Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ジョニ・ジェイムス(vo) 『Let There Be Love』

 寺島靖国さんがジョニ・ジェイムスのことを誉めまくっていたことがあって、わたしも釣られて何枚か購入

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 26, 2006 02:29 PM

ジョニー・ソマーズ(vo) 『Johnny Get Angry』

 国民的歌手と呼ばれるまでに出世した。そのきっかけとなったのがこの「内気なジョニー[1]」

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 5, 2006 09:40 AM

サド・ジョーンズ(tp) 『Detroit-New York Junction』

 キメキメのエンディングでビシッと終る。このへんがブルーノート

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 20, 2006 06:30 PM

レイ・ブラウン(b) 『Something for Lester』

 ベースの神様レイ・ブラウン'77年のリーダー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 22, 2006 07:15 PM

ジョン・ルイス(p) 『The John Lewis Piano/Jazz Piano International』

 MJQからミルト・ジャクソンが抜け、代わりにギターを入れた編成。MJQよりさらに詩的で静かな印象の作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 5, 2005 12:49 PM

フランク・シナトラ(vo) 『Swing Easy/Songs for Young Lovers』

Amazonで詳細を見る メロディを崩さず唄うシナトラは、ジャズ初心者がスタンダードナンバーを覚えるには最適だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 27, 2005 02:44 PM

ステイシー・ケント(vo) 『Dreamsville』

 前作のようなスインギーな軽快さはなく、しっとりした仕上がりのバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 22, 2005 09:53 AM