オーズィック

 懇意にしているオーディオショップAUSICが、読みを”オージック”から”オーズィック”に変更したそうだ。社長の小坂さんにその旨をたずねると、「ベートーベンかベートーヴェンかの違いみたいなもの」と仰ってたが、前々から気になっていたらしく、元号が令和に改まったのを機に改名に踏み切ったのだという。

 元々AUDIOとMUSICをくっつけた造語だというのはすぐわかる。オーディオは音楽再生のためのもので、自然音とか蒸気機関車の音とか地下鉄の音を再生するのとではまた違った用途のものだ。
 高忠実度再生ができれば音楽だろうが電車だろうが、何の音でも正確に再現できるはずというのは理屈だけれども、音楽が鳴るオーディオで電車の音をリアルに再現できるが、電車の音がリアルなオーディオで音楽が鳴るとは限らない。これがミソなのだ。


« サンバ、あたしゃこう思う | メイン | 市松模様 »