ジャズ専用

 全品15%OFFのUSBアキュライザー新発売記念セールは12/25まで。もう年内納品は無理ですけど、25日まで当店取扱のインフラノイズ製品が15%引きで購入できます。この機会にあなたのオーディオシステムの底上げをお考えになってはいかがでしょう?駆け込みでのご注文お待ちしております。

 さて、数年ほど前より、この時期になるとかけるクリスマスソングの感動がだんだんと薄れてきた。いや、決して悪くはないのだが、今年はもう決定的でクリスマスソングより普通のモダンジャズの方が良い。ジャズ再生があまりにも見事すぎるのである。

 世にあるオーディオ機器はアクセサリー類も含め、大部分のものがクラシック向きに作られている。最初からジャズ向きのものなんてクラシックに比べたら10分の1程度ではないか。それほどオーディオ界のリファレンスとしてクラシック音楽が使用されているのだ。
 クラシックが鳴ることを前提に作られているとジャズは鳴らしにくい。そこでクリスマスシーズンが近づくと、賛美歌などクラシック音楽に親和性の高い部分に秘めたるポテンシャルが開花して、新鮮な音でクリスマスソングが鳴っていた、というのがわたしの推理である。

 しかし、ここまでジャズ専用オーディオシステムとしての完成度が高まると、ジャズが良すぎてクリスマスソングどころじゃなくなってしまう。クリスマスソング好きなのに、うーんこれは困ったぞ(^^;


« カッコよくない男 | メイン | 平成と共に去りぬ »