ベッドだけなら負けてない

 このあいだ3Dプリンターでペン立てをプレゼントしてくれたお客様はなかなかの新し物好きで、つい先日もテンピュールのベッドを購入し、「いいですよ〜よく眠れますよ〜」と仰ってた。
 はあ〜テンピュールのベッドとはまた豪勢な、と一瞬思ったが、そういえば我が家のラルフローレンベッドもかなりの値段だったことを思い出した。買ったのは25年前だが、負けてない負けてない(^^;
 しかし、テンピュールの低反発素材はたしかポリウレタンだったと思うのだが、同社サイトで売られている純正シーツはコットン100%のものである。寝具メーカーのことはよくわからないけれども、寝心地や肌触り、硬さ柔らかさ以外に静電気のことは考慮されてるのだろうか。高級なやつはちゃんと静電気対策がされてるの??
 ちなみにそのお客様にどんなパジャマを着ているか訊ねたら、ランボルギーニのスウェット上下だそうだ。なんだか凄そう( ̄▽ ̄;

 綿100%パジャマは凄い!

 薄毛と静電気の関係について繰り返し書いているのは、手ごたえありと見たからである。まだ髪を掴んでもたいして手ごたえはないけれど、寝間着をポリエステルのジャージから綿100%のパジャマに変えてみたら、なんと夜中に目が覚めることがぴたりとなくなったのである。
 わたしはここ数年ずっと不眠症気味で、夜中に目が冴えて眠れなくなり、次の日は一日中だるくてさすがにその日は眠れるのだが、またその次の日にはまた夜中に目が覚めるというパターンの繰り返し。それがこの一ヶ月、一度も夜中に目が覚めなかったのである。

 さらに、去年の10月20日にベッドのマットレスを購入したのだが、じつを言うとこのマットレスにしてから腰が痛くなって困っていたのである。さすがにマットレス三段積みだとクッションが柔らかすぎるのかと思っていたが、この腰痛も綿パジャマで寝るようにしたら治ってしまった。
 元から綿パジャマで寝ている人にとっては、今更何を言っとるんだという感じだろうが、たかがパジャマでこんなに違うものかと驚いている。ノーパン健康法なんてのも昔流行ったことだし、ひょっとして全裸で寝たらもっといいのだろうか?(^^;

 初めて見た3Dプリンター作品

 お客様が3Dプリンターでペン立てを作ってプレゼントしてくれた。一個作るのに3時間くらいかかるらしい。面白そうだが、3時間と聞くと昔の長時間かけてCD−R書き込み失敗してた頃を思い出す。
 でもこういうのが一般に出回るようになると、パソコンでCDが作れるようになってCDが売れなくなったみたいに、フィギュアメーカーの海洋堂とか大打撃を受けるんだろうか。
 当店が3Dプリンター導入するのは本体価格が39,800円くらいになってからかなあ(^^;

 パワーリベラメンテ新発売キャンペーンのオマケ

 パワーリベラメンテ新発売キャンペーン大好評につき生産が追いつかず、最速でお届けしますと言いながら早くからご注文くださった方々にもお待ちいただくこととなり、たいへん申し訳ございません。発送までもう少々お待ち下さい。

 なにしろ当店の試聴用パワーリベラメンテもまだ出来てないので、どんな音なのかわたしにも皆目見当がつかない。それでもバンバン注文が入るのだからインフラノイズファンの期待は大きい。
 さて、パワーリベラメンテが着くまでこのまま放っておくのも気の毒なので、オマケといってはなんだがMasterの必殺音が良くなるテクニックを開示したいと思う(^^;
 このところJimmyJazzの音の調子が素晴らしく良いのだが、それは今年に入って”あること”を始めたせいなのだ(日焼けマシーンではないぞ)。

続きを読む "パワーリベラメンテ新発売キャンペーンのオマケ"

 日焼けで花粉症は治る?

 目が少しかゆい。今年もそろそろ花粉の季節である。
 2012年ごろに評判になった「サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~」(斎藤糧三著)という本には、日焼けをするとビタミンDが体内に作られるが、このビタミンDが花粉症に効くのだということが書いてあった。ほんまかいなと知人のサーファーに花粉症になったことがあるかと訊いてみたら、一度もなったことがないというのでにわかに信憑性が出てきた。
  著者は実際にサーフィンをしなくても、ビタミンDのサプリメントを飲むだけでも効果があるというので、わたしも去年はビタミンDの錠剤を買い込んでせっせと飲んでいたのだが、残念ながらまったく効かなかった。今年はいよいよ日サロデビューかと思っていたところ、スーパー銭湯の日焼けマシーンを見つけて挑戦と相成ったのだ。

 花粉症に日焼けが効くかどうか、一回焼いた程度ではまだわからないけれど、サーファーと相撲取りには一つ共通点がある。塩分を含んだ砂の上を歩いているという点だ。ひょっとしてビタミンDじゃなくて体内に溜まった静電気が花粉症の原因なのではないか?この静電気をアースしてやれば花粉症だって治るのではないかと密かに期待している。

 日焼けマシーンに初挑戦

今日は立花の和らかの湯まで約58分ジョギング。ひとっ風呂浴びたあと、前から気になっていた日焼けマシーンに挑戦だ!バンダイのガチャポン販売機で日焼けローション(200円)を購入し、身体に塗りたくってマシーンの扉を開くと、おっ?兄ちゃんそれ、やるんか?的な周囲の視線が痛い(^^;
おお、やるとも。500円を投入して10分コース。パパパパッと蛍光灯みたいなランプが点灯してビビるが、ぎゅっと目をつぶらなくても大丈夫な明るさで、天井から扇風機で風が送られてくる。立ったまま天井付近の手摺りに手をかけてじっと待つ。内部にデジタルで何分経過したか表示される。まあ10分なんてあっという間だ。最初だから少し赤くなった程度で焼けたなあという感覚はほとんどない。定期的に焼いてフリオイグレシアスみたいになったるぞ!( ̄▽ ̄;

 イヤホンの静電気で禿げるのか?

 乾燥した冬の日にiPodを聴きながら上着を脱ぐと、バチバチッ!とイヤホンから静電気が放電する。これについてはアップルの公式サイトでも「Apple イヤフォンと静電気」というトピックが設けられている。
 かつて一度、このイヤホンの静電気と薄毛に相関関係がないかと考えてみたのだが、イヤホンをまったく使わない人でも薄毛の所見あるため仮説はボツとなった。しかし、原因が「イヤホン」でなく「静電気」なら話が繋がってくるではないか。
 Appleのイヤホンはポリエステル素材の上着よりもウールと相性が悪いらしく、iPod shuffleをウールのマフラーにクリップで留めて歩いたりすると、もう耳元でプチプチと鳴り始める。パチッと放電しなくても、耳にはめただけでじわーんと嫌な感じがすることもある。化繊がダメというよりもプラスに帯電しやすい、毛皮、ウール、ナイロン、絹、髪の毛とイヤホンのコードが擦れると静電気が起きやすく、マイナスを帯電しやすい、塩化ビニル、ポリエチレン、ポリウレタン、アクリル、ポリエステルのほうがイヤホンで聴くのに適してるように思える。研究はしばらく続く。

 商売は信用第一

 昨日からパワーリベラメンテ新発売キャンペーンを開催しているが、まだ誰も聞いたことないのに一人で8セットとか5セットとかすごい量の注文がバンバン入って怖くなる。もし良くなかったらこの方たちはどうするつもりなのだろう?
 しかしこれはインフラノイズというメーカーの信用度の高さを物語っている。もし一度でも「こらあかん」と思われたら、次からは絶対買ってくれないものだ。裏を返せば、毎回毎回予想を裏切らず、予想を上回る製品を出してくるから、新しいケーブル出ましたと言った途端、音も評判も聞かず、ハイハイ注文しますとなるのだろう。決して春の陽気で変になったわけではないのだ(^^;

 起きやすいのか起きにくいのか

 先月急逝された音楽評論家・中山康樹さんの追悼文の依頼が来たので、いろいろ思い返しながら一週間かけて書き上げた。Music Streetに2/25掲載される予定なのでよろしければご一読ください。

 さて、静電気と薄毛の関係性に着目して、毎日いかにして静電気の悪影響を受けずに生活するか考えている。突然パッと地面の土に触れてみたり、街路樹の幹を撫でてみたり、側から見たらちょっと変な人っぽい(^^;
 洋服の組み合わせも、これまでのようになんでもかんでも着るというのではなく、マイナスに帯電しやすいポリエステルのフリースやジャージと、プラスに帯電しやすいナイロンやウールの上着は擦れて静電気が起きやすいのでなるべく重ね着しないよう注意している。
 しかし物によっては、表地ポリエステル、裏地ナイロン、中綿ダウンとか書いてあるジャケットがあったり、ポリエステルとナイロンの混紡素材でできた物など、静電気が起きやすいのか起きにくいのか、下には何を着ればいいのかよくわからないのがいっぱいあって悩乱する。

 ものすごい音が出た

 ちょうどお客様の顔を剃ろうとしていたときだ。ほんの一瞬だったが、ものすごい音が出た。いや、出たというより店自体が音になって響いていた。ピアノをバックにヘイリー・ロレンの歌声が流れ、まるで宝石でできた鍾乳洞のなかにいるようだった。
 残念ながらそのすごいサウンドはすぐに消えて普通の音に戻ってしまった。こんなことがあると、オーディオ機器の性能なんてどうでもいいんじゃないかとさえ思ってしまう。
 もちろん調整された良いオーディオあっての音だけれど、そうでなくても、わたしは貧相な機械を使っていた頃から、まれにこういったものすごい音を聞いていたのだ。こんな音が毎日聴けるならと思ってオーディオに凝りだしたのだが、いつまでたってもすごい音はまれにしか聴けない。そういうものなんだともう半ばあきらめている(^^;

 またモーター交換


 モーター取り替え修理した次の朝から早くも水漏れ。先日取り外したモーターの中身をレストアして再び交換してもらう。ただしホコリが入りにくいよう放熱孔を下向きにした。
 大塚電化サービスの大将いわく「これでダメならモーターを別のメーカーのに交換させてほしい。工賃サービスでモーター本体代の4万だけでいい」と言うが、今度漏れたらモーターはなしで直結にしてもらおう。湯が出るまで多少時間はかかるけどもう水漏れ修理はうんざりだ(^^;

 ユニクロでハゲる?!

ユニクロを着てるとハゲるという怪文書がネットに出ていて笑った。必ずしもそうではないと思うのだが、ウールのセーターのうえにフリースのジャンパーを重ね着している人は多いのではないか。静電気が起きやすい組み合わせてある。静電気でハゲることがあるとすれば、ユニクロでハゲることもあるかもしれない。ただし、わたしが研究の対象にしているのは頭髪が全体に細く少なくなっていく所謂薄毛と呼ばれる状態で、昔からある生え際が後退したり、天頂部だけが薄くなる男性型のハゲではない。これはある意味しょうがない部分があるので諦めてもらうほかない。しかしハゲなくていい人まで大勢ハゲるのは問題である。はやくなんとかしなくてはいけない。

 iPhoneコードとカフスボタン

 朝からカフスボタンが片方だけ見つからない。ほとんどのシャツの袖口はボタン付きなのだが、一枚だけダブルカフスのやつがあって、カフスボタンなしでは袖がビロビローンとだらしないのである。他のシャツで我慢して出勤。JimmyJazzに来てボイラーに火を入れると、あっ、昨日修理したモーターからさっそく水漏っとるやんけ!(^^;
 週明けにソッコーで直してもらわんと…、と思ってたら今度は家内がiPhoneの充電ケーブルを壊してるし。ウキー!!!"o(▼皿▼メ;)o”
 
 なんのこれしき、こんなことでいちいち怒ってたら身がもたない。新しい充電ケーブルを注文するか。引きちぎられたケーブルをゴミ箱に捨てようとしてひらめいた。
 これでカフスボタン作れそうだな。ハサミを手にして所用時間1分。ジャジャーン♪名付けてJimmyJazzライトニングカフスボタン完成である。ほら、なんか良くないですか?えっ?それほどでもない?(^^;

 水漏れ。またかよー


 まだ修理して一年経ってないというのにまたボイラーのモーターから水漏れ。業者さんのすすめで別の中古の本体をレストアしたのと交換する。宙ぶらりんだったのがいけないのではないかと今度は振動対策として下にコンクリートブロックを置いてゴムで防振。なんだかオーディオみたいだな(^^;
 修理代金1万円なり。たのむから今度は10年くらいもってくれ!

 インフラノイズより電源ケーブル”パワー・リベラメンテ”新発売
Infra Noise Laboratory CO.,LTD.
ORTHO SPECTRUM

音楽録音再生機器専用 電源ケーブル
POWER LIBERAMENTE
ACPL-1.3/ACPL-2.6

ACPL-1.3

続きを読む "インフラノイズより電源ケーブル”パワー・リベラメンテ”新発売"

 静電気は絶縁体に溜まる

 堀泰典著「体内静電気を抜けば病気は怖くない!」の考えを整理するための覚え書きとしてもう少し記しておこう。
 体内の血流で発生した静電気は、絶縁体である脂肪に溜まる。アザラシやセイウチはすごい量の脂肪を溜め込んでいるが、静電気の抜けやすい海水の打ち寄せる岩場で生活している。大相撲の力士も塩を撒いた土の上で稽古をし、様々な食材の入ったちゃんこ鍋を食べて、静電気を抜く習慣が出来上がっている。
 自宅の庭に塩を撒いて草花が枯れたり、塩分を食べ過ぎて高血圧にならないよう注意が必要だが、体内静電気を抜くという意味ではなるほど理にかなった説だ。

 また、睡眠時間が長すぎるとアルツハイマーやうつ病になりやすいのは、寝ているあいだに静電気が溜まり、起きてるときのように静電気を抜く機会がないせいだという。
 ここでは布団や毛布とパジャマなどが擦れて発生する静電気には触れられてないけれど、アクリル毛布やポリエステルのジャージ、コットンのシーツなどが混在した環境で寝ていれば、長時間自動車を運転しているときのような静電気が発生してるのではないか。
 近年ではポリウレタン製の低反発枕やマットレスが人気であるが、これにたとえば綿の枕カバー、ウールの毛布などを組み合わせたら、相当な発電量になるような気がするなあ。
 これらの静電気が頭に生えた避雷針めがけてズバババーン!!( ̄▽ ̄;

 オーディオと静電気

 JimmyJazzには不思議とBGMの音が良い日がある。ひとつは雪の日でもうひとつは雷の日だ。こういう日にはまるで見えないバリヤーができたように周囲の雑音が消えて、音楽だけがはっきりと聞こえるのだ。
 また、寒い日に冷えた体のお客様が暖かい店内に入ってくると、その方に音楽がつきまとうように見えることがある。同じように屋外に出して冷え切った植木を店内に運び入れると音が良くなることもある。

続きを読む "オーディオと静電気"

 ダウン・トゥー・アース

 ここ数年で薄毛の人がびっくりするくらい増えている。もう何度も言ってることだけど、わたしがこの仕事を始めた頃は、部分的に禿げてる人は居ても、全体的に薄く毛が細く痩せていくタイプのいわゆる「薄毛」の人はめったにいなかった。これは異常事態である。絶対に何か原因があるはずだと研究しているのだが、ひょんなことから静電気によって髪の毛が薄くなるのではないかという仮説を立ててみた。

 ごちゃごちゃ言わんでええからさっさと毛が生える方法を教えんかい!と怒られそうなので、「体内静電気を抜けば病気は怖くない!」という本に書かれていた静電気を抜く方法をざっとまとめてみた。

続きを読む "ダウン・トゥー・アース"

 こだわりの床そうじ

 今日は自宅に来客ありということで、朝からマンションの共用部分の階段を掃除。方法はJimmyJazzの床と同じく、バケツに洗剤を溶かした水を入れ、ハードスポンジでこすっては乾いた雑巾で拭くという原始的なもの。もっと効率のいい方法がありそうなものだが、26年間ずっとこれである。じつは床を拭くときのこのしゃがんだ姿勢が腰痛に効くのだ。さらに今日は特に風が冷たくて手が悴むけれど、雑巾をすすぐときも温水を絶対に使わないことがMasterの若さの秘訣なのである。って、誰もそんなこと聞いてないか(^^;

 静電気と薄毛の関係

 あんまり薄毛薄毛と毎回書くものだから、Masterはきっとハゲなんだなと勝手に想像してる読者がいるかもしれないけれど、ほんの少しさみしくなってるだけでまだハゲではないぞ!(^^;

 さて、静電気と薄毛の関係について、玉石混交のネット情報ではなくちゃんと研究してる人がいないかと調べてみたら、堀泰典というお医者さんが「体内静電気を抜けば病気は怖くない!」という本を著していたので、さっそく取り寄せてページをめくってみると、ほらほら!

 意外にも静電気が健康被害を及ぼすという説はあまり一般的でないようだが、この本はお医者さんが書くだけあって(?)じつに興味深いことが書いてあり、ただのトンデモ本ではない説得力がある。よくあるこんなビフォーアフター写真も、育毛剤か何か買わせようっていうのなら話は別だが、何も必要なくてただ静電気を抜けばこうなるというのだ。
 まだ読んでる途中なので、詳しくは読み終わってからご報告したい。これで花粉症も薄毛もメタボも全部一気に解決!なんてことにならないかと大いに期待( ̄▽ ̄;

 さらばナカヤマさん

 元スイング・ジャーナル誌編集長で、日本でのマイルス・デイヴィス研究の第一人者でもあった音楽評論家の中山康樹さんが1/28に悪性リンパ腫のため逝去された。享年62歳。
 JimmyJazzに来てくださった数少ない有名人の一人で、わたしのAsahi.comジャズストリートへの執筆を推薦してくださった恩人である。氏の著書なくして日本のジャズ界はないというくらいその影響力は計り知れない。晩年、文章に少し毒が多いなと思って心配していたのだが、ご病気とは知らなかった。ご冥福をお祈りします。

 別の角度で

 今年のお正月、家内の実家に泊めてもらった際に、お義母さんがお風呂に入りなさいと”P”シャンプーを用意してくれた。うわあ、”P”か。TVコマーシャルをバンバン流している某シリコン入りシャンプーである。1日くらい洗わなくたってどうってことないのだが、妙に興味が湧いて使ってみた。シャンプーしてよくすすいだはずなのに、また髪が濡れるとヌルヌルしはじめるのはやっぱり変である。皆さんはお使いにならないほうがいいと思う。

 また、シリコンシャンプー以外に「毛穴の汚れが抜け毛の原因」という説にも、わたしは一定の疑問を抱いていて、「毛穴が詰まるのでリンスはしないほうがよい」という人もいる。たしかにリンスあるいはコンディショナーと呼ばれるものは髪を薄い膜で包む作用があるから、リンスをすると毛穴を塞いでしまうようなイメージがあるけれど、洗ってキシキシする髪を保湿し、髪の毛同士の摩擦を防ぐ意味もある。
 最近言い出したように、もし静電気が薄毛の原因だとすれば、そりゃあリンスしたほうが静電気は起きにくいでしょうという話である。

 このように、ある仮説に基づいて考えを組み立てていくと、イメージだけでどんどん変な方向に向かっていくことがある。オーディオだってそうだ。
「振動が音に悪さをしている」と聞けば、とにかく振動を止めなくてはいけない。鉛などの重石でダンプして「ほら音が変わった!やはり振動対策が大事なのだ」と考える。まず「鉛の音が付加された」という考えにはいかない。
 やはり極端な単一思考でなく、物事はいろんな面から考えてみないとなかなか真実は見えてこないようである。

 パジャマを着よう

 薄毛の原因は静電気ではないかと疑い出した先月末から、ポリエステルのジャージをやめて、綿100%のパジャマで寝ることにしたのだが、なんかいい感じである(^^;
 最初は気のせいかと思ったのだが、やっぱり綿のパジャマのほうがリラックスできる。心なしか髪にも効いてるような手ごたえがある(気がする)。
 普段着る洋服の組み合わせも、できるだけ静電気が起きにくいよう配慮しているけれど、いきなりクローゼットの中身を入れ替えるわけにもいかず、仕方なくポリエステルのシャツにウールのセーターを着てしまうこともある。

 ハイテク素材は暖かくてすぐに乾き、丈夫で発色もよく、なんだかいいことずくめのようだけれど、もしこの組み合わせで薄毛をはじめとする何らかの健康被害が起きてるのだとすれば、ちょっと立ち止まって考えないといけない。確証はないがひょっとしたら花粉症やアトピーなどのアレルギーも改善するかもしれない。まずはジャージをやめて綿パジャマで寝ることから始めてはいかが?

 高い音っていくら?

 音のこととなると、なぜか少し気取って「ええかっこしい」になる人が多い。価格ドットコムの液晶テレビのレビューなんかでも、「音質は低音がやや軽いですね」とか「AVアンプに繋いでいるので本体の音は一度も聞いてません」とか、画質や性能の欄はふつうに書いてるのに、音に関してだけ「一家言ありまっせ」「違いのわかる男のネスカフェゴールドブレンド」みたいになってしまうのである(^^;
 iPodやウォークマンのイヤホンにもうるさい人が多い。一万円以上の高級イヤホンを使ってる人の感想だが、「一度“高い”音に慣れてしまったら、もう1000円以下の音には戻れないでしょう」というから恐れ入る。
 ちなみにわたしはずっとApple純正のイヤホン(2千円位)を使用していてなんら不満を感じない。壊れたら同じのをまた買って使っている。むしろ高いイヤホンを聴いてみても良くなかったからだ。純正でいいならそれに越したことはないではないか。
 100万円程度のスピーカーでは高級機と呼んでもらえないから、オーディオマニアが言う本当の”高い音”というのはだいたい1千万位だろうか。それから比べたらイヤホンが1万円か1千円かなんて、ほとんど差がないに等しい。おっとわたしもついええかっこしてしまったぞ。CDはたとえ1円でも安いのを探して買うくせに( ̄▽ ̄;

 シブい大人になりたい

 大人になってからはあまり言わなくなったけれど、大阪、特に阪南地方の子供たちのあいだで、「かっこいい」の最上級を「シブい」と呼んでいた。めちゃくちゃかっこいいことは「めっちゃシブい!」と表現するのだ。
 単に「かっこいい」というのは、「粋がってる」「目立ちたがってる」「ええかっこしい」という意味を含む、子供らのなかでもいくぶん蔑んだ言い回しなのである。自分からじゃんじゃんアピールする奴は、たとえかっこよくても認められず、謙虚にコツコツ努力したり友情を大切にするような「いぶし銀」のような光を放つ男こそ、「あいつはシブい!」と最大の賞賛を受けられるのである。

 言ってみれば、ロックスターは「かっこいい」けれど、ジャズメンは「シブい」のである。マイルス・デイヴィスもスーツを着てスタンダードを演っていた’50年代までは「シブい」から人気があるが、電気楽器を持ち込んで「かっこいい」音楽を演りはじめると「シブ好み」の連中はついていけなくなった。
 まわりに認められないと、ついかっこうをつけてしまい煙たがられるのが常だが、本当に自信のある人はやたらと自慢話などしないものだ。ええかっこしいは自信がないことの裏返しなのだ。と、ついかっこいいことを書いてしまうわたしも実は自分に自信がない。はやくシブい大人になりたいものである(^^;

 わたし待つわ

今日は朝一番で歯医者に行った後、自宅に戻り午前中到着する予定の宅急便をじっと待っていた。昨日念のために宅急便の会社に電話して、自宅マンションの部屋番号と電話番号を伝えておいた。うっかり連絡先をJimmyJazzの電話番号にしていたのに気がついたのだ。
ところが12時を過ぎても来る気配がない。あらためて電話で問い合わせてみると、11時20分に配達に行ったが不在のため持戻しになっているという。ずっと待っていたのにそんなはずないだろう。ドライバーに伝えますとのことなので、またじっと待っていたが、2時間待っても連絡なし。またまた同じところに電話して、催促するもドライバーが電話に出ないという。もうしばらく辛抱して待ってたらようやくドライバーから電話がかかってきた。このあとも配達があるので、うちに来るのは18時以降になるという。昨日電話で伝えた電話番号のことがまったく伝わっておらず、JimmyJazzの番号にかけて不在と判断したらしい。荷物を待つだけで一日潰れてしまった。

 じゅうぶん良い音

「少しでも良い音で聴ければ」と思って軽い気持ちで始めたオーディオが、いつのまにかたいへんなことになっていた。当初の「少しでも」の目標は大きくオーバーして、(他人様はどう言うか知らないが)かなり良い音になってしまっている。こんなに良い音になってくれと願ったことなんて一度もないのだ。ジャズが普通に鳴ってくれたらそれでじゅうぶん。ところがそのじゅうぶんへの道のりが遠かった。普通に鳴らすということがいかに困難なことか。
 オーディオ雑誌に翻弄され、オーディオ店員に翻弄され、メーカーにも翻弄されながら、やっと辿り着いた涅槃の境地。これで満足。もうじゅうぶん良い音だと思う。

 しかし、またインフラノイズが電源ケーブルを発売するという。はっきり言って恐怖である。たぶん繋いだらもっともっと良くなると思う。軍資金の面でもかなり恐ろしいけれど、一時的にでもこの音が消滅し、新たにまた再構築しなくてはいけないということに毎回ビビッてしまうのだ(^^;
 何かを導入してスッとうまく行くときもあるが、スッと行かないで微調整が必要になることがある。いつも最終的にはなんとかなるものの、納得できる音が出てない間の不安感たるや、もう筆舌に尽くしがたいのである。
 もうじゅうぶん良い音なんだけどなあ。いっそ電源ケーブル発売やめてくれないかなあと毎晩恐怖にブルブル震えているMasterなのである。

« January 2015 | メイン | March 2015 »