Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ケニー・バレル (g) 『A Generation Ago Today』

 チャーリー・クリスチャンの古きよきレパートリーで構成。特筆すべきはフィル・ウッズのアルト

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 10, 2010 11:00 AM

ギル・エヴァンス(p,arr.cond) 『ギル・エヴァンスの個性と発展』

Amazonで詳細を見る 不協和音を用いたアンサンブルが特徴のギル・エヴァンス。もともと地味だった盤が魅力的なボーナス曲で印象激変

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 11, 2010 02:01 PM

ジム・ホール(g) 『Concierto』

 ポール・デスモンド、チェット・ベイカーら、豪華メンバーによる美旋律のオンパレード

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 4, 2009 01:30 PM

フレディ・ハバード(tp) 『First Light』

 フレディのコンボ+ドン・セベスキー指揮のオーケストラで入れた都会的ジャズ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2009 03:02 PM

ジョージ・ベンソン(g) 『Giblet Gravy』

Amazonで詳細を見る R&Bのヒット曲をカバーして大衆ウケを狙った作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 3, 2008 04:40 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Sorcerer』

Amazonで詳細を見る 殆ど同時期に録音された『ネフェルティティ』と対をなす作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 31, 2008 03:12 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Quiet Nights』

Amazonで詳細を見る マイルスとギルがボサノヴァをやろうとしたリハーサル音源を、プロデューサーのテオ・マセロが彼らに無断で発売

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 30, 2008 03:41 PM

ボブ・ジェームス (key) 『Touchdown』

 ホームセンターやスーパーのBGMによくこういう音楽がかかってる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 1, 2008 06:32 PM

アストラッド・ジルベルト(vo) 『Gilberto With Turrentine』

Amazonで詳細を見る 飛び交う掛け声(アイアート?)と共に盛り上がっていく[5]が圧巻!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 28, 2007 12:36 PM

アントニオ・カルロス・ジョビン(p,vo) 『Antonio Brasilero』

Amazonで詳細を見る ボサノヴァ創造主”トム”ジョビンの集大成ともいうべき最終作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 18, 2007 02:44 PM

アントニオ・カルロス・ジョビン(p,g,harpsichord) 『Wave』

Amazonで詳細を見る ジョビンの名曲の数々が優雅な時間を演出してくれる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 10, 2007 12:52 PM

ビル・エヴァンス(p) 『Funkallero』

 ズート・シムズを含む'62年のセッションが、嬉しい廉価限定盤で登場

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 3, 2006 11:44 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Europe』

Amazonで詳細を見る フランス公演だから一発目にシャンソンの「枯葉」

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 6, 2006 01:04 PM

ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.ニューポートの追想』

 当時一緒に演奏してたメンバーを集めて、ハンコックの音楽史を再現

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 1, 2006 09:50 AM

ウイントン・マルサリス(tp) 『Wynton Marsalis』

 彗星のごとく現れた天才トランペッター、ウイントン・マルサリス衝撃のデビュー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 6, 2006 10:35 AM

マイルス・デイヴィス(tp,flh) 『Directions』

Amazonで詳細を見る 1960~'70年までの未発表音源集で、アコースティックからエレクトリックへの変遷を辿る内容

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 4, 2006 04:30 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In The Sky』

Amazonで詳細を見る これぞマイルス主導の音楽だという御大の気迫が感じられる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 29, 2006 01:42 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Nefertiti』

Amazonで詳細を見る マイルスが純粋なアコースティックなジャズをやった最後の作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 24, 2006 02:55 PM

ブランフォード・マルサリス(ts,ss) 『Royal Garden Blues』

 フレッシュで爽快感溢れる'80年代の"『ジャイアント・ステップス』

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2006 03:00 PM

『Round Midnight/Original Motion Picture Soundtrack』

 バド・パウエルをモデルにしたデクスター・ゴードン主演の映画『ラウンド・ミッドナイト』のサントラ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2006 02:13 PM

ウエス・モンゴメリー(g) 『A Day in the Life』

Amazonで詳細を見る ウエスのギターに対抗し、指揮者ドン・セベスキーがストリングスオーケストラを武器に闘っているかのようだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 12, 2006 11:03 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Smiles』

Amazonで詳細を見る 本盤でのトニーは、打力の強さでなく、響かせる技が印象的だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 27, 2005 11:20 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『E.S.P.』

Amazonで詳細を見る 黄金のクインテット初のスタジオ録音。ショーターの加入を境として、マイルスの音楽性は急速な変化を遂げる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 22, 2005 03:54 PM

トニー・ウイリアムス(ds) 『Life Time』

 トニー18歳の初リーダー作は前衛である。難しいからこのテの音楽が嫌いな人は無理してまで聴く必要はない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 20, 2005 12:44 PM

ナンシー・ウィルソン(vo) 『But Beautiful』

 代表作といえるのがこれ。ハンク・ジョーンズのトリオ+ギターをバックに、しっとりと唄うバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 18, 2005 10:17 AM

ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.-The Quintet』

 '77年に行われたバークレイとサンディエゴでの実況盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 2, 2005 10:04 AM

ハービー・ハンコック(p) 『Herbie Hancock Trio with Ron Carter+Tony Williams』

 僅かしかないピアノトリオでのレコードのひとつ。スタンダードを軸とした親しみ易いサウンド

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 30, 2005 02:59 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Berlin』

Amazonで詳細を見る 疾走するリズムをまるで達観するかのようにテナーを滑り込ませるショーター

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 14, 2005 10:37 AM

ザ・グレイト・ジャズ・トリオ 『At The Villege Vanguard』

 トニーのバスドラが炸裂する[1]はジャズ喫茶「ベイシー」のスピーカーを傷めるほどの凄まじい低音力

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 20, 2005 02:57 PM

ウエス・モンゴメリー(g) 『So Much Guitar!』

 オクターブ奏法のパイオニア。ピックを使わず親指で弾く柔らかなアタックも特徴的だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 10, 2005 03:45 PM

ビル・エヴァンス(p) 『Green Dolphin Street』

 マイルスのバンドを退団後、レギュラートリオ結成までの合間に行われたセッション

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2005 02:30 PM

エリック・ドルフィー(as,flu,cl,bass cl) 『Out There』

 難解とされながらも彼が多くの人々に愛されるのは、この美しい音色ゆえ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2005 11:42 AM

マッコイ・タイナー(p) 『The Real McCoy』

 火薬の臭いがするまるで核弾頭のようなレコード。イエー!リアル・マッコイ!(こりゃあホンモノだぜ!)

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 17, 2005 05:14 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Seven Steps To Heaven』

Amazonで詳細を見る 全編爽やかで溌剌とした演奏。初顔合せ、トニー・ウイリアムスのドラミングが凄い!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 8, 2005 09:48 AM

ハービー・ハンコック(p) 『Speak Like A Child』

 「処女航海」の延長線上にありながらも、より洗練され、他に類を見ないスマートな音楽

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 26, 2005 10:39 AM

ハービー・ハンコック(p) 『Empyrean Isles』

 V.S.O.P.からウェイン・ショーターが抜けたカルテット編成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 14, 2005 04:15 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Water Babies』

Amazonで詳細を見る 前半はウエイン、ハービー、ロン、トニーといった”黄金のクインテット”時代の録音だけあって実に素晴らしい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 27, 2005 10:00 AM

ハービー・ハンコック(p) 『Quartet』

 V.S.O.P.のリズムセクションにウイントン・マルサリスを加えたカルテットによるスタンダード集

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 14, 2005 09:56 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Filles de Kilimanjaro』

Amazonで詳細を見る 音楽シーンはヨーロッパ的なものから移行しつつあり、その断面にはジミヘンの影がチラチラ覗く

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 7, 2005 03:27 PM

ハービー・ハンコック(p) 『Maiden Voyage』

 邦題『処女航海』。まさに”不朽の名作”という表現がぴったりくるハンコックの名盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 25, 2005 11:50 AM

チャーリー・パーカー(as) 『BIRD/Soundtrack』

 オリジナル音源からパーカーのアルト部分のみを抽出。現代のミュージシャンによる伴奏を合成。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 10, 2005 03:17 PM

マッコイ・タイナー(p) 『Fly With the Wind 』

 大袈裟なマッコイの傑作。最高にドラマチックで大迫力!そしてカッコイイ!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 3, 2005 05:10 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Tokyo』

Amazonで詳細を見る 相当練習を積んだなということがありありとわかるほど本盤のマイルスは格段にうまくなってる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 11:37 PM

スタン・ゲッツ(ts),ビル・エヴァンス(p) 『Stan Getz/Bill Evans』

Amazonで詳細を見る ゲッツもエヴァンスもまるで人が変わったように硬質なプレイの異色作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 11, 2004 12:11 PM

スタンリー・タレンタイン(ts)『Cherry』

 あまりのカッコ良さにジャケットとタイトルを確認、方々のジャズ喫茶でリクエストしまくったことを思い出す。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 6, 2004 01:27 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Four & More』

Amazonで詳細を見る いかんいかん!ヌルいジャズばかり聴いてちゃいかん!こういうのを聴かないでどうするか

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 8, 2004 10:04 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『My Funny Valentine』

Amazonで詳細を見る 全編を貫く鋭い緊張感は他の追随をまったく許さない。凄すぎるライブ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 7, 2004 10:06 AM

V.S.O.P.ザ・クインテット 『Live Under The Sky '79』 

 熱病に冒されたように本作の「アイ・オブ・ザ・ハリケーン」を聴きまくった

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 29, 2004 10:27 AM

ジョー・ヘンダーソン(ts) 『Mode For Joe』

 ジョー・チェンバースのバスドラに痺れる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2004 09:36 AM