天上の音楽

  親子で散髪に来てくれる大学の先生によると、若者の消費傾向が”所有型”から”経験型”に移ってきてるらしい。
 「でっかいJBLのスピーカーが欲しい」とか「ブルーノートのオリジナル盤レコードをコンプリートコレクションしたい」とかいうのは、もう昔の人の発想なのである(^^;

 若い人たちもいい音で音楽を聴きたい欲求がないわけではないのだが、そのいい音が出る装置そのものより、いい音で音楽を聴かせてくれるカフェとかに行く方が安上がりだし効率的と考える。
 新車に乗ってカッコつけるより、カーシェアで済ませる。
 蔵書に埋もれて床が抜けないか心配しながら暮らすより、電子書籍や音楽配信サービスなどを利用して、すっきりと物のない生活を好む。

 たしかにこれだけ環境が変わり便利な世の中になると、娯楽の少なかった昔みたいにオーディオに心血を注いで、出るか出ないかわからないいい音というやつに一生を捧げるよりも、海外旅行に行ったりして見聞を広める方がずっと実り多いと思うし、わたしとしてもそちらを強くお勧めする。

 だが、数年に一度スピーカーから聞こえる美しい天上の音楽、あれを忘れられなくてオーディオがやめられない!!( ̄▽ ̄;


« 大人げない人 | メイン | 爺むさい »