フェザー級

 電化製品はだいたい10年くらいで壊れるけれど、布製品は30年くらいが限界のようで、先日、約30年使用した羽根掛け布団が破れて大変なことになった(^^;
 よくロマンチックな映画などでは枕から羽毛が飛び出てスローモーションで部屋中に舞う幻想的なシーンが出てくるけれど、実際には掛け布団カバーの中で本体のシェルが破れ、紺色の掛け布団カバーから薄汚い羽根が飛び出てそこらじゅうに飛び散った。

 それ以前にも少し破れたところがあったので簡単に補修したのだが、こうなるとさすがに買い替えである。
 思えば約30年前に新聞折り込みの通販で1万円で買ったペラペラの羽根布団であるから、フェザー100%ダウン0%で冬は縫い目の部分が薄くてやたら寒かった。布団カバーには何万円もかけるくせに見えない中身はケチるというセコいわたしなのである。

 今回はIKEAの通販で買ったのだが、ダックフェザー90%/ダックダウン10%でなんと8999円!さらに安くなっとるやないけ( ̄▽ ̄;
 バブル期の頃に較べると、しっかりした商品が安く手に入るようになったな。これも30年もつかな?w


« いくら好きだといっても | メイン | インフラノイズよりバランス・アナログアキュライザー"BACU-2000"新発売 »