耳ある者は聴け!DGリベラメンテ大爆発!!

 DGリベラメンテから漏電してアンプが爆発したとかいう話ではない(^^;

 リベラメンテアナログケーブルにショックを受け、全部のケーブルをインフラノイズ製に買い替えた伝説のユーザー、愛媛在住のT様。使用中のデジタルケーブルは勿論インフラノイズDGC-R5。それもついこのあいだ購入されたばかりである。それでも「リベラメンテの名前がついてたら買わないわけにはいかない!」と発売と同時に注文を決意。そんなT様の元に、新製品DGリベラメンテが到着した。以下、衝撃のレポートをご紹介しよう。

続きを読む "耳ある者は聴け!DGリベラメンテ大爆発!!"

 君はもう”リベラメンテ”を体験したか

DGリベラメンテBNC 曲がる部分は実質1mくらい?

 毎回インフラノイズの新製品が出るたび、「今度のは凄い!」「凄い凄い」の一点張りで、なんだかうさんくさい連中だなあと思われてるようである(^^;
 一度使ってみれば、騒ぐ理由もわかると思うのだが、うさんくさい仲間に加わるのに抵抗があるのかもしれない。しょうがない。

続きを読む "君はもう”リベラメンテ”を体験したか"

 今年も”ささやかなクリスマスプレゼント”はじめました

中身はチョコみっつ

 今年もいよいよクリスマス。というわけで、12月25日までにご来店のお客様に、もれなく”ささやかなクリスマスプレゼント”を差し上げます。今回はこんな感じです。喜んでくだされば、わたしも扮装した甲斐があるというものです(してないしてない)(^^;

 エアー・イン・DGリベラメンテ

「JAPAN」の文字が頼もしい。DGL1.3-BNC

 皆さん、5月25日は何の日か、ご存知だろうか?

続きを読む "エアー・イン・DGリベラメンテ"

 DGリベラメンテBNCキター!

DGL1.3-BNC.JPG

続きを読む "DGリベラメンテBNCキター!"

 これを食べれば毛が生える!?育毛に効く食材

 最近、どうもおかしい。

 30年ちかくこの業界で、数え切れないほどの頭髪を見てきたが、このところ、髪が薄くなる人が妙に多い気がする。もちろん30年前にもハゲおやじはいたし、いまもいる。しかし、昔のハゲと最近のハゲでは、ハゲのタイプが違うように思うのだ。

続きを読む "これを食べれば毛が生える!?育毛に効く食材"

 インフラノイズより高音質ワードクロック信号分配器"CCD-6"新発売
Infra Noise Laboratory CO.,LTD.
ORTHO SPECTRUM

高音質ワードクロック信号分配器
WORD CLOCK DISTRIBUTOR
MODEL  CCD-6

CCD-6

続きを読む "インフラノイズより高音質ワードクロック信号分配器"CCD-6"新発売"

 インフラノイズより音楽録音再生専用デジタルケーブル"DIGITAL LIBERAMENTE"新発売
Infra Noise Laboratory CO.,LTD.
ORTHO SPECTRUM

音楽録音再生専用デジタルケーブル
DIGITAL LIBERAMENTE
DGL-1.3BNC & DGL-1.3RCA

DGL-1.3BNC

続きを読む "インフラノイズより音楽録音再生専用デジタルケーブル"DIGITAL LIBERAMENTE"新発売"

 EAR V-12なら、使ってみたい!

 すっかりオーディオ雑誌も見なくなり、話題の新製品など試してみようという気も失せて、数ヶ月ごとにインフラノイズが出してくれるアクセサリーだけでJimmyJazzのオーディオは進化している。今後、スピーカーもアンプも替えるつもりはないから、当店が日本一音の良い理容室になるかどうかは、インフラノイズが良い製品を出してくれるかどうかにかかっているのだ(^^;
V-12

続きを読む "EAR V-12なら、使ってみたい!"

 ジョー・パス(g) 『Sound Of Synanon』

ジョー・パス(g) 『Sound Of Synanon』

 シナノンとは、麻薬中毒者の厚生施設で、アート・ペッパーやチェット・ベイカーも入所していた。本作は、そのシナノン入所者だけで演奏されたもので、ジョー・パスのデビュー作でもある。パス以外は知らないメンバーとオリジナル曲ばかりで、どうかなと思ったが、聴いてみるとこれが大当たり。元気溌剌の好演で、特にドラム始めて一年というビル・クロフォードが良い。生ぬるいアンビエンスが病んだイメージ。裏ジャケにはシナノン備品のフェンダー・ジャズマスターを弾くパスの写真も。 ★★★★

続きを読む "ジョー・パス(g) 『Sound Of Synanon』"

 キーリー・スミス(vo) 『Cherokeely Swings』

キーリー・スミス(vo) 『Cherokeely Swings』

 ブラジル人だと「バナナがどうした」とか歌わせたがるアメリカ人は、キーリー・スミスがインディアン系だと、またすぐそういう格好でレコードを作ろうと、ステレオタイプの単純な発想をする。しかし、そんなことお構いなしにキーリーの喉は、ビリー・メイ楽団を従え鮮やかに歌い上げる。白眉は[5]。独特のコブシはチェロキー族の伝統か?よく響く美声を聞いてると頭蓋骨の形まで愛しくなる。Masterが骨まで愛した女性シンガー。 ★★★★

続きを読む "キーリー・スミス(vo) 『Cherokeely Swings』"

« October 2012 | メイン | December 2012 »