Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

マイルス・デイヴィス(tp) 『At Last』

 LAの”ライトハウス”で、マックス・ローチと共に飛入り参加した際の音源

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 19, 2010 04:51 PM

シェリー・マン(ds) 『My Fair Lady』

 「マイ・フェア・レディ」の名曲の数々を、音楽監督のアンドレ・プレヴィン自らジャズピアノでアレンジ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 16, 2009 01:28 PM

シェリー・マン(ds) 『The West Coast Sound』

 ビル・ラッソ、ショーティ・ロジャースらのペンになる名手シェリー・マンのアンサンブルセッション

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 30, 2009 04:43 PM

ハンプトン・ホーズ(p) 『Four!』

 カリフォルニアの空のようにスカッと晴れ渡った快演!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 25, 2009 02:32 PM

レイ・ブラウン(b) 『Something for Lester』

 ベースの神様レイ・ブラウン'77年のリーダー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 22, 2006 07:15 PM

ハンプトン・ホーズ(p) 『Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3:The Trio』

 スイングするワニのジャケットで人気の軽快なピアノトリオ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 5, 2006 02:02 PM

バーニー・ケッセル(g),シェリー・マン(ds),レイ・ブラウン(b) 『The Poll Winners』

 ツーといえばカーと応える飲込みの良さで複雑な曲も見事にこなす。カフェの上質なBGMとしても最適

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 7, 2005 09:39 AM

ベニー・カーター(as,tp) 『Jazz Giant』

 懐かしい薫りのする題材を、西海岸の名手と共にモダンな感覚に蘇らせている。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 6, 2005 10:36 AM

ハンプトン・ホーズ(p) 『Hampton Hawes Vol.1:The Trio』

 音色は勿論のこと、軽快で歯切れ良い奏法自体がホーズの魅力。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 4, 2005 04:00 PM

ビクター・フェルドマン(vib,p) 『The Arrival of Victor Feldman』

 マレットが音板にそっと触れるような繊細なタッチが魅力。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 15, 2005 10:52 AM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Way Out West』

 コッコチチコッコチチコッコチドン!コチチコッコッチチコッコチチコッコチドン!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 9, 2005 01:42 PM

フィニアス・ニューボーンJr.(p) 『A World Of Piano!』

 フィニアス・ニューボーンは良い意味で分り易いピアノを弾くから、ジャズ初心者の人に是非聴いてほしい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 29, 2005 02:14 PM

アート・ペッパー(as) 『Intensity』

 パーカーの「ラヴァー・マン」にちょうど相当するのが、本作での「降っても晴れても」

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 11, 2004 10:12 AM

ハロルド・ランド(ts) 『Harold in the Land of Jazz』

 左にペットとテナー、右チャンネルにリズム隊、ぱっくり分れているのがなんとも不自然。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 24, 2004 04:29 PM

レッド・ミッチェル(b) 『Presenting Red Mitchell』

 西海岸の人気ベーシスト、レッド・ミッチェルがワンホーンで入れたリーダー作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 23, 2004 06:42 PM

アート・ペッパー(as) 『Art Pepper Meets The Rhythm Section 』

 スタイルが変わっても瞬時に追随するは、さすが”オール・アメリカン・リズムセクション”。定番中の定番

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 12, 2004 01:33 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins and the Contemporary Leaders』

 バラード曲「月のチャペル」のロリンズ節に降参。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 7, 2004 02:28 PM

”ジャズ喫茶「ベイシー」の選択”に登場したレコード一覧

 本書は再読、再々読に耐える数少ないジャズ本、オーディオ本のひとつだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 25, 2004 11:05 PM

カーティス・カウンス(b) 『Landslide』

Amazonで詳細を見る 「Fifth for Frank」。これを聴いたらドラムソロが苦手な人でもきっと好きになる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 22, 2004 08:56 AM

アンドレ・プレビン(p) 『King Size!』

 ジャズ喫茶「ベイシー」の菅原氏に「録音の凄さをまざまざと見せつけられた」と云わしめた名作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 10, 2004 08:49 AM

バーニー・ケッセル(g) 『Music to Listen to Barney Kessel By』

 ケッセルの編曲センスが光る

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 16, 2004 09:44 AM