市松模様

 お店の床のPタイルが老朽化して、所々割れたり浮いた角で躓いたり。危険だしみすぼらしいので昨日”令和の大修復”を決行。これほど本格的な内装工事はオープンから30年間で初めてで何とか休みの1日で仕上げてもらった。
 ジャジャジャジャーン♪ほらいいでしょ?
 ん?何も変わってない?ヽ(°◇° )ノ
 そう。デザインは何も変えなくていいのでこのままキレイに貼り直してくださいと業者さんにお願いしたのだ。
JimmyJazzはやっぱりこの市松模様の床じゃないとね!

この投稿をInstagramで見る

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -


« オーズィック | メイン | 切れないハサミは髪を傷める »