Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ズート・シムズ(ts) 『For Lady Day』

 ズートは'50年代よりも、枯れてコブシの効いた'70年代がいい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 30, 2012 04:02 PM

ウエス・モンゴメリー(g) 『Navy Swing』

Amazonで詳細を見る ウエスがソロを取っているのは、16曲中[1][2][6]のわずか3曲

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 20, 2009 03:48 PM

ウィルバー・ウェア(b) 『Chicago Sound』

 シカゴゆかりのミュージシャンを集めて録音したウィルバー・ウェアのリーダー作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 13, 2008 02:40 PM

チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings Again』

 '85年のオランダ録音だが、日本で企画制作されたもの

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 7, 2006 04:53 PM

ジェリー・マリガン(bs),ポール・デスモンド(as) 『Quartet』

 マリガンとデスモンドが壮絶なバトルを繰り広げる。二人とも一見クールな表情を装っているが目は真剣

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 15, 2006 11:09 AM

ジョン・コルトレーン(ts,ss) 『Coltrane's Sound』

 内容はおどろおどろしい感じではなく、意外と爽やか。特にソプラノで吹く[2]は都会的でこよなく美しい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 15, 2006 05:18 PM

スタン・ゲッツ(ts) 『Stan Getz Plays』

 '52年ヴァーヴ・レーベルでの初レコーディング。ナローレンジで、いかにも”昔のジャズ”という雰囲気

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 10, 2006 12:10 PM

バド・パウエル(p) 『Bud Powell in Paris』

 御大デューク・エリントンがプロデュースした後期パウエルの代表作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 7, 2006 11:49 AM

モーリス(vo) 『I've Never Been in Love Before』

Amazonで詳細を見る 濃厚なコロンの香りに混じって生温かい体臭が漂ってくる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2006 04:44 PM

『Round Midnight/Original Motion Picture Soundtrack』

 バド・パウエルをモデルにしたデクスター・ゴードン主演の映画『ラウンド・ミッドナイト』のサントラ盤

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 25, 2006 02:13 PM

ハンプトン・ホーズ(p) 『Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3:The Trio』

 スイングするワニのジャケットで人気の軽快なピアノトリオ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 5, 2006 02:02 PM

ベヴ・ケリー(vo) 『Bev Kelly in Person』

 ベヴ・ケリーは女流ピアニスト、パット・モランのバンドに居たシンガー。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 25, 2005 01:44 PM

チャールス・ミンガス(p) 『Mingus Plays Piano』

 ベースの巨人ミンガスがソロピアノに挑戦した異色作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 14, 2005 10:42 AM

アート・ペッパー(as) 『The Art Of Pepper』

 ジャズ喫茶「ベイシー」にやって来た菅野沖彦氏に、「凄い!!」と言わしめたのが本盤の[1]

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 31, 2005 01:47 PM

バド・パウエル(p) 『Jazz Giant』

 何度聴いても飽きることがない。それどころか、じっくりと聴けば聴くほどに味わい深いのが本盤だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 18, 2005 10:36 AM

ソニー・スティット(as) 『Sonny Stitt With The New Yorkers』

 ゴリゴリに吹きまくるスティットのアルト、図太い音色がスカッとヌケるか

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 14, 2004 11:11 PM

ジミー・ロウルズ(p) 『Let's Get Acquainted With Jazz(For People Who Hate Jazz)』

 色鮮やかなジャケットが楽しいウエストコースト・ジャズの秀作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 16, 2004 09:08 PM

ダイアナ・クラール(p,vo) 『Stepping Out』

 ダイナミックなピアノが堪能できる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 8, 2004 02:19 PM

トニー・ウィリアムス(ds) 『Young At Heart』

Amazonで詳細を見る トニーは物凄くデカい音を出すドラマーだが、抑えるべきツボもちゃんとわきまえてる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 25, 2004 09:27 AM