Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ライオネル・ハンプトン(vib),スタン・ゲッツ(ts) 『Hamp & Getz』

 いつものゲッツも、ハンプトンのかけ声に押されて、天才の本気爆発

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 19, 2011 03:08 PM

オスカー・ピーターソン(p) 『West Side Story』

 緻密なアレンジと装飾が施され、しかもジャズを聴く楽しさが溢れている

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 1, 2011 12:30 PM

ケニー・バレル (g) 『A Generation Ago Today』

 チャーリー・クリスチャンの古きよきレパートリーで構成。特筆すべきはフィル・ウッズのアルト

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 10, 2010 11:00 AM

オスカー・ピーターソン(p) 『The Trio』

 数あるピーターソン作品のなかでも、ブラウン、シグペンの”ザ・トリオ”の演奏は別格

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 29, 2010 07:23 PM

アストラッド・ジルベルト(vo) 『Look To The Rainbow』

 ギル・エヴァンス、アル・コーンのアレンジ・指揮による造り込まれたオーケストラ作品。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2010 04:48 PM

ギル・エヴァンス(p,arr.cond) 『ギル・エヴァンスの個性と発展』

Amazonで詳細を見る 不協和音を用いたアンサンブルが特徴のギル・エヴァンス。もともと地味だった盤が魅力的なボーナス曲で印象激変

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 11, 2010 02:01 PM

アストラッド・ジルベルト(vo) 『Windy』

Amazonで詳細を見る 晴天の日曜にぴったりのウキウキ感。録音もすこぶる良好

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 3, 2010 04:32 PM

エラ・フィッツジェラルド(vo) & ルイ・アームストロング(vo,tp) 『ポーギーとベス』

Amazonで詳細を見る エラ&ルイによる正真正銘の豪華盤。オペラ 『ポーギーとベス』の最高傑作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 12, 2010 07:20 PM

ジャッキー&ロイ(vo,p) 『Lovesick』

 ジャッキー・ケインとロイ・クラールのオシドリ夫婦による軽快で洒落た白人デュオグループ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 17, 2010 06:39 PM

ウイントン・ケリー(p) 『It's All Right!』

Amazonで詳細を見る いつものケリー・トリオも、キャンディドのコンガとケニー・バレルのギターが追加されると、また一味違うサウンドになる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 24, 2009 10:00 AM

スタン・ゲッツ(ts) アストラッド・ジルベルト(vo) 『Getz Au Go Go』

Amazonで詳細を見る グリニッチ・ヴィレッジの「カフェ・オゥ・ゴー・ゴー」でのライブで、ゲッツのカルテットと共演

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 23, 2009 04:37 PM

カウント・ベイシー・オーケストラ 『April In Paris』

 「ワン・モア・タイム!」の掛声で繰り返し演奏される表題曲が有名。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 2, 2009 04:37 PM

ウエス・モンゴメリー(g) 『California Dreaming』

 これもドン・セベスキー指揮によるポピュラー曲集

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 13, 2009 12:20 PM

スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン(ts,bs) 『Getz Meets Mulligan in Hi-Fi』

 ゲッツとマリガンが楽器を交換して吹いている。リラックスした雰囲気がとてもいい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 25, 2009 06:26 PM

アントニオ・カルロス・ジョビン(p,g) 『イパネマの娘』

 ボサノヴァのスタンダードとなる美しい曲ばかりで、弦の巧妙なアレンジによって洒落た軽音楽になっている

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 18, 2009 11:14 AM

チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエバー 『Light as a Feather』

 リターン・トゥ・フォーエバーのセカンドアルバム。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2008 04:12 PM

バド・パウエル(p) 『The Genius of Bud Powell』

Amazonで詳細を見る 天の一角から降り来たったインスピレーションが、ダイレクトにピアノを弾いたようなパウエル全盛期の傑作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 30, 2008 01:21 PM

ジョージ・ベンソン(g) 『Giblet Gravy』

Amazonで詳細を見る R&Bのヒット曲をカバーして大衆ウケを狙った作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 3, 2008 04:40 PM

ダイアナ・クラール(vo,p) 『Christmas Songs』

 ジャズの枠を超えて、近年もっともポピュラーなクリスマスアルバムのひとつとなった

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 30, 2007 12:18 PM

ウエイン・ショーター(ss),ハービー・ハンコック(p) 『1+1』

Amazonで詳細を見る ショーターの吹くソプラノ、ハンコックが弾くスタインウェイ・ピアノによるアコースティックなデュオ作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 12, 2007 07:12 PM

ニコラス・ペイトン(tp) 『Dear Louis』

Amazonで詳細を見る ジャズ界の若頭・ニコラス・ペイトンがサッチモに捧げたトリビュート作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 29, 2007 04:42 PM

スタン・ゲッツ(ts) ジョアン・ジルベルト(g,vo) 『Getz/Gilberto #2』

Amazonで詳細を見る ゲッツのカルテットとジョアン、アストラッドのカーネギーホールでのライブ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 19, 2007 11:23 AM

ワルター・ワンダレイ(org) 『Rain Forest』

Amazonで詳細を見る ”ブラジルのNo.1オルガン奏者”ワルター・ワンダレイの代表作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 12, 2007 01:54 PM

アストラッド・ジルベルト(vo) 『おいしい水』

Amazonで詳細を見る 『ゲッツ~ジルベルト』の二年後に吹き込んだアストラッドのデビュー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 26, 2007 12:01 PM

ビル・エヴァンス(p),ジェレミー・スタイグ(fl) 『What's New?』

 ビル・エヴァンスのレギュラートリオにジェレミー・スタイグを迎えた異色作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 24, 2006 01:22 PM

ジェリー・マリガン(bs),ポール・デスモンド(as) 『Quartet』

 マリガンとデスモンドが壮絶なバトルを繰り広げる。二人とも一見クールな表情を装っているが目は真剣

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 15, 2006 11:09 AM

ジュニア・マンス(p) 『Junior Mance And His Swinging Piano』

 親しみやすいメロディラインに、気持ち良~くスウィングするリズム

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 5, 2006 02:16 PM

ビル・エヴァンス(p) 『Empathy』

 ジャケットデザインと相俟って幾何学的な印象。ヴァン・ゲルダーの音作りも効果的

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 29, 2006 12:32 PM

ベン・ウェブスター(ts) 『King Of The Tenors』

 アップテンポの曲はダーティに、スローな曲では羽で擦るがごとくソフトに

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 28, 2006 10:17 AM

スタン・ゲッツ(ts) 『Stan Getz Plays』

 '52年ヴァーヴ・レーベルでの初レコーディング。ナローレンジで、いかにも”昔のジャズ”という雰囲気

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 10, 2006 12:10 PM

ルイ・アームストロング(tp,vo) 『Louis Armstrong Meets Oscar Peterson』

 デュエットの傑作『エラ・アンド・ルイ』に準ずる内容

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 8, 2006 11:26 AM

ジミー・スミス(org),ウエス・モンゴメリー(g) 『The Dynamic Duo』

 ウエスとジミーの相性はバッチリ。オリバー・ネルソンのオーケストラアレンジを得て、ゴキゲンにスイングする。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 30, 2005 03:02 PM

チャーリー・ヘイデン(b),パット・メセニー(g) 『Beyond The Missouri Sky』

 ベースとギターのデュオ。あくまでアコースティックな印象。特筆すべきは旋律の美しさ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 3, 2005 02:56 PM

スタン・ゲッツ(ts) 『Focus』

 ジャズとして聴くべきものはあまりないように思う。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 20, 2005 04:48 PM

カウント・ベイシー・オーケストラ 『Basie In London』

 『イン・ロンドン』とあるが、実はスエーデンでの実況録音。'50年代を代表するベイシーバンドの傑作ライブ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 9, 2005 02:56 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Charlie Parker With Strings:The Master Takes』

Amazonで詳細を見る ムード音楽みたいに聞こえるかもしれないが、切り口が少々変わってるだけ、紛れもなく一級品のジャズだ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2005 12:24 PM

スタン・ゲッツ(ts),チャーリー・バード(g) 『Jazz Samba』

Amazonで詳細を見る 『ゲッツ/ジルベルト』に比べると、唄のないぶん地味に感じるがこちらも良い演奏

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 27, 2005 02:20 PM

ディジー・ガレスピー(tp) 『Sonny Side Up』

 スティットとロリンズのテナーバトルが物凄い。これは当たりどころか大当たりの大傑作ではないかと確信する。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 27, 2005 11:08 AM

スタン・ゲッツ(ts),J.J.ジョンソン(tb) 『Stan Getz And J.J. Johnson At The Opera House』

 ゲッツとJ.J.が絡みながらコンサートが進行するが、それぞれ得意のバラード曲[8]や[9]もさすがの腕前

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 11, 2005 10:30 AM

ジーン・アモンズ(ts),ソニー・スティット(as,ts) 『Boss Tenors : Straight Ahead From Chicago August 1961』

 こいつはゴキゲンだぞ!キメキメのエンディングは、「来るな」と分っていても失神しそうになる(笑)

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 10, 2005 10:48 AM

ベン・ウェブスター(ts) 『Soulville』

 『The Tatum Group Masterpieces』と並ぶベン・ウェブスターの代表作だ。なかでも特に有名なのが[4]。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 23, 2005 11:33 AM

アニタ・オデイ(vo) 『This Is Anita』

Amazonで詳細を見る しっとり落ちついた歌唱、内容も充実しており老若男女誰にでも強くお勧めできる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 30, 2005 02:43 PM

ジェリー・マリガン(bs),ベン・ウェブスター(ts) 『Gerry Mulligan Meets Ben Webster』

 ノーマン・グランツらしい、くつろぎと気品に満ちたヴァーヴ作品。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 31, 2005 10:58 AM

スタン・ゲッツ(ts) ジョアン・ジルベルト(g,vo) 『Getz/Gilberto』

Amazonで詳細を見る ボサノヴァを世界に広めた本盤の功績は計り知れない。ジョアン・ジルベルトの歌声こそ究極の癒し

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 22, 2005 01:12 PM

ビリー・ホリデイ(vo) 『Solitude』

 オスカー・ピーターソン、チャーリー・シェイバースらJATPのコンボをバックにしっとりと唄うバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 19, 2005 09:10 AM

バド・パウエル(p) 『Jazz Giant』

 何度聴いても飽きることがない。それどころか、じっくりと聴けば聴くほどに味わい深いのが本盤だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 18, 2005 10:36 AM

ジミー・スミス(org) 『The Cat』

 ジミー・スミス、オルガン奏者 2005年2月8日米アリゾナ州自宅にて永眠。享年79歳。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 14, 2005 08:46 PM

エラ・フィッツジェラルド(vo) 『Ella in Berlin : Mack the Knife』

Amazonで詳細を見る ハツラツとした美声。抜群のスイング感。ベルリンの聴衆の興奮が見えるよう。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 3, 2005 10:30 AM

ウエス・モンゴメリー(g) 『Smokin' At Half Note』

 マイルス・バンド在籍中、ケリーの十八番だった「ノー・ブルース」でのウエス、ケリーのソロが圧巻。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 31, 2004 06:22 PM

オスカー・ピーターソン(p) 『Oscar Peterson Trio Plays』

 ジャズを聴き始めてまだ間もない頃、本盤に入ってる「サテン・ドール」に感激

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 17, 2004 01:33 PM

コールマン・ホーキンス(ts) 『Hawkins! Alive! At The Village Gate』

 骨っぽいテナーの咆哮は素晴らしく感動的

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 16, 2004 02:56 PM

『Jazz for Joy / Various』

Amazonで詳細を見る ジャズボーカルの大御所たちが、若手実力派をバックに従えて作ったクリスマスアルバム。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 27, 2004 01:54 PM

ビル・エヴァンス(p) 『Trio 64』

Amazonで詳細を見る エヴァンスも「サンタが街にやってくる」を本盤で披露。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 24, 2004 11:15 PM

スタン・ゲッツ(ts),ビル・エヴァンス(p) 『Stan Getz/Bill Evans』

Amazonで詳細を見る ゲッツもエヴァンスもまるで人が変わったように硬質なプレイの異色作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 11, 2004 12:11 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Jazz Perennial』

 真の天才は一見なんでもないことをやってるときにこそ、その恐ろしさを垣間見ることができる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 9, 2004 03:00 PM

メル・トーメ(vo) 『Back In Town』

 作り込まれたジャズのよさを堪能できるジャズコーラス

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 7, 2004 11:46 PM

ビル・エヴァンス(p) 『A Simple Matter Of Conviction』

 表題曲は三拍子のブルースだが、ワルツにもブルースにも聞えない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 12, 2004 12:38 AM

リー・コニッツ(as) 『Motion』

 曲目を見るとスタンダードのオンパレードなのに聴きなれたメロディは一向に出てこない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 7, 2004 11:47 AM

チャーリー・パーカー(as) 『Now's The Time』

 パーカーの全盛期は'40年代で劣悪な録音のものが多いが、本盤は゜50年代の作品で録音もまとも。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 28, 2004 12:58 PM

エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング 『Ella And Louis』

 御大サッチモとエラのデュエットによる心温まるバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 27, 2004 12:15 PM

オスカー・ピーターソン(p) 『We Get Requests』

Amazonで詳細を見る 本作はハッピーで分り易く、グイグイと聞き手を引き込んでいく堂々たる傑作だ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 23, 2004 12:38 PM

レスター・ヤング(ts) 『Pres And Teddy』

 「眉がハの字」になる。これぞ最上。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 18, 2004 05:15 PM