Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

クリフォード・ブラウン(tp),マックス・ローチ(ds) 『Brown and Roach Incorporated』

 ブラウン~ローチ双頭コンボのエマーシー第一弾は、その名も『ブラウン&ローチ株式会社』

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 20, 2010 10:52 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『At Last』

 LAの”ライトハウス”で、マックス・ローチと共に飛入り参加した際の音源

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 19, 2010 04:51 PM

アビー・リンカーン(vo) 『That's Him』

 リラックスした快唱が楽しめる。黒人女性ボーカルの秀作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 3, 2009 04:50 PM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Monk Trio』

 約半世紀もの昔、LP化する際にアナログでリマスタリング

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 22, 2009 04:25 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Early Milestones』

Amazonで詳細を見る パーカーのサイドメン時代のマイルスを聴くためなら、これ一枚あれば充分

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 29, 2007 12:05 PM

チャーリー・パーカー(as,ts) 『The Savoy Recordings (master takes)』

Amazonで詳細を見る チャーリー・パーカーがサボイ・レーベルに残したスタジオ録音のマスターテイク集

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 6, 2006 04:50 PM

クリフォード・ブラウン(tp),マックス・ローチ(ds) 『Clifford Brown and Max Roach』

 アルバム全体がブラウニーのソロのように起伏に富み、ドラマチックに展開する。典型的ハードバップの傑作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 14, 2006 01:23 PM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 2』

 過激な『Vol.1』に比べると随分聴きやすい

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 9, 2006 05:14 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『クールの誕生』

Amazonで詳細を見る 明るい日差しとエーゲ海の爽やかな風が吹いてくるよう

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2006 01:39 PM

セロニアス・モンク(p) 『Genius Of Modern Music Vol.2』

 モンク一人で引っ張っていたような『Vol.1』に比べるとサイドメンの活躍が目立つ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2006 01:40 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins vol.1』

 ブルーノート移籍第一弾。同じスタジオで演奏してるのに、プレスティッジ時代とはガラリと雰囲気が違ってる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 23, 2006 05:49 PM

ソニー・クラーク(p) 『Sonny Clark Trio』

 独特の陰鬱な雰囲気のなか、バド・パウエルを彷彿とさせるバップフレーズが踊る

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 12, 2006 10:54 AM

クリフォード・ブラウン(tp) 『The Best Of Clifford Brown And Max Roach In Concert』

 ブラウン~ローチ・クインテットの代表作として有名なライブ盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 23, 2005 05:23 PM

チャーリー・パーカー(as) 『The Complete Royal Roost Live Recordings On Savoy Years Vol.2』

 1948年のクリスマス、”ロイヤル・ルースト”で行われたラジオ番組の実況中継

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 6, 2005 02:33 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins Plus 4』

 [1]を始め愛らしいメロディの曲が多く、意外とファンの人気は高い。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 16, 2005 03:13 PM

サド・ジョーンズ(tp) 『The Magnificent Thad Jones』

 ベイシー・オーケストラでの同曲も良いが、この沈静化した「パリの四月」は必聴。サド・ジョーンズの最高傑作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 1, 2005 04:58 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Jazz at Massey Hall』

 ビバップの巨人たちによるカナダ、トロントでのライブ録音。パーカーは借り物のプラスチック製アルトで登場

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 13, 2005 11:08 AM

J.J.ジョンソン(tb) 『J.J.Johnson's Jazz Quintets』

 初リーダー・レコーディングを含む3つのセッション。いずれも’40年代の録音で、ビ・バップ・スタイルを踏襲。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 2, 2005 11:20 AM

クリフォード・ブラウン(tp) 『Study in Brown』

 うまく鳴らせば鮮烈な音で鳴るという噂の盤だが、残念ながら当店ではいつもショボイ音...

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 30, 2005 05:05 PM

セロニアス・モンク(p) 『Brilliant Corners』

 ”バップ高僧”セロニアス・モンクの代表作のひとつで、本作のヒットによりモンクの名声は不動のものとなった

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 4, 2005 08:31 AM

ダイナ・ワシントン(vo) 『Dinah Jams featuring Dinah Washington』

 ”ブルースの女王”ダイナ・ワシントンと西海岸オールスターによる熱気ムンムンのライブ盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 5, 2005 06:08 PM

クリフォード・ブラウン(tp)他 『Jam Session』

 傑作ライブ盤『ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』と同一ロケーションの姉妹作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 31, 2005 03:16 PM

サド・ジョーンズ(tp) 『The Magnificent Thad Jones vol.3』

 トランペッターとしていちばん好きなのがサド・ジョーンズ。ベイシー楽団よりもブルーノートのリーダー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 30, 2005 05:08 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Saxophone Colossus』

 全員が絶好調のセッションにして聴き所満載の超名盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 9, 2005 01:27 PM

バド・パウエル(p) 『Jazz Giant』

 何度聴いても飽きることがない。それどころか、じっくりと聴けば聴くほどに味わい深いのが本盤だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 18, 2005 10:36 AM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 1』

 鬼才バド・パウエルの作品のなかでも、最もアメイジングな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 03:29 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Jazz Perennial』

 真の天才は一見なんでもないことをやってるときにこそ、その恐ろしさを垣間見ることができる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 9, 2004 03:00 PM

バド・パウエル(p) 『The Bud Powell Trio』

 パウエル派の聖典にして、ピアノトリオの原点。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 9, 2004 02:02 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Blue Haze』 

Amazonで詳細を見る 『Walkin'』『Dig』などの傑作の影に隠れ、いまひとつ注目を浴びない本作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 2, 2004 01:07 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Now's The Time』

 パーカーの全盛期は'40年代で劣悪な録音のものが多いが、本盤は゜50年代の作品で録音もまとも。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 28, 2004 12:58 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Work Time』

 漲るパワー!この風格!凄い!凄すぎる!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 24, 2004 09:30 AM