味のある革鞄
この投稿をInstagramで見る

Jimmy Jazz(@jimmyjazz7150)がシェアした投稿


 グローブみたいな革の匂いを家内に「臭い!」とこき下ろされたトートバッグを覚えておいでか。2年前に買って、特に不満もなく、手入れも何もしないでほぼ毎日使っていたのだが、ふと見るとなんだかコイツがクタっとしていい味出てきたのである。

 スーツでもカジュアルでも使えて、そこそこ何でも入る。実は去年一眼カメラを買った際に、肩掛けのカメラバッグを買ったのだが、それはほとんど使わずに、カメラもずっとこのトートに入れて持ち運んでいた。

 使い勝手がいい鞄は人それぞれだろう。2年使って不満が出なかったというのは地味にすごいことで、革の表情が深くなるのも相まって、ますます愛着が増してきた。匂いも薄れ家内も臭いと言わなくなったしw

 で、愛着が深くなったぶん、このトートをさらに大事に使い続けるかと思ったら、そうでもなくて色違いの茶色を購入してしまうのである。
 馬具を思わせる持ち手ストラップがいいアクセントになっていて、どんな服にも合うが、真夏に黒革は少々重苦しい気がしないでもなかったのだ。

 あえてどこのブランドかは言わないことにするが、どこにもブランドマークは入ってないので家内に値段を調べられる心配もない。もし値段がバレてもこの品質でこの価格は素晴らしいと思う。今更だが。


« ジミーを再デザインする | メイン | うまい話の落とし穴 »