Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ライオネル・ハンプトン(vib),スタン・ゲッツ(ts) 『Hamp & Getz』

 いつものゲッツも、ハンプトンのかけ声に押されて、天才の本気爆発

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 19, 2011 03:08 PM

チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings Again』

 '85年のオランダ録音だが、日本で企画制作されたもの

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 7, 2006 04:53 PM

ローズマリー・クルーニー(vo) 『Clap Hands Here Comes Rosie/Fancy Meeting You Here』

 『クラップ・ハンズ・ヒア・カムズ・ロージー』と『ファンシー・ミーティング・ユー・ヒア』のカップリング

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 1, 2006 01:06 PM

チャールス・マクファーソン(as) 『Live at the Five Spot』

Amazonで詳細を見る マクファーソンのアルトがフラット気味に迫ってくるバラードの[5]が聞き物

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 10, 2006 10:42 AM

バド・パウエル(p) 『Bud Powell in Paris』

 御大デューク・エリントンがプロデュースした後期パウエルの代表作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 7, 2006 11:49 AM

クリフォード・ブラウン(tp) 『The Best Of Clifford Brown And Max Roach In Concert』

 ブラウン~ローチ・クインテットの代表作として有名なライブ盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 23, 2005 05:23 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『A Night At The "Village Vanguard"』

 ロリンズ得意のピアノを抜いたトリオによる、クラブ”ヴィッレッジ・ヴァンガード”でのライブ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 2, 2005 10:24 AM

デューク・エリントン(p) 『Duke Ellington Presents...』

Amazonで詳細を見る 古い箪笥の中にしまってあったお気に入りのシャツのようなレコード

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 24, 2005 06:04 PM

リー・コニッツ(as) ウォーン・マーシュ(ts) 『Lee Konitz With Warne Marsh』

 フワフワとしたトーンが心地よく、まるで兄弟で唄ったデュオのよう。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 21, 2005 10:17 AM

リッチー・コール、ハンク・クロフォード(as) 『Bossa International』

Amazonで詳細を見る ハンク・クロフォードをゲストに迎え、リッチーが「胸を借りる」形での夢の競演

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 8, 2005 11:16 AM

チャールス・ミンガス(p) 『Mingus Plays Piano』

 ベースの巨人ミンガスがソロピアノに挑戦した異色作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 14, 2005 10:42 AM

アニタ・オデイ(vo) 『This Is Anita』

Amazonで詳細を見る しっとり落ちついた歌唱、内容も充実しており老若男女誰にでも強くお勧めできる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 30, 2005 02:43 PM

シビル・シェパード(vo) 『Mad About The Boy』

Amazonで詳細を見る 大女優シビル・シェパードがスタン・ゲッツ、フランク・ロソリーノらをバックに入れたボサノヴァ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 17, 2005 09:39 AM

バニー・ベリガン(tp) 『Take It,Bunny!』

 「云い出しかねて」の極めつけ。波止場の安酒場に迷い込んだような甘い空気が部屋中に広がる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 3, 2005 05:26 PM

ハロルド・アシュビー(ts) 『What Am I Here For?』

 寺島靖国さんがアキュフェーズ社長・出原宅訪問時に試聴した「Cジャム・ブルース」所収。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 10, 2004 12:51 PM

ポール・ブレイ(p) 『Introducing Paul Bley』

 演奏に心を込めないとサンタは街にやってこないのだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 30, 2004 01:39 PM

ナンシー・ウィルソン(vo),キャノンボール・アダレイ(as) 『Nancy Wilson & Cannonball Adderley』

 キャノンボールにしては珍しく簡潔でくどくないポップな仕上がり。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 3, 2004 11:11 AM

ジョン・ルイス(p) 『Grand Encounter』

 ジョン・ルイス会心の大傑作。一度は聴くべし。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 12, 2004 05:34 PM