Jimmy is Good

 ちょっと嬉しいことがあった。

 ダンスの友達の女性が彼女の息子をJimmyJazzに散髪に連れてきてくれたのだが、その彼は現在アメリカ在住のハーフでバーバーショップで散髪したことのない18歳。もちろんわたしとは初対面である。
 どんな髪型にするか母と英語で相談しているうちに、彼がわたしのことを「He is Good」と、たしかにそう言ったのだ。

 Goodって何がグッドなんだろう。英語のニュアンスはよくわからないが、Looking Good(かっこいい)ではなく単にGoodとはこれいかに。それもまだカットする前なのにグッドかバッドかわからないじゃないか(^^;
 とにかくわたしのことを信頼してくれてるらしい。期待に応えて男前にカットしてあげたさ。

 そしたら数日後、兄のかっこいい髪型を見た15歳の弟が「僕もJimmyJazzでカットしたい!」と当店を訪れた。これもバッチリいかす髪型にしてあげたら気に入って、母に「Jimmy is Good!」を連発していたそうな。
 年齢、国籍にかかわらずバーバーでカットするのはいいもんだ。


« アンフォゲッタブル | メイン | JBL GO2を買ってみたが »