Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

カウント・ベイシー・オーケストラ 『April In Paris』

 「ワン・モア・タイム!」の掛声で繰り返し演奏される表題曲が有名。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 2, 2009 04:37 PM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Himself』

 お伽噺のような不思議な世界に連れて行ってくれるモンクの最高傑作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 17, 2006 11:14 AM

セロニアス・モンク(p) 『Genius Of Modern Music Vol.1』

 モンクの初リーダー作。独自のスタイルは今聴いても斬新

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2006 12:09 PM

サド・ジョーンズ(tp) 『The Magnificent Thad Jones』

 ベイシー・オーケストラでの同曲も良いが、この沈静化した「パリの四月」は必聴。サド・ジョーンズの最高傑作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 1, 2005 04:58 PM

ウイントン・マルサリス(tp) 『Marsalis Standard Time Vol.1』

 曲は素材に過ぎないことを知らしめたウイントンの快作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 19, 2005 06:11 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Charlie Parker With Strings:The Master Takes』

Amazonで詳細を見る ムード音楽みたいに聞こえるかもしれないが、切り口が少々変わってるだけ、紛れもなく一級品のジャズだ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 8, 2005 12:24 PM

エロール・ガーナー(p) 『Concert By The Sea』

 左手の合間を縫うように展開する右手のシングルトーンは”ビハインド・ザ・ビート”と呼ばれる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on March 29, 2005 05:50 PM

バド・パウエル(p) 『Jazz Giant』

 何度聴いても飽きることがない。それどころか、じっくりと聴けば聴くほどに味わい深いのが本盤だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 18, 2005 10:36 AM

チャーリー・パーカー(as) 『BIRD/Soundtrack』

 オリジナル音源からパーカーのアルト部分のみを抽出。現代のミュージシャンによる伴奏を合成。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 10, 2005 03:17 PM

エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング 『Ella And Louis』

 御大サッチモとエラのデュエットによる心温まるバラード集。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 27, 2004 12:15 PM