Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

スタン・ゲッツ(ts) 『Stan Getz Quartets』

Amazonで詳細を見る ウディ・ハーマン楽団から独立したゲッツ初期の名盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 17, 2009 04:54 PM

ジミー・フォレスト(ts) 『Out of the Forrest』

 ジミー・フォレストは、ブルースフィーリング溢れるアーシーなスタイルが特長

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 8, 2008 11:50 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Early Milestones』

Amazonで詳細を見る パーカーのサイドメン時代のマイルスを聴くためなら、これ一枚あれば充分

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 29, 2007 12:05 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Birdland 1951』

Amazonで詳細を見る バードランドにおける巨人たちの若き日の活きのいいライブ演奏

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 8, 2007 12:05 PM

チャーリー・パーカー(as,ts) 『The Savoy Recordings (master takes)』

Amazonで詳細を見る チャーリー・パーカーがサボイ・レーベルに残したスタジオ録音のマスターテイク集

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 6, 2006 04:50 PM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 2』

 過激な『Vol.1』に比べると随分聴きやすい

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 9, 2006 05:14 PM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Monk And Sonny Rollins』

Amazonで詳細を見る この頃のモンクはまだ音数が多くてトリッキー。ソリストのバックにまわってもガンガン弾きまくっている。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 11, 2006 04:08 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Dig』

Amazonで詳細を見る ジャズのLP時代はこの作品から。マイルスも意欲満々で、上品で美しいトーンのアドリブを聴かせる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 27, 2006 10:20 AM

チャーリー・パーカー(as) 『The Complete Royal Roost Live Recordings On Savoy Years Vol.2』

 1948年のクリスマス、”ロイヤル・ルースト”で行われたラジオ番組の実況中継

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 6, 2005 02:33 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Charlie Parker With Strings:The Master Takes』

Amazonで詳細を見る ムード音楽みたいに聞こえるかもしれないが、切り口が少々変わってるだけ、紛れもなく一級品のジャズだ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2005 12:24 PM

ワーデル・グレイ(ts) 『Wardell Gray Memorial,Vol.1』

 いい音だなあ、とつくづく思う。テナーの音はこうでなくっちゃ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 19, 2005 05:26 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Moving Out』

 モンクの作り出すゴツゴツした空間を縫うように繰り出すロリンズのアドリブはまさに横綱相撲。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 27, 2004 09:32 AM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 1』

 鬼才バド・パウエルの作品のなかでも、最もアメイジングな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 03:29 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Jazz Perennial』

 真の天才は一見なんでもないことをやってるときにこそ、その恐ろしさを垣間見ることができる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 9, 2004 03:00 PM