Q: そもそも、ジャズの聴ける理容室をはじめようとしたきっかけは?

 その店は、淀川通り沿いに建つ府営住宅の一階にあった。ドアを開けると、コンクリートの壁に囲まれ、大きなスピーカーからモダンジャズが流れる、まるでジャズバーのような空間。壁面を飾るジャズメンのポートレートや歴史的名盤のレコードジャケット。ここはどこだ?西淀川の下町に居ることを一瞬忘れてしまうような異次元空間。

 コトンと静かな音をたて、ジャズの聴ける理容室のMasterは、レコード盤をひっくり返した。

続きを読む "Q: そもそも、ジャズの聴ける理容室をはじめようとしたきっかけは?"

 感動の声続々!リベラメンテは必ず2セットめが欲しくなる!?

 大好評のインフラノイズ・リベラメンテケーブル。なぜか他のオーディオショップのWEBサイトで一向に取り扱う気配がない。まだ雑誌にも出てないし、いまのところ、事実上JimmyJazzの独占販売になってしまっている(^^;
 いまさらケーブルごときでワイのワイのと騒ぐこともあるまい、と、その油断につけこんで、当店では売れに売れており、これは大ヒットの予感。

続きを読む "感動の声続々!リベラメンテは必ず2セットめが欲しくなる!?"

 あまりの音の良さに思わずニヤけてしまう(笑)

 これまでいくつものインフラノイズ製品を使ってきたけれども、このリベラメンテケーブルは満足度ナンバーワン!あまりの音の良さに、仕事をしながら思わずニヤけてしまう(笑)
 RCAケーブルだけで、こんなことや、あんなことまでできてしまうんやねえ。すごいねえ(^^;

続きを読む "あまりの音の良さに思わずニヤけてしまう(笑)"

 ケーブルで音は変わらない

 昔、ある紳士が、家の改築を機にオーディオをはじめられた。けっこうな財を投入してリスニングルームを造り、高級な機材も揃えて、オーディオ誌に載っている、ケーブルやらコンセントやら、それにオカルトまがいのものまで、ありとあらゆるアクセサリーを買い込んでは試してみた。
 ところが、その方の悩みは、「何をやっても音が変わらないことだ」というのである。

続きを読む "ケーブルで音は変わらない"

 リベラメンテケーブル試聴

 リベラメンテケーブルとGPS-777を追加して鳴らした様子をあげてみた。
2010年の11月にあげたのと同じ曲を並べてみたので、どんなふうに変わったか比較してみてください。

続きを読む "リベラメンテケーブル試聴"

 ラジカセ以下の音?

 「オーディオを始めてから、ジャズやクラシックを聴くようになりました」

 よく耳にする話で、じつにけっこうなこととは思うのだが、では、オーディオを始める前はどんな音楽を聴いていたのか。ロックやJ-POPが好きで、それらの音楽を、もっと良い音で聴きたいと思ってオーディオを始めたのではなかったか。

続きを読む "ラジカセ以下の音?"

 リベラメンッテ!(・∀・)

 なかなかオーディオケーブルを100本以上作ったことのある床屋というのもないと思うが、数は作っただけあって、市販のケーブルを見る目はずいぶん厳しくなった(^^;
 そこへいくと、このリベラメンテケーブルは見事なもので、寸分の狂いなく、きっちりインフラノイズが狙ったとおりの音に設計されている。ここまでしっかり造り込んだものでないと、「ケーブルはコンポーネントの一部だ」なんて、恥ずかしくて言えないと思うのだが・・・。

続きを読む "リベラメンッテ!(・∀・)"

 News Release インフラノイズから音楽録音再生専用アナログケーブル LIBERAMENTE(リベラメンテ) 新発売
新製品のご案内
INFRA NOISE LABORATORY CO.,LTD.
ORTHO SPECTRUM 音楽録音再生専用アナログケーブル
LIBERAMENTE (リベラメンテ)
LBA-1.3RCA      LBA-1.3XLR

LBA-1.3RCA

続きを読む "News Release インフラノイズから音楽録音再生専用アナログケーブル LIBERAMENTE(リベラメンテ) 新発売"

 ジョー・ジョーンズ(ds) 『Jo Jones Trio』

ジョー・ジョーンズ(ds) 『Jo Jones Trio』

★★★★
 ベイシー楽団の名ドラマー、”パパ・ジョー”ことジョー・ジョーンズのリーダー作。ガサガサ、シャカシャカ、ワッサワッサと革の擦れる音の上にピアノとベースが乗っかって景気よくスイングする。両脇を固めるのはトミー&レイのブライアント兄弟。そのへんの机やら椅子やらを、一緒になって叩きながら聴けば楽しさ倍増。[6]のブラッシュワークは圧巻だが、これだと”フィリー”ジョーではないか?!自信漲るドラミングを披露するパパ・ジョーも、晩年は自分の偉大な功績が充分に評価されてないと思い、ずいぶん苦しんだという。気の毒に。[4]はドラム抜き。 

続きを読む "ジョー・ジョーンズ(ds) 『Jo Jones Trio』"

« May 2012 | メイン | July 2012 »