ヴォリュームアキュライザー装着

 オーディオアクセサリーメーカー、インフラノイズの新製品”ヴォリュームアキュライザーVRA-7”(以下VRA-7)を見た第一印象、「エッ、これマッキンに貼るの??」
 オーディオの音が良くなるのは大歓迎だが、見目麗しマッキントッシュアンプのクリスタルガラスパネルにメンソレータム缶の蓋みたいな物体はどうも。。。(^^;

 当店で販売しておきながらこんなこと言うのも無責任だが、できれば見なかったことにしてもらいたい。今の音にさして不満があるわけではないのだ。そんな気持ちを知ってか知らずか、いつもなら真っ先にサンプルを持ってくる秋葉社長も今回に限って何も言ってこない。ひょっとして忘れてるのか?しめしめ、このまま無かったことになればと思ったら甘かった!忘れた頃にパナマ帽かぶった社長が持ってきたのはパワーアンプの左右ボリューム2個の大サービス!!( ̄▽ ̄;

 VRA-7の実物を手に取ってみると、アルミのメンソレータム缶みたいなのに鹿革が巻いてあり、孔が一個空いていて振ると企業秘密の内容物がコトコトと動く音がする。いったい何が入ってるのだろう?角の取れた硬めの消しゴムみたいなものが複数個あるように感じられた。これらが電気的でなくアコースティックに作用するもののようだ。勇気のある人は自己責任で分解して調べてみてください。多分見てもさっぱり何かわからんと思うが(^^;

 このVRA-7をアンプのボリュームつまみに貼ると素晴らしい効果を発揮するらしい。しかしマッキンのボリュームが直径2センチほどしかないのに、VRA-7は直径4センチくらいあるから、両面テープ部分が余ってゴミがくっつくじゃないかと危惧したが、製品付属のテープは直径2センチでピッタリサイズなのだった。

 軽く接着して秋葉社長と近況など雑談しながら試聴するが、パッと聞いた感じではそれほど激変!という感じでもなく、かといって悪くなった気配もない。この程度ならいつも経験している「誤差」の範囲内だが、「明日くらいに良くなってると思います」と自信満々で社長は帰って行った。

 もともとマッキンのアンプは余計なことをすると悪くなるばかりで、何度かトライしたが今は全く手を加えていないのだ。悪くなるならもってのほか、ちょっと良くなったかな?位の効果なら、社長には悪いがVRA-7にはベンチを温めてもらおうと翌朝来てみると、ほ〜らこれだ、めっちゃ良くなってるではないか!?

 この変化をどう表現しよう?アンサンブルの見事さはもちろんのこと、せわしなく動いてるドラムのスティックの後ろでゆっくり息を吹き込むサキソフォンが見えるというか、複数の時間軸が別々に進行してるのを見て取れるというか。この時間的ほぐれ感はVRA-7装着以前には決して見られなかったものである。うーんマイッタ!!
 マッキントッシュは変態的な見た目になったがVRA-7はもう外せないぞ。こんなに音が良くなって困るなんて贅沢な悩みである。。。
 


« インフラノイズよりヴォリュームアキュライザーVRA-7新発売 | メイン | 貼るだけで激変! »