山男の靴選び

 何事も初心者のうちが一番楽しい。あれはどうやるんだろう?どうすればあんなふうになれるんだろう?道具は何を揃えたらいいんだろうと考えるだけで不安と期待が入り交じったなんとも言えないフレッシュな気分に浸れる。
 それがちょっとわかってくると、大して上達したわけでもないのに妙にしらけて「そんなのなんでもいいんだよ」などと生意気な口をきくようになる。あっ、オーディオのことですよ!w

 で、どういうわけか登山を始めることになってしまった。いや、最初は一生に一度は富士山に登りたいと思っただけで、山男になりたいなんて一言も言ってないのに。
 富士山に登るならトレーニングがてら滋賀県の伊吹山に行こうと誘われた。運動靴では登れないから登山靴を買うはめになった。

 皆さん知ってました?登山靴の試着コーナーには必ず勾配のある小さなすべり台みたいなのが設置してあり、登山ソックスも備え付けてある。靴を履いたらそのすべり台を降ってみる。この時に足の爪が靴の中でつま先に当たらないものを選ぶ。山を下る時に足の爪がやられてしまうからだ。

 したがって、いつも履いてる靴のサイズより大きめで、足に合ったものを慎重に選ばなくてはいけない。この際デザインがどうのとか値段が高いとか言ってられない。足に合わず山で辛い目に遭いたくなければ、フィッティングを優先するしかないのである。

 で、アウトレットで安くなっていたThe North Faceの旧モデルが国内メーカーのものより馴染んだので、多少デザインは気に食わないがそれにした。やはりわたしは日本人よりアメリカ人の足型に近いのかなと少し嬉しくなったが、よく見ると生産国はベトナムであった(^^;
 最初は富士登山ツアーにオプションでついてるレンタル装備8点セット(5千円)でいいやと思ってたのが思わぬ出費。もう靴だけで富士登山ツアー代金を上回ったではないか( ̄▽ ̄;


« 冷やかしの客 | メイン | アンチハイテク素材 »