Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

リタ・ライス(vo) 『Rita Reys Meets Oliver Nelson』

 バックはオリヴァー・ネルソン編曲指揮による欧米混合バンド

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 3, 2009 07:52 PM

ローズマリー・クルーニー(vo) 『Clap Hands Here Comes Rosie/Fancy Meeting You Here』

 『クラップ・ハンズ・ヒア・カムズ・ロージー』と『ファンシー・ミーティング・ユー・ヒア』のカップリング

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 1, 2006 01:06 PM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 2』

 過激な『Vol.1』に比べると随分聴きやすい

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 9, 2006 05:14 PM

J.J.ジョンソン(tb) 『The Eminent Jay Jay Johnson, Vol.2』

 ハンク・モブレー、ホレス・シルバー参加の’55年のセッションを軸に構成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 1, 2006 10:28 AM

チェット・ベイカー(vo,tp) 『It Could Happen to You』

 リバーサイド専属になっての第一作。パシフィック時代にはやらなかったスキャットを取り入れている

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 7, 2005 10:18 AM

バーニー・ケッセル(g),シェリー・マン(ds),レイ・ブラウン(b) 『The Poll Winners』

 ツーといえばカーと応える飲込みの良さで複雑な曲も見事にこなす。カフェの上質なBGMとしても最適

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 7, 2005 09:39 AM

ソニー・ロリンズ(ts) 『The Sound Of Sonny』

 アイデアの源泉はラジオから流れるポップス曲だったようで、良い曲を見つけてはレコーディングしていた

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 29, 2005 11:00 AM

ソニー・クラーク(p) 『Dial "S" for Sonny』

 ホレス・シルバー・クインテットから引抜いてきたかのような布陣でもサウンドはソニー・クラークのもの。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 17, 2005 03:24 PM

ジュリー・ロンドン(vo) 『Your Number Please...』

 アンドレ・プレヴィン指揮のフルオーケストラを従えた、なんともゴージャスな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 25, 2005 05:13 PM

モニカ・ゼタールンド(vo),ビル・エヴァンス(p) 『Waltz For Debby』

Amazonで詳細を見る エヴァンスが唄う(!?)「サンタが街にやってくる」を聴かされ、たいへんショックを受けた。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 29, 2004 06:01 PM

J.J.ジョンソン(tb) 『Dial J.J.5』

 メンバーはJ.J.の当時のレギュラーグループ。インスタントのバンドじゃこうはいかない。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 21, 2004 05:14 PM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 1』

 鬼才バド・パウエルの作品のなかでも、最もアメイジングな一枚。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 03:29 PM

アンドレ・プレビン(p) 『King Size!』

 ジャズ喫茶「ベイシー」の菅原氏に「録音の凄さをまざまざと見せつけられた」と云わしめた名作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 10, 2004 08:49 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Relaxin'』

Amazonで詳細を見る コルトレーンを擁する’56年のマイルスバンドは、一味も二味も違う洗練されたスタイルを確立している。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 13, 2004 05:31 PM