シャキシャキ野菜にご用心

「Masterはお昼ごはんはどうしてるの?」

 わたしほどの人気者(?)になると、ありがたいことにお客様がお昼ごはんの心配までしてくださる。ご心配なく。家内が弁当を作って持ってきてくれます。
 平日はそれでいいのだが、問題は土日祝日。仕事が忙しいと弁当を作る暇がない。手っ取り早く、スーパーやコンビニの弁当ですませると、あとでひどい目にあう。

 わたしのように創作的(??)な仕事をしなくてはいけない立場で、昼にコンビニ弁当を食べると、午後はもう仕事にならないのである。頭がボーッとして、何もアイデアが思いつかない。
 よく、子供を塾に通わせるためにお母さんがパートに出て、子供の夕食にコンビニ弁当を与えるというパターンがあるけれど、どうかと思う。果たしてあれで勉強が頭に入るのだろうか。

続きを読む "シャキシャキ野菜にご用心"

 梅雨入りとカウント・ベイシー

 近畿地方は、例年より12日はやい梅雨入りだそうで、オーディオマニアにとってもあまり嬉しくないシーズンの到来である。春先に色めきたっていたマニアも、だんだんこのへんでダレてくる。
 梅雨どきに音が良くないのは、湿気のせいだと思われがちだが、ほんとうは室温と外気の温度の差が逆転するからなのだ。同じように雨が降っていても、外気が冷たいと音は良いから、一度注意して観察してみてください。

 当店では、USB-201で手持ちの音源を片っ端からかけまくってる状態が依然続いていて、なかなか終わらない。聴くたびに新たな(音楽的)発見があり、梅雨もふっ飛ばしそうな勢いであるが、とりわけ音が良いのがデイヴィッド・サンボーンなどの'80年代フュージョン、それにビリー・ホリデイ、カウント・ベイシー!

 なんで”日本一オトの良いジャズ喫茶”が「ベイシー」の名を冠しているかが、ようやく理解できた気がする。この怒涛のブラスアンサンブル!すごい!これがデジタルで再現できるのは、おそらくUSB-201以外にはないだろう。
 USB D/Dコンバーターなんて、何を使っても同じだなんて思ったら大間違いである。※USB-201関連エントリー

 府営歌島住宅内にコインパーキングができました

Pマークがコインパーキング

 当店のある府営歌島住宅敷地内にコインパーキングができました。5台分しかありませんが、100円/60分と格安ですので、空いていればこちらがお勧めです。ほかにも、当店の道路向いのTimes(200円/40分)、一本南側の筋の税務署向い(100円/30分)、大野川緑陰道路沿いにもTimes(200円/60分)がございます。自動車でお越しの際には参考になさってください。

 インフラノイズDAC-1次回入荷は7月中旬になります

 D/Aコンバーターの名作として、ロングセラーを続けているインフラノイズDAC-1ですが、部品調達のため少々納期がかかります。次回入荷は7月中旬の予定。CRV-555も同じく品切れで、こちらも入荷は7月中旬の予定です。

 USB-201は、今のところ約3週間待ちで安定している模様。いずれの品も予約を受け付けておりますので、購入ご希望のお客様は、”お問い合せ”ページから、氏名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスを明記のうえ、「USB-201購入希望」「DAC-1購入希望」等の件名で送信してください。
 お問い合わせのあった方から順番に入荷のご連絡を差し上げています。

 Canon PIXUS MG5130を買った

 ブログも長くやってると備忘録のようになってきて、家電製品などの大きな買い物をいつしたかなんてこともいまでは容易に調べられる。
 今回はプリンターを新調した。ずっと使ってきたCanonのPIXUS MP600は、2006年12月5日ごろ購入だから、4年半使用したことになる。まだまだ動きそうだったが、ゴミが給紙口に入り込んで印刷不能に。

 あらためて操作を憶えるのもたいへんなので、できるだけMP600と同じ感覚で操作できるものを、と思い、同じくCanon インクジェット複合機 PIXUS MG5130にした。上位機種のMG5230という選択肢もあったが、MP600では一度もCDラベル印刷などしなかったし、無線LAN印刷も便利といえば便利かもしれないが、USBケーブルで繋げば済むだけの話。どうせ印刷の具合を点検するのに行ったり来たりするのは目に見えている(^^;

続きを読む "Canon PIXUS MG5130を買った"

 USB-201でハートに深く斬り込め

 ”ジャズの聴ける理容室”とは、自分でつけたが、なかなかハードルの高いキャッチコピーである。「この程度でジャズが聴けるといえるのか」と、毎日毎日悩み続ける。
 とにかく大音量で押し切って、「聴ける」と言い張る方法もあろうが、すぐに「やかましい!」といわれるのがオチだ。あくまでも常識的な音量で、「ジャズを聴ける」状態にしなくてはいけない。

 インフラノイズUSB-201を入れてからの一ヶ月、これならジャズの聴ける理容室として恥ずかしくないかも?という音が出ていて、なんとかギリギリセーフの状態である(^^;

続きを読む "USB-201でハートに深く斬り込め"

« April 2011 | メイン | June 2011 »