Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ジョン・コルトレーン(ts,ss) 『Selflessness Featuring My Favorite Things』

 いきなりの咆哮から、ただごとでない雰囲気に引き込まれる実況録音

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 27, 2010 03:23 PM

エッタ・ジョーンズ(vo) 『Don't Go To Strangers』

 プレスティッジ初のミリオンセラー。ホリデイの影響を色濃く残しながら、若々しく張りのある歌声

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 21, 2010 01:41 PM

スタン・ゲッツ(ts) 『Stan Getz Quartets』

Amazonで詳細を見る ウディ・ハーマン楽団から独立したゲッツ初期の名盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 17, 2009 04:54 PM

ジョン・コルトレーン(ts,ss) 『Impressions』

Amazonで詳細を見る ライブ二曲の隙間にスタジオ録音]を挿入、単なる寄せ集めでない格調高い作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 23, 2009 10:51 AM

オリバー・ネルソン(as,ts) 『ブルースの真実』

 物悲しいテーマメロディは「嘆き」そのもの。ミッドセンチュリーのラグジュアリーな雰囲気にピッタリだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 11, 2009 02:29 PM

ホレス・シルバー(p) 『Six Pieces of Silver』

 ジャズメッセンジャーズほぼオリジナルメンバーでの録音で、大ヒットした「セニョール・ブルース」所収

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 5, 2006 11:42 AM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 2』

 過激な『Vol.1』に比べると随分聴きやすい

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 9, 2006 05:14 PM

ローランド・カーク(ts,mzo,str,fl) 『Domino』

 リード楽器を3本いっぺんに咥えて吹く盲目の怪人ローランドカークの代表作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 14, 2006 03:45 PM

テッド・カーソン(tp) 『Plenty of Horn』

 録音自体も生々しいのだが、カーソンのピッコロ・トランペットの音色が物凄く艶やかで美しい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 10, 2005 12:04 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis And Horns』

Amazonで詳細を見る ジョン・ルイスとアル・コーンが編曲を担当しているせいか、『クールの誕生』に近いイメージ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 28, 2005 03:15 PM

スタン・ゲッツ(ts) 『Focus』

 ジャズとして聴くべきものはあまりないように思う。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 20, 2005 04:48 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Charlie Parker With Strings:The Master Takes』

Amazonで詳細を見る ムード音楽みたいに聞こえるかもしれないが、切り口が少々変わってるだけ、紛れもなく一級品のジャズだ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2005 12:24 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『The Sound Of Sonny』

 アイデアの源泉はラジオから流れるポップス曲だったようで、良い曲を見つけてはレコーディングしていた

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 29, 2005 11:00 AM

エリック・ドルフィー(as,flu,cl,bass cl) 『Out There』

 難解とされながらも彼が多くの人々に愛されるのは、この美しい音色ゆえ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2005 11:42 AM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins with the Modern Jazz Quartet』

Amazonで詳細を見る 1曲1曲が短く聴きやすいので真夏の夜のドライブのお供に最適。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2005 01:59 PM

マッコイ・タイナー(p) 『Reaching Fourth』

 録音がコルトレーンの『Ballads』の次の日で、バラード曲の[2]はその流れを汲むリリカルな演奏。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 13, 2005 12:16 PM

ペギー・リー(vo) 『Beauty and the Beat!』

Amazonで詳細を見る シアリング・クインテットが軽快なビートを刻むのとは対照的に、彼女は丁寧に美しいメロディを唄い上げていく。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 1, 2005 02:07 PM

ワーデル・グレイ(ts) 『Wardell Gray Memorial,Vol.1』

 いい音だなあ、とつくづく思う。テナーの音はこうでなくっちゃ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 19, 2005 05:26 PM

オリバー・ネルソン(as,ts) 『Screamin' The Blues 』

 エリック・ドルフィー参加。とすれば、難解で前衛的な作品かと構えて聴いたら肩透かしを食らう。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 16, 2005 01:24 PM

カイ・ウィンディング、J.J.ジョンソン(tb) 『The Great Kai & J.J.』

 二本のトロンボーンが奏でる爽快なハーモニー。理屈抜きで楽しめる傑作だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 3, 2005 03:57 PM

チック・コリア(p) 『Now He Sings, Now He Sobs』

 最近のピアノトリオって、どれも本作の焼き直しのように聞こえてしょうがない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 9, 2004 02:01 PM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 1』

 鬼才バド・パウエルの作品のなかでも、最もアメイジングな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 03:29 PM

ロイ・へインズ(ds) 『We Three』

 この三人は実際に「ウイ・スリー」というバンド名で半年間ほど活動してたらしい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 10, 2004 04:27 PM

サラ・ヴォーン(vo) 『At Mister Kelly's』

 サラ本人も、観客とのやりとりを大いに楽しんでいる様子が伝わってくる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 26, 2004 03:23 PM

ブッカー・リトル(tp) 『Booker Little』

  部屋が格調高いジャズ喫茶になる。厚みのあるトランペットの音色がたまらない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 13, 2004 11:58 AM

ロイ・へインズ(ds) 『Out Of The Afternoon』

 へインズのドラムが冴え渡るヴァン・ゲルダー録音。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 22, 2004 04:56 PM