Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

フランク・シナトラ(vo) 『Swing Easy/Songs for Young Lovers』

Amazonで詳細を見る メロディを崩さず唄うシナトラは、ジャズ初心者がスタンダードナンバーを覚えるには最適だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 27, 2005 02:44 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Charlie Parker With Strings:The Master Takes』

Amazonで詳細を見る ムード音楽みたいに聞こえるかもしれないが、切り口が少々変わってるだけ、紛れもなく一級品のジャズだ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2005 12:24 PM

ジュリー・ロンドン(vo) 『Your Number Please...』

 アンドレ・プレヴィン指揮のフルオーケストラを従えた、なんともゴージャスな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 25, 2005 05:13 PM

エロール・ガーナー(p) 『Concert By The Sea』

 左手の合間を縫うように展開する右手のシングルトーンは”ビハインド・ザ・ビート”と呼ばれる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 29, 2005 05:50 PM

ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims and the Gershwin Brothers』

 「酒を飲みながら聴くジャズ」という言葉が嫌いだが、もし飲むんだったらこれを聴くだろうと思うのが本盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 9, 2004 12:00 AM

エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング 『Ella And Louis』

 御大サッチモとエラのデュエットによる心温まるバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 27, 2004 12:15 PM