Search this site:

Match case Regex search

Search Results from barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]

マイルス・デイヴィス(tp) 『At Last』

 LAの”ライトハウス”で、マックス・ローチと共に飛入り参加した際の音源

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 19, 2010 04:51 PM

クリス・コナー(vo) 『バードランドの子守唄』

 バードランドで唄っていたのを見つけたベツレヘムのオーナーが契約を取り付け12月に録音、同レーベルの第一弾アルバムとして発表された

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 18, 2009 11:48 AM

クリス・コナー(vo) 『Chris』

 古巣ベツレヘムの音源を、4種のセッションから寄せ集めた内容

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on December 11, 2009 02:31 PM

ペギー・リー(vo) 『Black Coffee』

Amazonで詳細を見る ハスキーヴォイスで窒息しそう。ヘレン・メリルの次はこれ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 10, 2009 10:01 AM

シェリー・マン(ds) 『The West Coast Sound』

 ビル・ラッソ、ショーティ・ロジャースらのペンになる名手シェリー・マンのアンサンブルセッション

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 30, 2009 04:43 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis Volume 2』

Amazonで詳細を見る '54年録音のホレス・シルバー入りワンホーンセッションを中心とした構成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 9, 2007 05:28 PM

ホレス・シルバー(p) 『Horace Silver Trio and Art Blakey-Sabu』

 シルバーの初リーダー作で、彼のピアノトリオ作品としては唯一のもの

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 20, 2006 10:45 AM

ジョニ・ジェイムス(vo) 『Let There Be Love』

 寺島靖国さんがジョニ・ジェイムスのことを誉めまくっていたことがあって、わたしも釣られて何枚か購入

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 26, 2006 02:29 PM

バド・パウエル(p) 『The Amazing Bud Powell, Vol. 2』

 過激な『Vol.1』に比べると随分聴きやすい

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 9, 2006 05:14 PM

J.J.ジョンソン(tb) 『The Eminent Jay Jay Johnson, Vol.2』

 ハンク・モブレー、ホレス・シルバー参加の’55年のセッションを軸に構成

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on June 1, 2006 10:28 AM

セロニアス・モンク(p) 『Thelonious Monk And Sonny Rollins』

Amazonで詳細を見る この頃のモンクはまだ音数が多くてトリッキー。ソリストのバックにまわってもガンガン弾きまくっている。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 11, 2006 04:08 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis Volume 1』

Amazonで詳細を見る ジャズって凄いッ!はじめてそう思ったのが[1]の「テンパス・フュージット」だった

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 5, 2006 06:02 PM

クリフォード・ブラウン(tp) 『Clifford Brown Memorial Album』

 ホント素晴らしい。前半の三管編成のセッションは曲、アレンジ、演奏ともに文句なし

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 29, 2006 03:05 PM

ベン・ウェブスター(ts) 『King Of The Tenors』

 アップテンポの曲はダーティに、スローな曲では羽で擦るがごとくソフトに

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on April 28, 2006 10:17 AM

ジョニー・スミス(g) 『Moonlight in Vermonter』

 テクニカルなところを強調せず、ギターの音の美しさで聴かせるジョニー・スミスの代表作。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on February 17, 2006 03:29 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis And Horns』

Amazonで詳細を見る ジョン・ルイスとアル・コーンが編曲を担当しているせいか、『クールの誕生』に近いイメージ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 28, 2005 03:15 PM

フランク・シナトラ(vo) 『Swing Easy/Songs for Young Lovers』

Amazonで詳細を見る メロディを崩さず唄うシナトラは、ジャズ初心者がスタンダードナンバーを覚えるには最適だ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 27, 2005 02:44 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Jazz at Massey Hall』

 ビバップの巨人たちによるカナダ、トロントでのライブ録音。パーカーは借り物のプラスチック製アルトで登場

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 13, 2005 11:08 AM

ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins with the Modern Jazz Quartet』

Amazonで詳細を見る 1曲1曲が短く聴きやすいので真夏の夜のドライブのお供に最適。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on July 21, 2005 01:59 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Collector's Items』

Amazonで詳細を見る 前半がパーカーを含む'53年のセッション。後半'56年3月のセッションは、もうさすがというべき完成度の高さ

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on May 28, 2005 12:05 AM

ワーデル・グレイ(ts) 『Wardell Gray Memorial,Vol.1』

 いい音だなあ、とつくづく思う。テナーの音はこうでなくっちゃ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on January 19, 2005 05:26 PM

ポール・ブレイ(p) 『Introducing Paul Bley』

 演奏に心を込めないとサンタは街にやってこないのだ。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 30, 2004 01:39 PM

ジェリー・マリガン(bs) 『Gerry Mulligan Quartet』

 チェット・ベイカーとのピアノレス・カルテットで一世を風靡したマリガンの代表作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 10, 2004 06:20 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Jazz Perennial』

 真の天才は一見なんでもないことをやってるときにこそ、その恐ろしさを垣間見ることができる

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on November 9, 2004 03:00 PM

バド・パウエル(p) 『The Bud Powell Trio』

 パウエル派の聖典にして、ピアノトリオの原点。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 9, 2004 02:02 PM

マイルス・デイヴィス(tp) 『Blue Haze』 

Amazonで詳細を見る 『Walkin'』『Dig』などの傑作の影に隠れ、いまひとつ注目を浴びない本作

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on October 2, 2004 01:07 PM

チャーリー・パーカー(as) 『Now's The Time』

 パーカーの全盛期は'40年代で劣悪な録音のものが多いが、本盤は゜50年代の作品で録音もまとも。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 28, 2004 12:58 PM

デイブ・ブルーベック(p) 『Jazz At Oberlin』

 目の前に花が咲くようなポール・デスモンドの華麗なアルトに聞惚れてしまう

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on September 24, 2004 12:32 PM

モダン・ジャズ・カルテット 『Django』

 こういう大名盤は速やかに買うべし。後になるほど買いにくい。

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 20, 2004 05:05 PM

J.J.ジョンソン(tb) 『The Eminent Jay Jay Johnson, Vol.1』 

 「Sketch I」は、ルイス作品のなかでも最もドラマチックな1曲

Posted in barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室] on August 6, 2004 06:11 PM