カメラの世界

 なんだかんだで毎週のようにヨドバシカメラ梅田に行ってる気がする。それにしても意外なのが、カメラ用品の値段の安さ。去年は登山用品をよく見て回ったけれど、何でもかんでもめちゃくちゃ高くてブランド品並み。オーディオ製品もケーブルからスタンドからいちいち高価なのが当たり前で、全部揃えたら一体いくらかかるのか恐ろしい。それに比べてカメラのアクセサリーや周辺機器は、えっ?一桁間違ってるんじゃないかと思うほど相対的に値段が安い。

 カメラ本体やレンズはすごく高いのだけれど、ストラップやカメラバッグ 、三脚とか、こんなに安い物に高価なカメラを載せて大丈夫なのかと心配になる。
 そりゃ探せば高いものもあるけれど、安い商品が多すぎて高級品を見つけるのが難しい。実用品であるカメラ業界はオーディオよりもはるかに大きくて、中古市場も充実しているんだな。

 こないだはヨドバシの向かいににあるカメラのナニワに行ってみた。ビルの狭いエレベーターで、カメラベストを着て眉毛ボーボーに伸びた、いかにもカメラ好きそうなおじいさんと一緒になった。わたしもこんなふうになっちゃうんだろうか。いかんなあw
 カメラのナニワは中古カメラがたくさん展示販売されていて、さっきのおじいさんは若い店員さんと親しげにあれを買うの買わないのと話している。どんなジャンルでも夢中になってる人ってなんだか微笑ましい。

 なぜか中古万年筆もショーケースに並んでいてしばらく見入ってしまった。万年筆も興味あるんだよね〜モンブランとか。そのうちカメラに飽きたらJimmyJazz BLOG万年筆篇に突入するかもしれない。
 卓上のミニ三脚に¥200の値札シールが。ん?¥200!?と目を疑う。もちろん中古品だがそれにしても¥200って。ミニ三脚欲しかったがあまりの安さに恐ろしくなり買うのをやめてエレベーターを降りた。


« レンズ沼への誘い | メイン | ベイシーの映画を観たよ »