”新・JimmyJazzを輝かせる100のアイデア
この投稿をInstagramで見る

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazz(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 3年前かと思ったら4年前だった。”JimmyJazzを輝かせる100のアイデア”と称していろんなことをやっていた。2016年のあの頃は本当に必死だったな(^^;
 なんでもいいから当店の気になるとことを書き出して、かたっぱしから実行していく作戦。2年がかりで166個達成。バーバーブームの追い風もあり、なんとか軌道に乗ったと思い、そのままほったらかしにしていた。

 あれから4年も経つと、なんだか仕事が面白くなくなっているのである。これはいかん。テコ入れしないと!( ̄▽ ̄;
 もちろんその4年の間にエアコンを入れ替えたり、床を張り替えたり、パソコンもiMacにしたり、いろいろと工夫はしているのだが、なんだか情熱が足りないのである。

 そこで”新・JimmyJazzを輝かせる100のアイデア”というのをやることにしたぞ!
 まず手始めとして通称”シカゴタイプライター ”トンプソンサブマシンガンM 1928というのを買ってみたw

 舞台は1930年代のシカゴ、禁酒法が施行され銀行強盗ジョン・デリンジャーや、ボニー&クライド、アル・カポネなどのマフィアが暗躍する、そう、ギャング映画によく出てくる象徴的な機関銃だ。
 それとJimmyJazzの輝きとなんの関係があるのかと言われても困るのだけど、 JimmyJazzらしさって、これだよなァと俄然楽しくなってきた。今後何か始まるか、始まらないかもしれないけどどうぞご期待くださいw


« ベースが良くなるケーブルチューナー | メイン | 映画「坂道のアポロン」を観た »