趣味は帽子
この投稿をInstagramで見る

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazz(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 趣味は何かと訊かれたら、目下のところ帽子集めということになりそうで困っている。別にカッコつけてるわけじゃないが、ジャズとかオーディオは趣味というより仕事の範疇なのである。

 最初は安い帽子を買って被ってそれなりに満足してたのが、だんだん目が肥えてきて、昔の映画の中でギャングや新聞記者が被ってるヤツとは、つばの長さやリボンの幅、クラウンの高さや形状、果ては素材まで違うことがわかってくる。
 そうなると、同じような帽子を何個も何個も買ってしまい、奥さんにバレないかとヒヤヒヤしている。いやきっともうバレてるはずだ(^^;

 オーディオでも楽器でもなんでもそうだが、やっぱり高価なヴィンテージ物は良いのである。まだ自制心がはたらいていて、ウン万円もするようなのにはさすがに手が出ない。
 オーディオも20万円くらいの物を買ったあたりから金銭感覚が麻痺し始めるから、帽子もいつかそうなるのではないかと恐れている。

 どんな趣味でも、はたから見れば同じように見えたり聞こえたりするものが、じーっとそればかり見てると些細なアソコが気になってくるのだ。床屋なのに何してるんだか。いかんいかん。
 近頃インフラノイズの秋葉社長もわたしに対抗してかハットを被ってJimmyJazzに新製品を持って現れる。歩いてると通行人が避けて通るという。確かに見るからに怪しい。お互い人のことは言えないがw


« 2月より店内禁煙 | メイン | 腐食の構造 »