Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ハービー・ハンコック(p) 『Takin' Off』

 ハービー初のリーダー作。若き才能が溢れんばかりのバラエティに富んだ内容

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 4, 2009 02:10 PM

フレディ・ハバード(tp) 『First Light』

 フレディのコンボ+ドン・セベスキー指揮のオーケストラで入れた都会的ジャズ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2009 03:02 PM

オリバー・ネルソン(as,ts) 『ブルースの真実』

 物悲しいテーマメロディは「嘆き」そのもの。ミッドセンチュリーのラグジュアリーな雰囲気にピッタリだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 11, 2009 02:29 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『East Broadway Run Down』

 コルトレーンの向こうを張って、きわめて挑戦的なレコードであるが、あまり深刻にならないところが王者ロリンズ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 30, 2009 01:57 PM

ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.ニューポートの追想』

 当時一緒に演奏してたメンバーを集めて、ハンコックの音楽史を再現

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 1, 2006 09:50 AM

デクスター・ゴードン(ts) 『Doin' Allright』

 '40年代にならしたベテランのゴードンにとって、ブルーノートレーベルでの初リーダー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 4, 2006 04:03 PM

ケニー・ドリュー(p) 『Undercurrent』

 全曲ドリューのオリジナルで、ブルーノートらしい真っ黒けの傑作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 5, 2006 06:56 PM

『Round Midnight/Original Motion Picture Soundtrack』

 バド・パウエルをモデルにしたデクスター・ゴードン主演の映画『ラウンド・ミッドナイト』のサントラ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2006 02:13 PM

フレディ・ハバード(tp) 『Hub Cap』

 リズムを牽引するフィリー・ジョー・ジョーンズの烈火のごときドラミングが聞き物だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 25, 2005 07:22 PM

ハービー・ハンコック(p) 『V.S.O.P.-The Quintet』

 '77年に行われたバークレイとサンディエゴでの実況盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 2, 2005 10:04 AM

ハンク・モブレー(ts) 『Roll Call』

 『ソウル・ステーション』、『ワークアウト』、そして本盤の三枚を以ってモブレーの最高傑作とされる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 14, 2005 03:20 PM

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 『Caravan』

 3管でモーダルなサウンドを狙ったジャズ・メッセンジャーズの人気盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 2, 2005 01:33 PM

ハービー・ハンコック(p) 『Empyrean Isles』

 V.S.O.P.からウェイン・ショーターが抜けたカルテット編成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 14, 2005 04:15 PM

ハービー・ハンコック(p) 『Maiden Voyage』

 邦題『処女航海』。まさに”不朽の名作”という表現がぴったりくるハンコックの名盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 25, 2005 11:50 AM

ジャッキー・マクリーン(as) 『Bluesnik』

 「ビートニク」ならぬ「ブルースニク」。全曲ブルースで、聴けば聴くほどに味が出る。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2005 05:42 PM

ジョン・コルトレーン(ts) 『Stardust』

 こんなに適当に作ったって、これほど良い内容のレコードができてしまうのだ!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 26, 2004 05:28 PM

V.S.O.P.ザ・クインテット 『Live Under The Sky '79』 

 熱病に冒されたように本作の「アイ・オブ・ザ・ハリケーン」を聴きまくった

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 29, 2004 10:27 AM

ポール・チェンバース(b) 『Go』

 胸のすくような快演「ジャスト・フレンズ」

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 21, 2004 05:00 PM

フレディ・ハバード(tp) 『Open Sesame』

 「ジプシー・ブルー」!こういう演歌チックなブルーノート・オリジナル曲に目がない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2004 09:20 AM