ベースが良くなるケーブルチューナー

「ベースの音が良くなるからぜひスピーカーケーブルにも使ってみて」
 と、インフラノイズの秋葉社長がケーブルチューナー(非売品)を追加で2個送ってくださった。

 秋葉社長はオーディオメーカーをやってるというのに、「ベースが」とか「低音が」だとか、あまりこういったオーディオ的な用語を使わない人なので、意外に思いながらケーブルチューナーをスピーカーケーブルに装着してみると、なるほどこれは素晴らしい。ベースのピチカートが良くなるとジャズは俄然スイングしはじめる。

 オーディオマニア、特にジャズファンの多くは、こういうベース音を出したくてアッテネーターをいじったりネットワークをどうにかしたり、トーンコントロールで調整したり、マルチアンプにしたりして奮闘するわけだが、この中低域に該当するコントラバスの音域はなかなか強力に鳴ってくれない。
 皆さんも手持ちの音源の中に、ベースソロになったら何やってるかよく聞こえない曲とかたくさんあるんではないか?

 そんな曲にケーブルチューナーを用いると、まるで初めての曲みたいに聞こえてくるのである!!
 非売品の効果をそんなに力説されても皆さん困るだろうけど、アナログアキュライザーを買って感想をインフラノイズに送るともらえるので、ぜひ手に入れて欲しい。もちろんアナログアキュライザーの効果も加わって、システムの実力はダンダンダダーン!!と三階級昇進!!( ̄▽ ̄;

 冗談抜きでホントいい音してるよな〜

 腐食の構造
この投稿をInstagramで見る

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazz(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 幼児の髪をシャンプーしてたら、つきそいでいらっしゃったお父さんに
「めっちゃ水漏れてますけど大丈夫ですか?」と言われ、洗面台の下を見ると床が水浸し!排水パイプのところから水が漏れてるようだ。31年も営業してるとパイプも腐食して穴が開くらしい。

 早速修理業者を手配してもらい、とりあえずボウルで滴る水を受けてその場をしのいでいたが、今朝修理が完了した。
 いくら請求されるのか、5万円以上したらどうしようかとドキドキものだったが、工賃含む税込みで16,500円。でもまあこんなものか。高いのか安いのか(^^;

 趣味は帽子
この投稿をInstagramで見る

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazz(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 趣味は何かと訊かれたら、目下のところ帽子集めということになりそうで困っている。別にカッコつけてるわけじゃないが、ジャズとかオーディオは趣味というより仕事の範疇なのである。

 最初は安い帽子を買って被ってそれなりに満足してたのが、だんだん目が肥えてきて、昔の映画の中でギャングや新聞記者が被ってるヤツとは、つばの長さやリボンの幅、クラウンの高さや形状、果ては素材まで違うことがわかってくる。
 そうなると、同じような帽子を何個も何個も買ってしまい、奥さんにバレないかとヒヤヒヤしている。いやきっともうバレてるはずだ(^^;

 オーディオでも楽器でもなんでもそうだが、やっぱり高価なヴィンテージ物は良いのである。まだ自制心がはたらいていて、ウン万円もするようなのにはさすがに手が出ない。
 オーディオも20万円くらいの物を買ったあたりから金銭感覚が麻痺し始めるから、帽子もいつかそうなるのではないかと恐れている。

 どんな趣味でも、はたから見れば同じように見えたり聞こえたりするものが、じーっとそればかり見てると些細なアソコが気になってくるのだ。床屋なのに何してるんだか。いかんいかん。
 近頃インフラノイズの秋葉社長もわたしに対抗してかハットを被ってJimmyJazzに新製品を持って現れる。歩いてると通行人が避けて通るという。確かに見るからに怪しい。お互い人のことは言えないがw

« January 2020 | メイン | March 2020 »