ヤシカ35ミリ

 Nさんにお借りしている交換レンズの3本目は、カールツァイスではなくてヤシカコンタックスのML35mm1:2.8である。先のプラナー50mmF1.4もテッサーも、かつてヤシカコンタックスが国内でライセンス生産していたものだ。
 ライセンス生産できるくらいならヤシカでツァイスと同じものが造れるはずだが、そのあたりがどうなってるのかよくわからない。

 とにかく同時期にヤシカでオリジナル製品として造っていたであろうML35mm1:2.8、写りはやはりツァイスとは違っていて、なんというか少し淡白でシュッとしている。わりと近くに寄れるので、オーディオ製品の撮影すると雰囲気バッチリである。
 ただ、調子に乗ってお客様の髪型撮影に臨むと、像が歪んで頭でっかちに写ってしまうのだ。なかなか一本のレンズであれもこれもというのは難しいものだな。。。

この投稿をInstagramで見る

Jimmy Jazz(@jimmyjazz7150)がシェアした投稿 -


« 守りのオーディオ | メイン | 無意味な風景 »