Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ウイントン・マルサリス(tp) 『The Midnight Blues – Standard Time, Vol. 5

 小音量で流していても、ラッパに耳が吸い寄せられる。メチャクチャうまい

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 21, 2011 04:32 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis Volume 2』

Amazonで詳細を見る '54年録音のホレス・シルバー入りワンホーンセッションを中心とした構成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 9, 2007 05:28 PM

ジュリー・ロンドン(vo) 『Julie Is Her NameVol.1/2』

 ギター、ベースのみをバックに悩ましい歌唱。美人女性ボーカルの定番

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 10, 2006 04:15 PM

ジョン・ルイス(p) 『The John Lewis Piano/Jazz Piano International』

 MJQからミルト・ジャクソンが抜け、代わりにギターを入れた編成。MJQよりさらに詩的で静かな印象の作品

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 5, 2005 12:49 PM

キース・ジャレット(p) 『Standards,Vol.1』

 スタンダード以降のジャズシーンに現れたキースが、'83年、敢えてスタンダードに挑戦したシリーズ第一弾

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 9, 2005 12:55 PM

ベヴ・ケリー(vo) 『Bev Kelly in Person』

 ベヴ・ケリーは女流ピアニスト、パット・モランのバンドに居たシンガー。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 25, 2005 01:44 PM

スタン・ゲッツ(ts),J.J.ジョンソン(tb) 『Stan Getz And J.J. Johnson At The Opera House』

 ゲッツとJ.J.が絡みながらコンサートが進行するが、それぞれ得意のバラード曲[8]や[9]もさすがの腕前

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 11, 2005 10:30 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Workin'』

Amazonで詳細を見る 世界一のグループが演奏した最高のジャズがここにある!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 23, 2005 12:22 PM

ナンシー・ウィルソン(vo) 『Welcome to My Love 』

Amazonで詳細を見る 本盤を聴くと、サンフランシスコの町並みを思い出す。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 17, 2005 02:34 PM

シビル・シェパード(vo) 『Mad About The Boy』

Amazonで詳細を見る 大女優シビル・シェパードがスタン・ゲッツ、フランク・ロソリーノらをバックに入れたボサノヴァ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 17, 2005 09:39 AM

チェット・ベイカー(tp) 『CHET』

 美女に寄り添われて、これほど絵になるチェットが羨ましい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 17, 2004 09:42 AM