USB-5を使ってみた

※2009年3月1日(日)PM2:00~4:00 再びUSB-101、USB-5 の試聴会が日本橋上新電機1ばん館4Fリファレンスルームで開催される。果たしてUSBメモリなんかで音が変わるのか、それとも変わらんのか、ぜひご自分の耳で確かめてもらいたい。なお、試聴会場は狭いので、できれば事前に予約しておくほうが安心だ。電話(06-6634-2111)
http://joshin-audio.jugem.jp/?eid=116

HUBに繋いだUSB-5、隣はコルクで挟んだ裸メモリー

 巷で話題沸騰(?)の音楽専用USBメモリー、インフラノイズUSB-5の製品版試聴機が到着した。見たところ、試作段階のものと同じようだが、中身はさらにブラッシュアップされているそうだ。
 あの音がようやく聴けるのかと、わくわくしながらパソコンに差し込んだ。USB-5の試作段階から聴いているので、メモリーで音が変わるなんて当たり前じゃーんと思っていたのだ。発表になるやいなや、「USBメモリで音は変わらん」との非難が続々と。これほどたくさん出るとは思わなかった。わたしにとっては当たり前でも、彼らにとってはそうではなかったのだ(^^;

続きを読む "USB-5を使ってみた"

 スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン(ts,bs) 『Getz Meets Mulligan in Hi-Fi』

スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン(ts,bs) 『Getz Meets Mulligan in Hi-Fi』

 紅葉がひらりと舞い落ちるようなピアノのイントロで始まる[1]、じつはゲッツとマリガンが楽器を交換して吹いている。バリトンを吹いてもゲッツはゲッツだし、テナーを吹いてもマリガンはマリガン。曲によって入れ替わる。官能的にコブシをまわすゲッツに対し、ゴシック調とでもいうべき直線的なフレーズのマリガン。どっちがどっちか判別できるようになれば一先ずジャズ初心者は卒業。リズムセクションはでしゃばることなく、軽く小粋にスイングする。ビンテージの風合い、リラックスした雰囲気がとてもいい。マリガン作の[6]に傾聴。 ★★★★

続きを読む "スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン(ts,bs) 『Getz Meets Mulligan in Hi-Fi』"

 ハンプトン・ホーズ(p) 『Four!』

ハンプトン・ホーズ(p) 『Four!』

 スカッと晴れ渡ったカリフォルニアの空のような快演!音の肌触りが気持ちいい。この乾いたサウンドこそ録音技師ロイ・デュナンの持ち味。ゼンマイの新芽のようにくるくると回るホーズ得意の節回し、ケッセルのブライトなトーン、シェリー・マンのブラシもシュワシュワと歯切れよく、軽快なアクセントが効いている。特に[2]での掛け合いは必聴の楽しさ。[3]はその名のとおり作者ミッチェルの弓(Bow)が先行する弾むようなトラック。体調がすぐれないときにはこの一枚。爽快な気分になれること請け合いだ。 ★★★★

続きを読む "ハンプトン・ホーズ(p) 『Four!』"

 親子電話に雑音入る

続きを読む "親子電話に雑音入る"

 大容量ハードディスクが欲しい

 年末にiPod touchを買うのに全部使ってスッテンテンになった楽天ポイント、USB-101がじゃんじゃん売れ、釣られるようにDAC-1もぽつぽつ売れて、おかげで、またまたポイントが貯まり、せっかくなので「新しい中古パソコン」を買った。
 先週から、この「新しい中古パソコン」にデータを移していたが、やはりUSB-101の性能をフルに引き出すためには、どうしても圧縮なしで音楽ファイルを取り込みたいところ。そしたら、あっという間に内蔵ハードディスクはパンパン。これは大容量のハードディスクが要るなと思い、梅田に市場調査に行ってきた。

続きを読む "大容量ハードディスクが欲しい"

 アントニオ・カルロス・ジョビン(p,g) 『イパネマの娘』
Amazonで詳細を見る
アントニオ・カルロス・ジョビン(p,g) 『The Composer Of "Desafinado," Plays』

 「フランク・シナトラに僕の曲を歌ってもらうのさ」と云っては鼻で笑われていたという。ジョビンは、自分のことを作曲家として位置づけており、メインパフォーマーとして演奏する気がなかったようだ。本作ではリズムギターとピアノを多重録音。といっても、華麗なテクニックなど持ち合わせておらず、ピアノで主旋律と訥々と弾く。収められたすべてが後にボサノヴァのスタンダードとなる美しい曲ばかりで、弦の巧妙なアレンジによって洒落た軽音楽に仕上がっている。なお、国内盤は何度再発されても[2]と[5]の曲名が間違ったままになっている。[2]は「ワンス・アイ・ラブド」、[5]は「悲しみのモロ」が正解。 ★★★★

続きを読む "アントニオ・カルロス・ジョビン(p,g) 『イパネマの娘』"

 USB-5を嗤った気の毒な人たち

 先般紹介したインフラノイズの音楽再生専用USBメモリー「USB-5」、すごい反響である。よほどネタにしやすかったのか、あちこちの日記やらブログで紹介されている。そのほとんどが、「そんなもんで音が変わるわけがないのに、アホかこいつらは」的な内容であった。

 しかし、よく考えてみたまえ。ちょっとパソコンの知識がある人が見れば、まったく音が変わりそうもないものを、インフラノイズがわざわざ売り出すメリットがいったいどこにある?

続きを読む "USB-5を嗤った気の毒な人たち"

 News Release インフラノイズより音楽録音再生専用USBメモリー「USB-5」新発売

USB-5.JPG

 ㈱インフラノイズから音楽録音再生専用USBメモリー「USB-5」新発売の案内が到着しました。以下同社承諾のうえ転載します。

続きを読む "News Release インフラノイズより音楽録音再生専用USBメモリー「USB-5」新発売"

 Cold Water in the Face

続きを読む "Cold Water in the Face"

« January 2009 | メイン | March 2009 »