Macの音飛び問題

 先週の日曜の夜からMac miniが音飛びし出した。たいてい再起動すると音飛びは治るから、定休日の月曜の丸一日シャットダウンして休ませて、火曜日に起動してみたが症状は変わらず。
 何がカッコ悪いって、古くはレコードの時代から人様に聴かせてる音楽の音が飛ぶほどカッコ悪いことはない(^^;

 これは外付けハードディスクを交換しなくてはいけないか。去年の一月にも同じような音飛びで、4TBのハードディスクを6TBのものに交換して収拾を図った。だとしたら今度は8TBかと思いAmazonを見てみると一年半経ったくらいではそれほど8TBの値段がこなれていない。

 そもそも今どれくらい容量を使っているのかと見てみると、意外にも2TBに満たない1.25TBで、3TBくらい使ってる気持ちでいたから拍子抜けした。これなら8TBどころか4TBでも十分だし、そもそも新しいのを買わなくても前に使ってた4TBをフォーマットして使えばいいんじゃね?

 ダメ元で繋ぎっぱなしだった4TBのHDDをフォーマットし、ライブラリの統合で6TBから4TBのディスクへファイルのお引越しである。以前4TBから6TBに移した時は丸一日以上かかったような気がするが、今回は半日で終了した。

 これで治れば万々歳だが、再生してみるとプツプツと全く症状は治らず。うーむ、こうなるとハードディスクの問題ではないのではないかと思い、Mac miniのシステム最適化というかいらないファイルとアプリを消去して空き容量を増やしてみると見事解決!やはり本体ディスクのスワップ領域がないと重たい音楽ファイルを処理しきれずに音飛びするということなのかな?


« ジミー・プレゼンツ・ミンガス | メイン | インフラノイズよりヴォリュームアキュライザーVRA-7新発売 »