Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ミルト・ジャクソン(vib) 『Jazz 'N' Samba』

Amazonで詳細を見る ブルースに始まりブルースに終わるのが正しいジャズの聴き方。ボサノヴァはオマケ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 23, 2010 03:17 PM

トミー・フラナガン(p) 『Overseas』

Amazonで詳細を見る 傑作セッションに名を連ね、「名脇役」の異名をとるトミー・フラナガンの代表作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 25, 2006 09:53 AM

サド・ジョーンズ(tp) 『Detroit-New York Junction』

 キメキメのエンディングでビシッと終る。このへんがブルーノート

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 20, 2006 06:30 PM

J.R.モンテローズ(ts) 『The Message』

 多彩な表現でドラマチックに盛り上げるJ.R.モンテローズ絶頂期の傑作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 16, 2006 02:47 PM

ウィルバー・ハーデン(flh) 『Jazz Way Out』

 フリューゲル・ホーン奏者ウィルバー・ハーデンの「アフリカ」をテーマにしたハードバップ作品。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 27, 2006 04:12 PM

ルイ・スミス(tp) 『Here Comes Louis Smith』

 輝かしいトランペットが聴ける[4]等、ハードバップの醍醐味を満喫できる傑作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 25, 2005 02:05 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Collector's Items』

Amazonで詳細を見る 前半がパーカーを含む'53年のセッション。後半'56年3月のセッションは、もうさすがというべき完成度の高さ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 28, 2005 12:05 AM

ケニー・ドーハム(tp) 『Quiet Kenny』

Amazonで詳細を見る 『静かなるケニー』として有名なドーハムの代表作であるとともにモダンジャズ決定盤のひとつ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 15, 2005 02:13 PM

サド・ジョーンズ(tp) 『The Magnificent Thad Jones vol.3』

 トランペッターとしていちばん好きなのがサド・ジョーンズ。ベイシー楽団よりもブルーノートのリーダー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 30, 2005 05:08 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Saxophone Colossus』

 全員が絶好調のセッションにして聴き所満載の超名盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 9, 2005 01:27 PM

ジュリアン・プリースター(tb) 『Keep Swngin'』

 リズムセクションが良い。ピアノがトミフラにエルヴィンのドラム、キリリと締まったベース音のサム・ジョーンズ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 21, 2005 04:48 PM

コールマン・ホーキンス(ts) 『Hawkins! Alive! At The Village Gate』

 骨っぽいテナーの咆哮は素晴らしく感動的

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 16, 2004 02:56 PM

J.J.ジョンソン(tb) 『Dial J.J.5』

 メンバーはJ.J.の当時のレギュラーグループ。インスタントのバンドじゃこうはいかない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 21, 2004 05:14 PM

カーティス・フラー(tb) 『Blues-Ette』

 二管の低音楽器が奏でる美しいハーモニー

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 23, 2004 07:19 PM

ブッカー・リトル(tp) 『Booker Little』

  部屋が格調高いジャズ喫茶になる。厚みのあるトランペットの音色がたまらない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 13, 2004 11:58 AM

ジョン・コルトレーン(ts) 『Giant Steps』 

 名手であってもその資質が音楽性に合わない例はいくつもある

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 18, 2004 12:55 PM

ロイ・へインズ(ds) 『Out Of The Afternoon』

 へインズのドラムが冴え渡るヴァン・ゲルダー録音。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 22, 2004 04:56 PM

ウエス・モンゴメリー(g) 『Incredible Jazz Guitar』

 『Full House』と並ぶジャズギターの金字塔。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 10, 2004 02:08 PM

ジーン・アモンズ(ts) 『Boss Tenor』

 ジャケットどおりのサウンド

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 15, 2004 09:49 AM