投稿者アーカイブ

「男前」にこそ価値がある

「料金が他店より安いこと」

ランニングコストを考えるとそれは大事なことです。

「待たずにカットできること」

忙しい現代人には必須条件かもしれません。

「刈り上げが0ミリであること」

もちろんスキンフェードとはそういうことですね。

「何度でも切り直ししてくれること」

カットの途中で気が変わることもあるでしょう。

「たくさんすいてくれること、短くなってさっぱりすること」

当然ですよね〜。

 でもね、

 わたしは理容室でなにより重要なことは、散髪して「男前になること」だと思うんですよ。安い他店で散髪してかっこよくないより、JimmyJazzで散髪して男前が上がる、奥さんに褒めてもらえて、しかもスタイルが長持ちするなら、そっちの方がいいと思いませんか?

「おっ?ちょっといい男になってる!?」これがデザイン、これが付加価値というものですよ。

 当店を選んでくださったお客様全員にそう思ってもらいたい。時間的、体力的にいい仕事ができないと判断すれば予約をお断りすることもありますし、できない技術やおすすめしないスタイルもある。

「安くて、今すぐできて、さっぱりするならそれでいい」そんな方が当店を利用されるのは、ちょっと勿体無い。

 JimmyJazzはそういうスタンスで営業してます。

Jimmy Jazz

サボテンノーズワックス

 今年の夏は2度目の富士登山にチャレンジ!三年前には悪天候で登頂を断念したが、今回は好天に恵まれ、見事登頂を果たした。

 天気の次に心配したのが高山病で、とにかく酸素をたくさん取り込まないといけないと思い、当店メニューにサボテンノーズワックスを導入、鼻毛を根こそぎ引っこ抜いて富士山に挑もうと決心した(^^;

 これまで自分の鼻毛処理には電動および手動の鼻毛カッターや鼻毛専用ハサミなどを使ってきたが、なにしろ日本一の山に挑戦するのだからそんな生ぬるい方法では太刀打ちできない!

 数年前に突如この理美容業界に登場したサボテンノーズワックスという鼻毛脱毛メニューは、専用のスティックに保温ポットで温めておいたワックスを絡めて鼻に突っ込み、冷えて硬化したところを一気に引っこ抜く!ちょっぴり痛そうな印象と、そのショッキングなビジュアルから敬遠するむきも多いだろう。

 しかし実際に自分でやってみると、思ったほど痛くない。それどころか処理後のスティックをうっとり眺めてしまうw

 これは鼻毛ある人は全員やるべきだな!!うーんw

Jimmy Jazz

映画『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』

 いい機会なのでビリー・ホリディの伝記映画『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』も観た。原題は『Lady Sings the Blues』、やはりアメリカで『Strange Fruit』とするのは問題が多いのだろうか。

 1972年製作、主演はダイアナ・ロス、製作はモータウンのベリー・ゴーディ、音楽はミシェル・ルグランで、いかにもルグランらしいストリングスが要所に聞かれる。

 どうしても先日紹介した『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』と比べてしまうが、かなり端折ったストーリー展開で、これだけ観てビリー・ホリディはこういう人だったと言うには随分イメージ違うなと。これでも’72年当時にしてはかなり頑張ったのだろう。

 この映画の元となった自伝『奇妙な果実 -ビリー・ホリデイ自伝』は既読であるが、実際のビリーは初めての売春年齢のサバを読む(?)ようなこともあったと聞く。その方がセンセーショナルに響くと思うとサービスする気質があったのかもしれない。(マイルス・デイヴィスの奥さんにクインシー・ジョーンズが指輪を贈ったとマイルス自叙伝に書いてあるが、クインシーがそんなことはないと食ってかかると「そのほうが読んでて面白いだろ」とマイルスが言ったとか。多少盛って語るのがジャズメン気質なのか)

 華奢でマシュマロヴォイスのダイアナ・ロスが骨太で肝の据わったビリーを演じようって言うのだからたいへんだ。

 最初からビリーの面倒をよくみてた”ピアノ弾き”が麻薬の売人に殺されてしまうのだが、このピアノ弾きが役名も”ピアノ弾き”で、いったい誰なのか?最初テディ・ウィルソンかと思ったが、彼は’86年まで生きてる。役名も無いほどだから適当にでっちあげたオリジナルのキャラクターなのかもしれない。

 ちなみにレスター・ヤングは登場しない。不倫関係にあったというベニー・グッドマンも登場しない。『ベニー・グッドマン物語』で好感度高かったから、これも問題あるんだろうな。10点中4点。

Jimmy Jazz

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』

 なんと、ビリー・ホリディの映画があるではないか。しかも2本、全然知らんかった。むかしダイアナ・ロス主演で「ビリー・ホリディ物語」というのがあったが、これもチャンスがなくて観ていない。わたしは気の強そうな女性シンガーが苦手なので、ビリーとかカーメン・マクレエには詳しくないのだ。

 一本はドキュメンタリーの『Billie ビリー』、こちらは配信がなく、配信がある方の『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』を観た。

 ちょっとこのタイトルはダサいんじゃないかと思う。ストレートに『奇妙な果実』ではいかんかったのか。まだ問題あるのかな?

 さてストーリーはともかく、主演のアンドラ・デイがビリーにそっくり!顔や体格は小ぶりであまり似てないなと思って観てたら、歌声はもちろん、「電話帳を読むだけでジャズになる」とまで言われた話し方が本当にそっくりで、本物かと錯覚しそうになる。

 のっけからルイ・アームストロングと共演、サッチモの声マネはまあ誰でもできる(?)が、問題はトランペットの音色である。あの天下一品の艶やかな音色は再現不可能でスルー。ま、ビリーの映画なのでそれは許す。

 さあ、ビリーといえばプレズことレスター・ヤングで、トレードマークのポークパイハットをかぶって頻繁に登場するが、少し貧相で大物感ゼロ、テナーも含め残念、ま、ビリーの映画なのでこれも許す。

 バンドの頭数と出てくる音が合ってなかったり、『レディ・イン・サテン』のジャケットが登場した随分あとで同盤のレコーディングがあったりと、マニアが見たらツッコミどころは多々あるけれど、かなり頑張ったのは伝わってきた。ジャズ伝記映画として採点するなら10点満点中8点。ちなみにイーサン・ホーク主演チェット・ベイカーの『ブルーに生まれついて』は9点、マイルスの『マイルス・アヘッド』は3点(^^;

Jimmy Jazz

No Pain No Gain

Jimmy Jazz

8月 8(月) 9(火) 10(水)夏期休暇

8月 8(月)、9(火)、10(水) 三日間夏期休暇をいただきます。

例年よりも少し早いですが、よろしくお願いします。

Jimmy Jazz

コルトレーンポマード

 コルトレーンの名を冠したポマードがニュージーランドより上陸。他の物はともかく、当店がこれを取り扱わずしてどうするのだ!?

というわけで、入荷しました。ポマードといってもクレイ(粘土)なので、マットで上品な仕上がり。材料に良いもの使ってるなというのがビンビン伝わってまいります。

 ホールド力はミディアムでツヤなし。匂いはキツくなく微香性。

「オレが買わずしてどうするのだ!?」と思った方はお早めにどうぞw

Jimmy Jazz

秘すれば花

 久しぶりにニコラス・ケイジの映画を観たら、主人公なのにほとんど喋らないので驚いた。さすがである。

 600年前「秘すれば花」と世阿弥はいった。映画においていちばんダメなのは、心情とか状況をセリフで説明しちゃうことなんである。映画にかぎらず、あらゆる芸術表現は、全てをつまびらかにして正確に伝えることではなく、相手に「感じさせる」「想像させる」ことが最も重要なのだ。

 音楽鑑賞あるいはオーディオが、画のない不完全な形態にもかかわらずホームシアター等とまた違った、独立した高次元ポジションを得ているのも、リスナーに想像させ、世界観を感じさせるに最適な形態だからだろう。

 わたしが10代のころは、アメリカ村のフィフティーズ風ブティックがお気に入りで、ロックンロールのBGMとピンクに塗られたベニヤ板の壁の向こうに「アメリカン・グラフィティ」の世界が広がっている気がしてワクワクしたものだった。

 ベニヤ板を蹴破っても心斎橋の風景しか広がってないのだが、そんなふうに臨在する世界を想像させることこそブランディングなのだ。

 インターネットの普及によって、何でもかんでもググれば分かるようになったから、今後は逆にググっても出てこない情報のほうが貴重になってくるだろう。

 JimmyJazzも「知る人ぞ知る」とか「伝説の」と噂されるには、これまでのようにジャンジャン発信する姿勢は慎んだほうがいいのかも?(^^;

Jimmy Jazz

新ブログのデザイン

 20年近く使っていたMovableTypeのバージョンが古すぎて投稿に不具合が出始めた。これまでの膨大な投稿を削除するのは惜しいがやむを得ない。WordPressに移行して気持ちも新たに再スタート。ところがなかなかデザインが決まらず、どうしようかと試行錯誤しているところ。

 しばらく落ち着かない状態が続きそうだが、どうかご容赦を。

※先行予約ページとBBSは今まで通り使用できます。

Jimmy Jazz

サイトリニューアル

現在サイトリニューアル中です。

予約ページは https://jimmyjazz.cart.fc2.com/

BBSは https://jimmyjazz.bbs.fc2.com

をご利用ください。

 

Jimmy Jazz