Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

リタ・ライス(vo) 『Rita Reys Meets Oliver Nelson』

 バックはオリヴァー・ネルソン編曲指揮による欧米混合バンド

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 3, 2009 07:52 PM

エリック・ゲイル(g) 『Utopia』

 伝説のフュージョンバンド”Stuff”のギタリスト、エリック・ゲイルの遺作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 10, 2009 12:36 PM

ルー・デル・ガトー(ts) 『Katewalk』

Amazonで詳細を見る オーディオシステムの進化に伴い、所有するなかで最も化けたCD。まさに玉手箱のよう

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 12, 2006 10:45 AM

ビリー・ホリデイ(vo) 『Lady In Satin』

Amazonで詳細を見る レイ・エリス編曲・指揮のストリングスオーケストラを配したバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 31, 2006 06:29 PM

チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings and Plays』

 『~シングス』のような閉塞感はないものの唄のほうは相変わらず。良いなあ、このアクビが出るような気だるさ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 21, 2005 03:06 PM

エリック・ドルフィー(as,fl,bass-cl) 『Last Date』

 「音楽は聴いた途端、空気のなかに消えてしまう。もう二度と取り出すことはできない」は有名なキメ台詞

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 6, 2005 02:34 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Saxophone Colossus』

 全員が絶好調のセッションにして聴き所満載の超名盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 9, 2005 01:27 PM

ハロルド・ランド(ts) 『Harold in the Land of Jazz』

 左にペットとテナー、右チャンネルにリズム隊、ぱっくり分れているのがなんとも不自然。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 24, 2004 04:29 PM

アート・ブレイキー(ds) 『Jazz Messengers』

 ショーターのテナーの咆哮にしびれまくる。ブレイキーもしびれたに違いない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 5, 2004 09:17 AM

ヒューストン・パーソン(ts) 『In A Sentimntal Mood』

 いかにもヴァン・ゲルダー・スタジオで録ったという感じの、エコーのたっぷり効いたテナーの音

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 28, 2004 04:13 PM

リー・コニッツ(as) 『Motion』

 曲目を見るとスタンダードのオンパレードなのに聴きなれたメロディは一向に出てこない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 7, 2004 11:47 AM

マル・ウォルドロン(p) 『Left Alone』

 眉間に激しく皺が寄る、なんともやるせない表題曲。マクリーンのアルトによる泣きのテーマ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 25, 2004 12:27 PM

ジョン・コルトレーン(ts) 『Ballads』

 タイトルでずいぶん得してるなあと思う。『バラード(正確にはバラッズ)』。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 13, 2004 10:00 AM