Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

エッタ・ジョーンズ(vo) 『Don't Go To Strangers』

 プレスティッジ初のミリオンセラー。ホリデイの影響を色濃く残しながら、若々しく張りのある歌声

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 21, 2010 01:41 PM

『The Cotton Club/Orginal Motion Picture Soundtrack』

Amazonで詳細を見る  1985年公開、フランシス・コッポラ監督、リチャード・ギア主演の映画「コットン・クラブ」のサントラ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 18, 2009 03:20 PM

カウント・ベイシー・オーケストラ 『April In Paris』

 「ワン・モア・タイム!」の掛声で繰り返し演奏される表題曲が有名。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 2, 2009 04:37 PM

モーリス(vo) 『I've Never Been in Love Before』

Amazonで詳細を見る 濃厚なコロンの香りに混じって生温かい体臭が漂ってくる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2006 04:44 PM

カウント・ベイシー・オーケストラ 『Basie In London』

 『イン・ロンドン』とあるが、実はスエーデンでの実況録音。'50年代を代表するベイシーバンドの傑作ライブ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 9, 2005 02:56 PM

カウント・ベイシー(p) 『Count Basie And The Kansas City 7』

 ベイシーのコンボ物として人気があり、録音も優秀とあってオーディオマニアの所有率も高い。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 8, 2005 05:48 PM

ミルト・ジャクソン(vib) 『Opus de Jazz』

 極太ウォーキング・ベースがぶんぶん唸るなか、強くなったり、弱くなったりしながらエクスタシーへ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 11, 2004 11:11 AM

カウント・ベイシー・オーケストラ 『Atomic Basie』

 ベイシーをどれか一枚となるとやはりこれか。疾風のようなブラスアンサンブル。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 8, 2004 06:05 PM