シネマティックが止まらない

 夢中になれることがない人生はつまらない。ヒマである。夢中になれないから余計なものを飲んだり食べたり吸ったり吐いたり、あるいはヒマだからLINEの既読スルーが気になったり、イイネの数が少ないと落ち込んだり、思想信条の違う意見が許せなかったりで、なーんも良いことはない。

 どういうことなら夢中になれるかというと、わたしの場合は、何か創作しはじめるとそれに没頭する傾向がある。これも職人気質なのだろうか。20年前にブログを始めたのも一種創作意欲の発露だった。

 で、今回は、当店の宣伝も兼ねるショートムービーをちょこちょこ作っていたら、それこそご飯ですよと言われても忘れるくらい没頭して、やっぱりこういうことが好きなんだとあらためて思った次第。
 
 しかしスマホのカメラとアプリではできることに限界がある。Youtubeで 「iPhoneだけでおしゃれな動画を作る方法」なんてのを眺めていたが、やはりそういうことができる人はプロのカメラマンやクリエイターなわけで、いい機材を使って本気で作った作品を見せられると、「この表現はiPhoneでは出せないな」ということがいくつも見えてくる。

 よーし、給付金も出たことだし、いっちょカメラでも買うか?!(^^; つづく


« 夢中になれること | メイン | 審美眼 »