Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

セロニアス・モンク(p) 『Alone In San Francisco』

 音楽の隙間にちらちらと見え隠れするモンク独特の情感を捕まえるべし

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 17, 2005 05:21 PM

ジョン・ルイス(p) 『The John Lewis Piano/Jazz Piano International』

 MJQからミルト・ジャクソンが抜け、代わりにギターを入れた編成。MJQよりさらに詩的で静かな印象の作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 5, 2005 12:49 PM

モダン・ジャズ・カルテット 『Fontessa』

 「MJQの最高傑作だ」と言う人も居れば、「いちばん嫌いだ」と言う人も居る

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 14, 2005 10:35 AM

ベニー・カーター(as,tp) 『Jazz Giant』

 懐かしい薫りのする題材を、西海岸の名手と共にモダンな感覚に蘇らせている。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 6, 2005 10:36 AM

キャノンボール・アダレイ(as) 『Cannonball Adderley Quintet In San Francisco』

 '59年サンフランシスコでのライブ。急速調の[5]はキャノンボールの真骨頂

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 4, 2005 10:17 AM

リー・コニッツ(as) ウォーン・マーシュ(ts) 『Lee Konitz With Warne Marsh』

 フワフワとしたトーンが心地よく、まるで兄弟で唄ったデュオのよう。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 21, 2005 10:17 AM

ジェリー・マリガン(bs),ベン・ウェブスター(ts) 『Gerry Mulligan Meets Ben Webster』

 ノーマン・グランツらしい、くつろぎと気品に満ちたヴァーヴ作品。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 31, 2005 10:58 AM

アート・ペッパー(as) 『Art Pepper Meets The Rhythm Section 』

 スタイルが変わっても瞬時に追随するは、さすが”オール・アメリカン・リズムセクション”。定番中の定番

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 01:33 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins and the Contemporary Leaders』

 バラード曲「月のチャペル」のロリンズ節に降参。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 7, 2004 02:28 PM

カーティス・カウンス(b) 『Landslide』

Amazonで詳細を見る 「Fifth for Frank」。これを聴いたらドラムソロが苦手な人でもきっと好きになる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 22, 2004 08:56 AM

バーニー・ケッセル(g) 『Music to Listen to Barney Kessel By』

 ケッセルの編曲センスが光る

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 16, 2004 09:44 AM