Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ビル・エヴァンス(p) 『At Shelly's Manne-Hole』

 独特の和声でダイヤ原石のように硬質な仕上がり

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 2, 2011 04:00 PM

クロード・ウイリアムソン(p) 『'Round Midnight』

 オリジナリティを出そうなんて大それたことは考えず、ひたすらパウエルに肉迫することを目指す

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 18, 2011 11:58 AM

ナタリー・コール(vo) 『アンフォゲッタブル』

 ナタリーはナット・キング・コールの娘、偉大な父に捧げるように唄ったゴージャスなスタンダード曲集

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 20, 2006 10:37 AM

ジュリー・ロンドン(vo) 『Your Number Please...』

 アンドレ・プレヴィン指揮のフルオーケストラを従えた、なんともゴージャスな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 25, 2005 05:13 PM

ベン・ウェブスター(ts) 『See You At The Fair』

 聴き物なのがピアノの代りにハープシコードを入れた[5]と[8]。哀愁のトーンがノスタルジックでイイ感じだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 29, 2005 07:02 PM

モダン・ジャズ・カルテット 『Concorde』

 『ジャンゴ』に続くMJQの古典。ジョン・ルイスの粘るピアノはバッキングも含め必聴の素晴らしさ!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 28, 2005 04:15 PM

エラ・フィッツジェラルド(vo) 『Ella in Berlin : Mack the Knife』

Amazonで詳細を見る ハツラツとした美声。抜群のスイング感。ベルリンの聴衆の興奮が見えるよう。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 3, 2005 10:30 AM

J.J.ジョンソン(tb) 『Dial J.J.5』

 メンバーはJ.J.の当時のレギュラーグループ。インスタントのバンドじゃこうはいかない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 21, 2004 05:14 PM

ジョージ・ウォーリントン(p) 『Jazz For The Carriage Trade』

 本作はカラッと爽快にスイングする。きっとこの日はメンバー全員上機嫌だったのだろう。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 30, 2004 11:33 AM

デクスター・ゴードン(ts) 『Our Man In Paris』

 パリに移住したケニー・クラーク、バド・パウエルとの意欲溢れる再会セッション。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 27, 2004 04:27 PM

レスター・ヤング(ts) 『Pres And Teddy』

 「眉がハの字」になる。これぞ最上。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 18, 2004 05:15 PM