Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

ザ・グレイト・ジャズ・トリオ 『Autumn Leaves』

 エルヴィンの黄粉餅をこしらえるようなブラッシュワークはまさに職人芸

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 6, 2010 12:40 PM

リタ・ライス(vo) 『Jazz Pictures』

 オランダの歌姫リタ・ライスがレギュラートリオにケニー・クラークをフューチャーした熱気ムンムンのご当地ライブ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 15, 2009 02:51 PM

オスカー・ピーターソン(p),ディジー・ガレスピー(tp) 『Oscar Peterson & Dizzy Gillespie』

 オスカー・ピーターソンとディジー・ガレスピー、二人の巨人によるデュオは秋にぴったり

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 11, 2009 02:59 PM

ナタリー・コール(vo) 『アンフォゲッタブル』

 ナタリーはナット・キング・コールの娘、偉大な父に捧げるように唄ったゴージャスなスタンダード曲集

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 20, 2006 10:37 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Europe』

Amazonで詳細を見る フランス公演だから一発目にシャンソンの「枯葉」

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 6, 2006 01:04 PM

ビル・エヴァンス(p),ジェレミー・スタイグ(fl) 『What's New?』

 ビル・エヴァンスのレギュラートリオにジェレミー・スタイグを迎えた異色作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 24, 2006 01:22 PM

キャノンボール・アダレイ(as) 『Somethin' Else』

Amazonで詳細を見る 「枯葉」はハードボイルドタッチの奇跡的名演。わが国で最も人気のあるジャズレコード

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 29, 2006 04:11 PM

ウイントン・マルサリス(tp) 『Marsalis Standard Time Vol.1』

 曲は素材に過ぎないことを知らしめたウイントンの快作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 19, 2005 06:11 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Berlin』

Amazonで詳細を見る 疾走するリズムをまるで達観するかのようにテナーを滑り込ませるショーター

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 14, 2005 10:37 AM

ジーン・アモンズ(ts),ソニー・スティット(as,ts) 『Boss Tenors : Straight Ahead From Chicago August 1961』

 こいつはゴキゲンだぞ!キメキメのエンディングは、「来るな」と分っていても失神しそうになる(笑)

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 10, 2005 10:48 AM

ウイントン・ケリー(p) 『Wynton Kelly(枯葉)』

 煌びやかなトーンに小粋なスイング感、我々日本人がイメージする”ジャズピアノ”の魅力をすべて内包している

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 28, 2005 05:39 PM

アート・ペッパー(as) 『Mucho Calor』

Amazonで詳細を見る ラテンパーカッションを配した企画盤。ジャケットもお洒落ムーチョ!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 8, 2005 10:54 AM

エロール・ガーナー(p) 『Concert By The Sea』

 左手の合間を縫うように展開する右手のシングルトーンは”ビハインド・ザ・ビート”と呼ばれる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 29, 2005 05:50 PM

エディ・ヒギンズ(p) 『Bewitched』

 華麗でロマンチックな語り口にすっかり魅せられてしまった。哀愁のメロディがじつに良い

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 2, 2005 11:18 AM

ベニー・ゴルソン(ts) 『Gone With Golson』

 一連の”ゴルソン~フラー・ハーモニー”作品のなかでも、「スタッカート・スウィング」の出来はピカイチ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 18, 2004 09:56 AM

ビル・エヴァンス(p) 『Portrait in Jazz』

 最後まで心地よい緊張が持続する。格調の高さにおいて本作の右に出るものなし

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 4, 2004 06:20 PM

ケニー・ドーハム(vo) 『This Is The Moment!』

 トランペットの名手・ケニー・ドーハムが唄う(!)珍盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 26, 2004 09:24 AM