オーディオと数学

 オーディオ趣味のはじまりは、だいたいAよりBが良いか悪いかといった単純な背比べから出発する。これは数学というよりも、多いか少ないか、長いか短いかの比較でしかない、算数以前の問題だが、比較することが知恵のはじまりであるから、これはこれでたいせつなことである。

続きを読む "オーディオと数学"

 秘儀・音楽に包まれる法

 昨日、当店常連でオーディオマニアのMさんと話していて、「音が左右から回り込んでくるような、音に包まれるような感じにできないか」と相談を受けた。
 わたしは一度もMさんのリスニングルームへ行ったことがないのだが、よく話は伺っていて、だいたいの好みは把握しているつもり。音が前方には出るのだが、回り込んでこない、遠いというのは、スピーカー側の問題というより、むしろリスナー周辺の環境がよくない場合が多いのだ。

 リスニングポイント背後は?と訊ねると、すぐ後ろにペラペラの板壁だと仰る。その壁からの余計な反射音が耳に入ってきて、前方スピーカーからの音楽に集中できないのではないか、そう考えてわたしは、「試しにフェルトを一枚貼ってみたらどうでしょうか」と提案した。Mさんはそれを即実行されたようで、今朝メールが届いた。以下がその内容である。

続きを読む "秘儀・音楽に包まれる法"

 インターネットラジオの圧縮

 近頃よくインターネットラジオのradioioStandardsをかけている。当店で普段かけているようなジャズが頻繁にかかるからだ。ストリーミング再生とは、ここまで音質がよくなっていたのかと感心しきり。
 だが、おかしい。いくらなんでも元のCDと音質が違いすぎる。まるで別テイクかと思うほど、ぜんぜん音が違うのである。

続きを読む "インターネットラジオの圧縮"

 ヒゲ、抜くべからず

続きを読む "ヒゲ、抜くべからず "

 なんだか最近髪に元気がない

続きを読む "なんだか最近髪に元気がない"

 ネットラジオで営業するも・・・

 昨日一日ネットラジオをかけて仕事してみた。CD取替えの必要もないし、音も良い。特にシンバルがシュワ~~~~~~ンとたっぷり2小節の間、減衰しないで聞こえるのはライブを見るような快感。CDじゃなかなかこうはいかないものだ。しかし、8時間、10時間と聞いていると、なんだか頭がガンガンしてくる。高域に歪みが乗っているのだ。ストリーミング再生は、回線の混み具合によって音質が変動するようだし、ここいらがパソコンの限界か。まだまだクリアすべき問題はありそう。ネットラジオで済んだらそら苦労ないわな~。USB-101なら大丈夫なんだろうか。心配である。

 CDよりYouTubeのほうが音が良いというわけわからん事態

 USB-101を聴いてから、CDプレーヤーのディスクが回転する感じが気になってしょうがない。音が揺れるのである。なんとなくそれが嫌で、iPod shuffleをRMS-1000に繋いでしばらく聴いていた。
 もともとわたしは圧縮音源にそれほど抵抗がない、というか、非圧縮と聞き比べても、それほど違いがわからない。目を三角にして圧縮を嫌う人も多いが、別にどっちでもええやないかと思ってしまう。圧縮する、しないよりも、音楽が壊れてるかそうでないかのほうがわたしにとっては重要なのである。

続きを読む "CDよりYouTubeのほうが音が良いというわけわからん事態"

 名機ブランドは保険みたいだ

 iPod shuffleはじつにいい。これで世界の名演奏なんか聴いたら最高である。でも、それほどでもない演奏はiPodだとあまり聴きたくない。特に耳元でがなられるのは勘弁してほしい。
 世界の名演奏というほどでもない音楽は、自宅のJBL S3100で聴く。するとこれが素晴らしいのである。自宅ではロックとかニューミュージックとか、主にジャズ以外を聴くことが多い。ジャズCDはほとんど店に置いてあるからだ。
 JBLのスピーカーを中心とした我がシステムは、これらの音楽を、じつにうまく演奏してくれる。iPodではやかましくて聴く気のおきないものでも、わりと楽しく聴けてしまう。

続きを読む "名機ブランドは保険みたいだ"

« September 2008 | メイン | November 2008 »