Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

スタン・ゲッツ&ズート・シムズ(ts) 『The Brothers』

  レスター・ヤング派のテナー5人の揃い踏み

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 22, 2012 02:57 PM

アート・ブレイキー(ds) 『Paris Jam Session』

 後半のグループ一丸となった演奏は凄い!パリっ子も大興奮!

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 18, 2011 11:00 AM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Monk Trio』

 約半世紀もの昔、LP化する際にアナログでリマスタリング

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 22, 2009 04:25 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis Volume 2』

Amazonで詳細を見る '54年録音のホレス・シルバー入りワンホーンセッションを中心とした構成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 9, 2007 05:28 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Birdland 1951』

Amazonで詳細を見る バードランドにおける巨人たちの若き日の活きのいいライブ演奏

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 8, 2007 12:05 PM

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 『A Night in Tunisia』

 ショーターが音楽監督に就任して、ファンキー路線から離脱しはじめたジャズ・メッセンジャーズ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 24, 2006 01:35 PM

ホレス・シルバー(p) 『Horace Silver Trio and Art Blakey-Sabu』

 シルバーの初リーダー作で、彼のピアノトリオ作品としては唯一のもの

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 20, 2006 10:45 AM

クリフ・ジョーダン,ジョン・ギルモア(ts) 『Blowing In From Chicago』

 シカゴからやってきたテナーマン二人によるブローイングセッション

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 12, 2006 02:59 PM

ジミー・スミス(org) 『The Sound Of Jimmy Smith』

Amazonで詳細を見る ブルーノートのジミー・スミス以下オールスターによる第1回マンハッタンタワー・セッションからの5作目

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 19, 2006 11:49 AM

ジミー・スミス(org) 『Jimmy Smth At The Organ Vol.1』

 マンハッタンタワーで行われたセッションのうち、'57年2月12日に収録されたピックアップメンバーによる録音

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 18, 2006 02:54 PM

セロニアス・モンク(p) 『Genius Of Modern Music Vol.2』

 モンク一人で引っ張っていたような『Vol.1』に比べるとサイドメンの活躍が目立つ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2006 01:40 PM

セロニアス・モンク(p) 『Genius Of Modern Music Vol.1』

 モンクの初リーダー作。独自のスタイルは今聴いても斬新

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2006 12:09 PM

キャノンボール・アダレイ(as) 『Somethin' Else』

Amazonで詳細を見る 「枯葉」はハードボイルドタッチの奇跡的名演。わが国で最も人気のあるジャズレコード

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 29, 2006 04:11 PM

ケニー・バレル(g) 『Blue Lights Vol.1』

 ハッケンサックのヴァン・ゲルダー・スタジオを離れ、マンハッタン・タワーズで行われた収録

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 28, 2006 03:37 PM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Monk And Sonny Rollins』

Amazonで詳細を見る この頃のモンクはまだ音数が多くてトリッキー。ソリストのバックにまわってもガンガン弾きまくっている。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 11, 2006 04:08 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis Volume 1』

Amazonで詳細を見る ジャズって凄いッ!はじめてそう思ったのが[1]の「テンパス・フュージット」だった

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 5, 2006 06:02 PM

クリフォード・ブラウン(tp) 『Clifford Brown Memorial Album』

 ホント素晴らしい。前半の三管編成のセッションは曲、アレンジ、演奏ともに文句なし

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 29, 2006 03:05 PM

ズート・シムズ(ts) 『Zoot Sims Quartets』

 常に安全地帯にあって、ハラハラさせられる心配は無用。リラックスして聴ける。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 28, 2006 05:58 PM

ルー・ドナルドソン(as) 『Quartet Quintet Sextet』

 アート・ブレイキーがドラムを叩く後半より、シルバーのピアノが煽る前半のほうが好きだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 1, 2006 12:53 PM

ジョニー・グリフィン(ts) 『A Blowing Session』

 メンバーがすごい。リー・モーガンのトランペットに、コルトレーンとモブレーのテナー。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 23, 2006 11:24 AM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Dig』

Amazonで詳細を見る ジャズのLP時代はこの作品から。マイルスも意欲満々で、上品で美しいトーンのアドリブを聴かせる。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 27, 2006 10:20 AM

ジミー・スミス(org) 『House Party』

 『A Date With Jimmy Smith』を踏襲する、スミスのオルガンを中心に据えたオールスター・セッション

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 4, 2005 03:11 PM

アート・ブレイキー(ds) 『Art Blakey Big Band』

 なんとジョン・コルトレーン入りのアート・ブレイキー・ビッグ・バンド。これはとっておきの凄いレコードだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 14, 2005 11:33 AM

アート・ブレイキー(ds) 『A Night at Birdland』

 ハードバップは'54年2月21日深夜、ニューヨークのジャズクラブ”バードランド”で誕生した

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 7, 2005 01:24 PM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Monk With John Coltrane』

 モンクの指導のもと、トレーンはこの'57年、テクニック的には一度目の頂点に達していた

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 5, 2005 09:53 AM

ホレス・シルバー(p) 『Horace Silver and The Jazz Messengers』

 [7]を除く全曲シルバーのオリジナル。どの曲もしっかり練られており、極めて高い水準の演奏だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 27, 2005 01:17 PM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins with the Modern Jazz Quartet』

Amazonで詳細を見る 1曲1曲が短く聴きやすいので真夏の夜のドライブのお供に最適。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2005 01:59 PM

ハンク・モブレー(ts) 『Roll Call』

 『ソウル・ステーション』、『ワークアウト』、そして本盤の三枚を以ってモブレーの最高傑作とされる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 14, 2005 03:20 PM

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 『Caravan』

 3管でモーダルなサウンドを狙ったジャズ・メッセンジャーズの人気盤。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 2, 2005 01:33 PM

リー・モーガン(tp) 『Here's Lee Morgan』

 ケリーがちょっとスイングさせ、続いてジョーダンもリズミカルなソロを放つディスク:2[6]が面白い

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 26, 2005 02:20 PM

ティナ・ブルックス(ts) 『Minor Move』

 アロハを着たチンピラのような軟派っぽいトーンで、まるで演歌のようにコブシを転がす。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 15, 2005 03:24 PM

リー・モーガン(tp) 『Lee-Way』

 息の合ったファンキーの王道を行く演奏が楽しめる。録音も良く、ブルーノート名盤の風格

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 13, 2005 01:32 PM

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ 『au Club Sant-Germain』

 熱狂的なパリのクラブ・サンジェルマンでの演奏を収録

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 8, 2005 11:21 AM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins Vol.2』

 豪華フルコースのご馳走。重箱の隅の黒豆をつつくように[6]を愛でる。こんなのを唄わせたらロリンズは最強。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 13, 2005 10:15 AM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Moving Out』

 モンクの作り出すゴツゴツした空間を縫うように繰り出すロリンズのアドリブはまさに横綱相撲。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 27, 2004 09:32 AM

ジミー・スミス(org) 『A Date With Jimmy Smith Vol.2』

 アルフレッド・ライオンが、スミス以下とヴァン・ゲルダーまでも引連れ、マンハッタンタワーで行ったセッション

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 22, 2004 05:57 PM

ポール・ブレイ(p) 『Introducing Paul Bley』

 演奏に心を込めないとサンタは街にやってこないのだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 30, 2004 01:39 PM

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 『Moanin'』

 「ジャズはどうも難しくて苦手」という人にお勧め。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 20, 2004 04:09 PM

アート・ブレイキー(ds) 『Jazz Messengers』

 ショーターのテナーの咆哮にしびれまくる。ブレイキーもしびれたに違いない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 5, 2004 09:17 AM

セロニアス・モンク(p) 『Monk's Music』

 失敗したことがあきらかにわかる演奏が名盤になってしまうなんて、他のジャンルではちょっと考えられない

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 3, 2004 03:39 PM

セロニアス・モンク(p) 『Unique』

 たどたどしいタッチがトレードマークのモンク、珍しく本作ではテクニカルなピアノを弾いている。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 16, 2004 11:30 PM

ハンク・モブレー(ts) 『Soul Station』

 録音技師ヴァン・ゲルダー自ら”ベスト・レコーディング”として本作を挙げたという。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 4, 2004 01:13 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Blue Haze』 

Amazonで詳細を見る 『Walkin'』『Dig』などの傑作の影に隠れ、いまひとつ注目を浴びない本作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 2, 2004 01:07 PM

リー・モーガン(tp) 『Expoobident』

 「イージー・リビング」という曲には名演が多い。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 25, 2004 04:40 PM

ウエイン・ショーター(ts) 『Second Genesis』

Amazonで詳細を見る '70年代に入ってから発表されたウエイン・ショーターのワンホーンでのレコーディング

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 17, 2004 05:18 PM

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ 『At the Cafe Bohemia, Vol. 1』

 ジャズをちょっと解るようになってくると、ジャズ・メッセンジャーズとかMJQを馬鹿にするようになる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 9, 2004 02:16 PM