イーストサイド物語


この投稿をInstagramで見る

2019年11月8日をもってJimmyJazzは31周年を迎えることができました。ありがとうございます。今後も末永くご愛顧ください。

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazz(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 この11月8日でJimmyJazzは31周年である。毎年過ぎてから気がつくが今年は覚えていた。まことにありがたい。31年といえばすごい年数だ。清潔感が何よりも大事な理容室のブログに書くのもはばかられるが、31周年記念のこの際だから言っておこう。実は当店のトイレは和式なのだ。

 和式だからどうしたって言うことでもないが、最近失礼なことに当店のトイレを見て「うわぁ和式だ」とびっくりされる人がちょくちょくいらっしゃる。
 JimmyJazzを設計した31年前に、トイレをどうするかと設計士に訊かれて、他人が腰掛けた便座に座るのもどうかと思って和式を選択したのだ。当時はまだ駅のトイレとか和式がほとんどだった。

 しかし、お年寄りや極端に太った人など、しゃがんで用を足すことができない人が出てくるのを全く想定してなかったのも事実。和式便器を見て驚かれる日が来るなんて考えてもみなかった。
 吉祥寺のメグも天王寺のトップシンバルも、ジャズ喫茶の便器は和式に決まってるが、当店のトイレを借りたおばあちゃんが次から来なくなったことを思うと、ああやっぱり和式がまずかったのかなと心が痛む(^^;

 こないだ知り合いの大工さんが和式トイレから洋式に変更の施工例をSNSに写真で載せていたので、予算はおいくらですかと参考までに訊ねたら、約80万円との見積もりで、う〜んやはりトイレは32年目もこのままでいくかと唸ってしまった。足腰を鍛えておいでください。


« 理想の老人像 | メイン | 映画「マイ・フーリッシュ・ハート」 »