おもしろく鳴るジャズ

 これは一大事である。今まで何度聴いても全くおもしろくなかったウィントン・マルサリスのバレエ組曲『Jump Start & Jazz』が、俄然おもしろく鳴り出したのだ。
 いい音で聴くと音楽の価値がわかる、オーディオの醍醐味ってこういうことなんだよね。

 ヴァン・ゲルダー録音のブルーノート盤が当店のシステムでどんな感じで鳴るとかなら、だいたい予想がつくから驚きはしないが、ジャズでバレエ音楽という摩訶不思議な音楽が理解できるとなるほど興味深い。

 超一流のメンバーを集めたリンカーンセンタージャズオーケストラで、バレエといえど中身はジャズ、それにジャケットもかっこいい。デューク・エリントンにも通じる雰囲気で、おもしろくないなと思いつつ何かあるなと引っかかっていてことあるたびに聞き返していたが、ようやく日の目を見た。

 鳴った鳴らないは博打みたいなもんで、今日鳴って明日鳴らないなんてこともザラだけど、一度捕まえた音楽は心から離れない。駄盤から愛聴盤に格上げされ、音楽の資産が増える。ディスクユニオンの買取価格は上がらないけどw


« ソフトバンクエアーにしました | メイン | 今年の秘密兵器 »