ベースが良くなるケーブルチューナー

「ベースの音が良くなるからぜひスピーカーケーブルにも使ってみて」
 と、インフラノイズの秋葉社長がケーブルチューナー(非売品)を追加で2個送ってくださった。

 秋葉社長はオーディオメーカーをやってるというのに、「ベースが」とか「低音が」だとか、あまりこういったオーディオ的な用語を使わない人なので、意外に思いながらケーブルチューナーをスピーカーケーブルに装着してみると、なるほどこれは素晴らしい。ベースのピチカートが良くなるとジャズは俄然スイングしはじめる。

 オーディオマニア、特にジャズファンの多くは、こういうベース音を出したくてアッテネーターをいじったりネットワークをどうにかしたり、トーンコントロールで調整したり、マルチアンプにしたりして奮闘するわけだが、この中低域に該当するコントラバスの音域はなかなか強力に鳴ってくれない。
 皆さんも手持ちの音源の中に、ベースソロになったら何やってるかよく聞こえない曲とかたくさんあるんではないか?

 そんな曲にケーブルチューナーを用いると、まるで初めての曲みたいに聞こえてくるのである!!
 非売品の効果をそんなに力説されても皆さん困るだろうけど、アナログアキュライザーを買って感想をインフラノイズに送るともらえるので、ぜひ手に入れて欲しい。もちろんアナログアキュライザーの効果も加わって、システムの実力はダンダンダダーン!!と三階級昇進!!( ̄▽ ̄;

 冗談抜きでホントいい音してるよな〜


« 腐食の構造 | メイン | ”新・JimmyJazzを輝かせる100のアイデア »