなバーバー、あったらすごいじゃないか。あかん、やっぱり負け惜しみにしか聞こえん(^^;

 各種メンテナンス

いつも使ってるルイ・ヴィトンのバッグの口紐が切れそうになっていたので、梅田のリペアセンターに行って紐だけ買ってきた。ただの革紐が7,100円(税別)。革を半分に折ってミシンで縫っただけの簡単なもの。とはいえ、革がちぎれて糸一本になっても切れることはない。これを高いとみるか安いと思うか。
オーディオの修理代、たとえばマッキントッシュのアンプ修理は四万円が最低ライン。良いものを長く使うといっても、新品のアンプやバッグを買えるくらいのお金を出してメンテナンスするのだ。これでまた数年使える!しかしJBLのエッジもそろそろ張り替え時期かも(^^;

 ネットラジオで吊し上げられる

「テレビでやってたけど、東京にヒップホップの散髪屋があるらしいよ!」
 常連さんが教えてくれた。へえ〜それは面白そうですね。
「音楽かけて個性を出してるとか言ってたけど、そういうのってずっと昔からこの店はやってたもんねえ」
 その番組ちょっと観てみたくなった。YouTubeとかに落ちてないかな?常連さんが帰られた後で気になったので探してみた。番組そのものはなかったけれど、どうもこの人のことではないかなと言う人の動画を発見。「仁藤洋平?」「人生はウリで決まる」か、なるほど。

続きを見る "ネットラジオで吊し上げられる"

 ブルーアイズ

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

マッキントッシュのパワーアンプMC7150の片方のメーターのランプが切れたと以前書いた。修理代を見積もってもらうと約四万というので躊躇していたところ、もう片方のランプも徐々に光が弱くなってきて、このまま両方「失明」するのかと思ったら、今日突然両目が光り出した。昨日近くでカミナリが落ちたせいなのか?うーむ(^^;

 LANリベラメンテ貸出しサービス

 インフラノイズの新作LANケーブル”LANリベラメンテ”の貸出しサービスを開始します。「YouTubeの音がCDよりも良くなる」「WiFi接続でも音質向上効果がある」そんなことはとても信じられないという方、この機会にご自分の耳で確かめてみませんか?

 貸出し用LANリベラメンテは、0.8, 1.5, 3.0mの三種類をご用意しました。JimmyJazz先行予約ページよりご希望の長さの「LANリベラメンテ貸出しサービス」をカートに入れてレジにお進みください。追ってメールで返信します。

貸出し用LANリベラメンテはインフラノイズより直送。返送もインフラノイズ宛でお願いします。
貸出し期間は一週間で、返送費用のみご負担願います。
できましたら試聴の感想を頂けるとありがたいです。

 もうすぐ盆休み

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した動画 -

「お盆休みはいつですか?」と訊かれる方が増えてきた。この下の方でちゃんと告知してるのだが、やはりそれだけでは足りないらしい。あえていつかは言わず、代わりにインパクトのある(?)動画を作ったので、当店の盆休みがいつなのか、どうぞじっくりとご覧下さい(^^;

 古電話買わず新たなベルの音

 昨日導入したアンティーク調の電話機、呼び出しベル音を録画してみた。

JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した動画 -

 う〜ん、もう少し音が澄んで余韻が長いといいんだけど(^^;
 贅沢言わず、機械が動作してアコースティックにベルが鳴るというだけでもまあよしとしよう。ひょっとして使ってるうちにだんだん良い音になってくるかな?おそらく無理だろうなw

 ring ring ring

「おっ?こだわってますね!」と言われると、全然こだわってませんよ普通ですと言いたくなるものだ。JimmyJazzを見て「こだわってない」と言うほうに無理がある。どう見たってこだわってるやんけってなもんだ。そもそも「俺はこんなにこだわってる!」とか説明しないとわかってもらえないというのは、端から見ればちっともこだわってないのと同じなのだ(^^;

続きを見る "ring ring ring"