ノイジーでやかましい

 いろんなダンスイベントに行ってみて思うのは、なんでこうもノイジーでやかましい曲ばかりかかるのかということ。何もわたしがオーディオマニアだから機材にケチをつけてるんじゃないが、とにかくやかましいのである(^^;

 こだわってヴァイナル(アナログレコード)かけてるゼ!みたいなのも多いんだけど、こんなに音が悪いんじゃ、一体何にこだわってるんだよと文句の一つも言いたくなる。レコードじゃなくてカセットテープのときもあるが、これもカッコだけだよね。音は全然よくない。

 DJの腕で、客が喜ぶようないい曲をかけていくと会場があったまって、スピーカーの鳴りも良くなるのだが、やっぱりエレクトロな打ち込み音楽とかだといい音で鳴らすのは困難で、大抵の場合ひたすらにやかましい。

 アナログでなくても圧縮したMP3でもなんでもいいんだよ。鳴らし方なんだよと訴えても音にかき消されて何も聞こえない。辛い( ̄▽ ̄;


« 伊吹山へ | メイン | 音楽の肝所 »